(閲覧数の多い順)仕事のモチベーションの専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

仕事のモチベーション の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

仕事のモチベーション に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

28件中 1~28 件目 RSSRSS

  • 1

やはり、「モテる」ってすばらしい!!

『モテるお父さん』倍増計画をたくらんでいる中野博です。 ドイツ・ミュンヘンに来ています。気になって、先ほどアマゾンをのぞいてみたら、なんと、なんと!! 現在、アマゾンで予約受け中ですが、なんと!56位!!にランクイン!! しかも、今日で4日間連続総合100位以内のようです。  6月2日全国書店で発売です。 お父さんだけではなく、ぜひお母さんから、お父さんに読ませてくださいね!  ...(続きを読む

中野 博
中野 博
(経営コンサルタント)
公開日時:2010/05/27 13:24

やばいプレゼンテーション、開催決定!

二度聞いて、 不覚にも二度とも泣きそうになってしまった やばいプレゼンテーション、 開催日時場所、決まりました! ご案内とお申し込みURLは、こちらです。 http://www.tokyo.doyu.jp/tokyo-doyu/common/meeting.php?meeting_id=6349 なぜやばいかというと、 障害者雇用の、本質中の本質を突いているからです...(続きを読む

木村 志義
木村 志義
(採用コンサルタント)
公開日時:2010/06/05 18:20

阪神タイガースの監督と日本の総理大臣の共通点とその考察

阪神タイガースの監督と日本の総理大臣の共通点は、 短期間で人が代わるということだ。 しかし、違う点もある。 阪神のそれは過去のことで 日本の総理大臣は今でもそうであるということだ。 阪神の過去の暗黒時代、 たとえばミスタータイガースこと 掛布雅之選手が在籍していた15年間で 10人の人が監督をした。 一人平均1年半。 ちなみに、ここ10年間で、 ...(続きを読む

木村 志義
木村 志義
(採用コンサルタント)
公開日時:2010/06/06 18:21

【No. 10】一足先に上の役職の視点でものを視る

若狭 喜弘です。「Yoshi(よし)」とお呼びください。 コミュニケーションや心理学を学んできたコーチである若狭が、職場 で部下 や同僚の方に本来の能力を発揮していただくために「あなたがで きること」のヒントをお伝えしていきます。 《一足先に上の 役職の視点でものを視る》 極論を言います。 あなたを、埋もれた「お宝」社員のままにしておく会社や組織から自 由に力強く飛び 出すため、今の会社...(続きを読む

若狭 喜弘
若狭 喜弘
(パーソナルコーチ)
公開日時:2010/06/17 19:00

【No. 5】「ほめる」って?

若狭 喜弘です。「Yoshi(よし)」とお呼びください。 《「ほめる」って?》 先月の末日、2月28日に日本コー チ協会 京都チャプターで講演を 行いました。 テーマは、「ほめる~あなたの気持ちを伝える~」でした。 講演日が近づ くにつれ、いろいろな情報が怒涛のごとく押し寄せてき ました。 書籍、テレビ放送、Webサイト、Twitter、e.t.c. それらを横に見つつ脇に寄せ、...(続きを読む

若狭 喜弘
若狭 喜弘
(パーソナルコーチ)
公開日時:2010/06/18 13:00

経営に役立つ事務所通信 7月号

 小田会計では、経営に役立つ事務所通信を発行しています。  7月号ができましたので、コンテンツの紹介をさせてもらいます。  勿論、このコラムを読んでいただいてる方は無料で読んでいただけます。  7月号 コンテンツ      1.今さら聞けない経済用語           「バイオ燃料」      2.知っとこ!税務のマメ知識        「法人税率0%の地域に会社を移したら?」 ...(続きを読む

小田 和典
小田 和典
(税理士)
公開日時:2010/06/21 09:00

気づくということ

  大きくて硬い殻を身につけて仕事をしている人を組織の中でたまに見かけます。 他人を寄せ付けず、自らを誇示するような言動。 会議では上から目線で自分の、会社の意見を伝えて行く。 質問は受け付けない。   アウトプット・オンリーの典型です。   その反対はインプット型。 よく勉強され、さまざまな情報を幅広くお持ちになっていらっしゃる。 さて、そのインプットされた知識や知恵は、どこ...(続きを読む

藤澤 優
藤澤 優
(組織コンサルタント)
公開日時:2010/06/24 11:23

変化する企業と社員のキャリア

成長期にある企業の社員が気をつけるべきことがあります。 それは、会社の成長に応じて、社員も柔軟に対応しなければ いけないことです。   会社がまだ小さいうちは社長は全員の顔を見ることができます。 社員であるあなたは、どこか温かい家族的な気分で仕事が できるでしょう。 しかし何年か経ち、売上も向上してくると新しい社員も増え、 だんだん社長との距離が隔たってくる気がしてきます。 仕事...(続きを読む

税所 彰
税所 彰
(キャリアカウンセラー)
公開日時:2010/10/13 14:00

「人生思うようにならないことの方が圧倒的に多い」という考え方

 「仕事もプライベートの生活もすべてうまくいく、自分の思う通りにいく」という人生を送ることができる人はそんなにいないのではないでしょうか。  仮にある程度の期間そういう状態が続いたとしても、未来永劫続くことはやはりないと思います。  どちらかというと私の基本的なスタンスの中の一つとして、「人生は思うようにならないことの方が圧倒的に多い」という見方、価値観があります。  これは、小学生の頃から...(続きを読む

大野 晴夫
大野 晴夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2011/01/31 17:25

今こそ、ビジョンとセルフエンパワーメントが必要な時

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… パーソナル・グローバリゼーション~世界と働く為のツールと習慣~ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2011.3.26 Vol.12 ・・・・・‥‥‥………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□   今までは大手企業の研修内でしか学べなかった “グローバ...(続きを読む

福田 聡子
福田 聡子
(経営コンサルタント)
公開日時:2011/03/30 15:09

入社1年目の若い自分に必要なこと

入社1年目の若い自分に必要なこと 新社会人になられたとのこと。祝福します。ビジネスマン人生が仮に60歳までだとすれば、これから40年近くもの旅立ちの一歩を歩み出したことになります。私は社会人になって20年がたちますが、ちょうど折り返し地点を回ったことになります。この間、あっという間であったともいえますが、反面、何度か大きな変化を経験し今に至っていることを思えば、ビジネスマンを20年やることでも、それは誰にとってもそれなりに重みがあ...(続きを読む

小松 俊明
小松 俊明
(経営コンサルタント)
公開日時:2011/07/13 13:01

私は損得勘定にめざとく、いつも損得で動いてしまいます

私は損得勘定にめざとく、いつも損得で動いてしまいます ギバーズ・ゲインという言葉があります。日本語で言うならば「与えるものが与えられる」という感じでしょうか。人それぞれ、いろいろな人生訓をもっていると思いますが、私はこの考え方が好きです。 あれが足りない、これが欲しいという前に、自分が少し余分に持っているもの(お金、モノ、人脈、知識、ノウハウ、その他なんでも)を人に与えることが大切であって、そうして与え続けていると、いずれ自分にも人から与えられるも...(続きを読む

小松 俊明
小松 俊明
(経営コンサルタント)
公開日時:2011/07/13 13:02

【ANA 客室乗務員にiPadを導入】 では、会計事務所では・・

【ANA 客室乗務員にiPadを導入】 では、会計事務所では・・ こんにちは、東京港区の公認会計士 森 滋昭です。 ANAが、客室乗務員のマニュアルを電子化し、約6,000名のグループ全客室乗務員に対し、iPadを1人1台配布するそうです。 メリットとして、   ・集合教育から、iPadを活用した自己学習へ   ・音声や動画を活用したマニュアルやノウハウの共有   ・3冊で2.1kgの紙マニュアルから、0.7kg のiPadに軽量化 があるそうです。 ...(続きを読む

森 滋昭
森 滋昭
(公認会計士・税理士)
公開日時:2011/09/22 09:03

自社を改めて見てみると

最近、コーチングをしているクライアント企業の状況を 見る機会がありました。 本社内の状況、製作現場、工場などを社員の方の案内で 見学をさせていただきました。 いわゆる企業の財務内容とは違う躯体物を拝見すること ができたということです。 私は以前は金融機関に長年勤務し、会社の店舗などは いくつも見てきたし構造や施設状況なども理解をして いましたが、業界が違う企業はなかなか見ることは出来ま せん...(続きを読む

須貝 光一郎
須貝 光一郎
(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
公開日時:2012/01/17 22:08

コーチングを活用すること

先日研修をした会社のことですが、参加者の方は皆さん以前 コーチングスキル研修を受けた方々でした。 ほとんどの方が、コーチングを仕事で活用がなかなかできたいないと おっしゃっていました。 以前の研修テーマは、「職場でどのようにコーチングを活用するか」だったそうです。 今回この研修で感じたことは、コーチングは部下を指導するという捉え方を している方が非常に多かったことです。 コーチングスキルの...(続きを読む

須貝 光一郎
須貝 光一郎
(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
公開日時:2012/02/08 10:27

31.イニシアティブ(主導性、先見性) 「経営者の立場で」 経営者の心と視点をもち取り組む

「経営者の立場で」   経営者にイニシアティブがなければ、その企業はなりたたない。逆に、いかに多くの従業員がリーダーシップを発揮できるかいなかが、企業が勝ち組の仲間に入れるかいなかの分かれ目になるのである。つまり、経営者の立場で考える人が、いかに多くいるかで全て決まるわけである。経営者の立場で考える人は、独自の洞察力を持ち、挑発的な疑問をぶつけてくる。そうした疑問に対する答えにしたがって態度や...(続きを読む

佐藤 創紀
佐藤 創紀
(ビジネスコーチ)
公開日時:2013/04/25 17:08

「ネクスト・リーダーズ・キャンプ」の第2回講義開催!

みなさん、こんにちは。 キャリアカウンセラーの高田裕子です。   5/18(土)、ネクスト・リーダーズ・キャンプ(NLC)の第2回講義を開催しました。 4月より毎月1回、遠藤功先生と、中竹竜二先生のコラボによるキャンプ。 第2回は、遠藤先生によるコミュニケーションの講義。 遠藤先生の2回のセッションを通じての目的は、  「人を動かすための効果的なコミュニケーション力を磨くこと」  ...(続きを読む

高田 裕子
高田 裕子
(キャリアカウンセラー)
公開日時:2013/05/29 03:16

happyな出勤をしてみよう

8月最後の土曜日。 世の中はチョット涼しい夏を惜しんでいるような感じ。 私は仕事のため、朝のいつもの時間・いつもの道順で通勤している時の素敵な出来事。 私の前を、4歳~5歳くらいのお嬢さん(以下、姫)が、ピンク色の補助輪付の自転車を元気よく歩道を走らせていた。 プール用のビニールバックを片手に姫を追いかけるお父さん、息切れしている。 姫が、元気たっぷり、スピード感バッチリ!力強く踏んでい...(続きを読む

岩間 好子
岩間 好子
(セミナー講師/キャリアカウンセラー)
公開日時:2014/08/30 22:27

がんばれ、菅首相

菅首相が誕生した。 菅さんといえば、 厚生労働大臣時代に 昔薬害エイズの問題で 潔く謝罪したことが印象に残っている。 悪いことをしたら謝るのが当たり前だが 当たり前のことができない政治家ばかりの中で すがすがしさを覚えた。 それからは、あまりぱっとした活躍を見せていないが ゴルバチョフも共産主義者のふりをして トップに着いたら 一気にペレ...(続きを読む

木村 志義
木村 志義
(採用コンサルタント)
公開日時:2010/06/05 00:09

【No. 11】ここだけの話、自分に許している失敗は何回まで?

若狭 喜弘です。「Yoshi(よし)」とお呼びください。 コミュニケーションや心理学を学んできたコーチである若狭が、職場 で部下 や同僚の方に本来の能力を発揮していただくために「あなたがで きること」のヒントをお伝えしていきます。 《ここだけの 話、自分に許している失敗は何回まで?》 うーんと、メール通信の発行が遅れるというのは、数えていたらやり きれないほどの回数をしてい ますね。 本...(続きを読む

若狭 喜弘
若狭 喜弘
(パーソナルコーチ)
公開日時:2010/06/17 17:00

「即戦力」に頼る会社は必ずダメになる 読みました

  タイトルが 自分の思いとイコールか と 読んでみました。 プロ野球の年俸を例に 始まりました。 給料の3倍稼ぐ 理由を けっこうしっかり書かれていたと思いました。 内容は シビアな内容でなく 読む人 社員に優しく 経営的な現実感のないものだと思いました。 タイトルは正解 中身は? そんな本だと思いました。 タイトルが 自分の思いとイコールか と 読んでみました。 プロ野球の年...(続きを読む

中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
公開日時:2010/06/28 18:00

自分の役割は

先日ある企業の幹部社員の方とお話しをしました その方は会社で社長よりも社歴が長い方で今度営業部の責任者に任命されました しかし、その方は今までやってきた営業スタイルに不安を持ち始めていました。 それは、新社長が営業スタイルを変更しようとしているからです その会社の業界では営業という仕事はどちらかというとお客様から依頼が来てそこから仕事をしていくスタイルでした しかし、今の時代にはちょっと...(続きを読む

須貝 光一郎
須貝 光一郎
(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
公開日時:2010/07/22 22:33

「性格」はなかなか変えられませんが、「仕事」の仕方ならば

 新しい職場に入り、そこでの説明・指導された仕事の手順や基準が、その職場・企業のスタンダード即ち行って当然(=当たり前)の方法なわけです。  その仕事のスタンダードは先ずある意味無条件で受け入れ、その後仕事の幅や量や質が次第に変化していくことになりますね。(当たり前のレベルが上がっていく。)  そうした仕事に携わる中で、ある意味問題になってくるのは、それらの仕事に自身が向いているか、それらの仕...(続きを読む

大野 晴夫
大野 晴夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2011/01/30 10:07

【なでしこジャパン優勝】 ‐生きてきた中で一番の景色だった‐

【なでしこジャパン優勝】 ‐生きてきた中で一番の景色だった‐ こんにちは、東京港区の公認会計士 森 滋昭です。 なでしこジャパンが優勝しましたね!おめでとうございます。 ここのところスポーツでは、「世界一位の快挙!」といったニュースが久しくなかった気がします。 ビジネスでも、世界一位や二位といった座から滑り落ちるニュースばかり。 この東日本大震災後は、原発に節電、と暗いニュースがいっぱいで、先行きが見えない感がありました。 そんなムードを吹...(続きを読む

森 滋昭
森 滋昭
(公認会計士・税理士)
公開日時:2011/07/18 12:28

経営改革に成功する会社の必要条件(6)

■全社を挙げて取り組むための必要条件-人格方程式の実践 筆者は、人格方程式と呼んでいますが、経営改革に成功するには人財の育成が不可欠です。 人財=理解×納得×意識×行動×習慣×結果×自信×人格×啓蒙 理解:正しいことがわかる。 納得:理解したことを受け入れる。得を納める=自分のためになるか? 意識:納得したことを実行するべく考える。計画を立てる。 行動:意識したことを計画通り実行する。...(続きを読む

ドクトル・ホリコン 堀内智彦
ドクトル・ホリコン 堀内智彦
(経営コンサルタント)
公開日時:2011/09/22 09:00

経営改革に成功する会社の必要条件(10)

■最も重要な意識の統一化-免疫力の強い組織体とは? ドラッカー博士の引用で恐縮ですが、皆さんは「三人の石切り工(あるいはレンガ職人)」の話を聞いたことがありますか?  ・・ある人が、同じ作業現場で働く「三人の石切工」に質問しました。 「アナタは何をやっているのですか?」と。三人の回答はそれぞれ次のようでした。 A:俺はこれで飯を食っている。 B:最高の石切りの仕事をしている。 C:教会...(続きを読む

ドクトル・ホリコン 堀内智彦
ドクトル・ホリコン 堀内智彦
(経営コンサルタント)
公開日時:2011/09/26 09:00

成果は自分、責任は他者・・・

今日は、ある会社社長の話を聞いていて感じたことを書きます。 なぜそんなことを書くかというと研修で上司とはどんな上司が 必要とされるかを話したばかりの時に正にやってはいけない 言動をした社長に会ったからです。 この社長は、取引先からクレームの連絡をもらいその会社に 訪問すると取引解消を言い渡されたようです。 事務所に戻ると早速部下に話を始めました。 「酷いよな、あんなに一生懸命やったのに切られ...(続きを読む

須貝 光一郎
須貝 光一郎
(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
公開日時:2012/01/19 22:49

エコライフ研究所 設立記念日 18年目へ!

【ダブル記念日】⇒平成30年10月19日は20周年パーティー開催予定。 平成10(1998)年10月19日に最初の会社『エコライフ研究所』を設立しました。 あれから17年。多くのお客様や仕事に恵まれました。これまでに調査研究レポートは1,000本を超え、テレビや新聞、雑誌からの取材は2,000件以上。さらに、講演会も2,000回を超えるなど、それなりの実績を積み重ねてきました。やはり、継続と着眼的...(続きを読む

中野 博
中野 博
(経営コンサルタント)
公開日時:2015/10/19 07:52

28件中 1~28 件目

  • 1