(閲覧数の多い順)疲れやすさの専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

疲れやすさ の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

疲れやすさ に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

408件中 1~50 件目 RSSRSS

野菜も肉も食べてガンに勝とう!ガンと食事の新しい考え方(5)

(続き)・・ゲルソン療法の原法にしても星野式ゲルソン療法にしても、大なり小なり共通している特徴の一つとして、肉などの動物性食品の摂取を制限している点が挙げられます。特に牛肉や豚肉など「四足動物」の肉は、ガン発症の促進因子として厳しく制限され、最初の半年から1年くらいは事実上の禁止扱いとなっています。鶏肉や魚介類も牛や豚ほどではないにせよ、かなり厳しい摂取制限をかけられています。   ガンの食事...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2012/11/12 09:00

部下をダメにする上司の言動とは!?社内会話の意外なツボ(28)

(続き)・・部下が成長してくると、業務に関して自分なりの意見や価値判断をもち、様々な提案をするようになります。若手の提案には現実性に乏しいものも多いのですが、一方ではアッと驚くような斬新なアイデアも少なくありません。そのような意外性はあるものの現実性に欠ける若手の提案に対し、上司はどのように対応をすべきでしょうか。中には「それは出来ないよ。何故ならば・・」などと理屈を並べたてて言下に否定する上司が...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2011/10/09 07:00

部下をダメにする上司の言動とは!?社内会話の意外なツボ(16)

(続き)・・慣れない新人や若手の社員に仕事の手順やコツを教えるのは上司の大切な業務ですが、この教え方の姿勢を巡ってしばしば上司と部下との間でギャップが発生しがちです。例えば部下が作業の意味そのものが分からず「この作業は何のためにするのですか?」と質問すると、上司は「つべこべ言わず、作業の流れを見て覚えろ!」などと叱責し、部下に詳しく解説する代わりに自分の観察力と想像力で覚えることを求めます。いわば...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2011/09/15 07:00

部下をダメにする上司の言動とは!?社内会話の意外なツボ(18)

(続き)・・仕事の遅い、あるいは要領の悪い部下をみていると、上司としてはイライラしたり、つい口をはさんでしまいがちです。特に優秀で仕事が早く、職人肌の上司の場合、部下に任せていたのでは仕事が進まないとばかり、「作業が遅い」とか「もっと要領よくやりなさい」などとハッパをかけたり、あげくの果てに「もういいから!あとは俺がやる」と言い放ち、部下の仕事を横取りしてしまう上司が後を絶ちません。部署としての仕...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2011/09/19 07:00

部下をダメにする上司の言動とは!?社内会話の意外なツボ(22)

(続き)・・上司が複数の部下を抱えている場合、仕事の成績や能力に個人差が生じるのはやむを得ないところがあります。人間の潜在能力に基本的な優劣はないものですが、現場に於ける実際の職務能力や仕事への適合性などは、本人の努力や環境によって左右され、知らないうちに差がつくのが現実です。ただ成績の伸びない部下に対し、「〇〇君は出来るのに、なぜ君は出来ないんだ?」などと、他人と比較するような評価をする上司が目...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2011/09/27 07:00

気持ちイイ汗をかいて夏バテから身を守る秘策とは・・?(7)

(続き)・・さて以上のように、夏バテや熱中症にかかってしまうリスクが高い環境に我々は暮らしている訳ですが、その中でも何とか夏バテや熱中症にかかる危険を減らし、少しでも暑い夏を快適に健康に過ごすことはできないのでしょうか。実は、環境面の改善と生活習慣の改善を通して、それはかなりの程度可能なのです。   まず取り組むべきは、冷房への過剰な依存をやめることです。家庭や職場では冷房の温度設定を26~2...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2010/07/14 07:00

社員も会社も甦る!社内コミュニケーションの意外なツボ(6)

(続き)・・さて、そのようにして部下やメンバーが話しやすい職場内の雰囲気が醸成された状況で、部下のやる気を高め、しかも仕事の成果に結び付くような有効な働きかけをしたいものです。そのためには冒頭でも説明した通り、部下個人のやる気や幸せはもちろん、業績という会社の利益にもかなうようなアプローチが必要です。会社から要求されていることだけを部下に押し付けてはやる気を削いでしまい、ひどいと心の病にも発展しま...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2010/07/27 07:00

ストレッチ+無酸素→有酸素運動でメタボ知らずの身体を!(7)

(続き)・・その解決方法は、実は「速筋」にあるのです。人間の筋肉には大きく分けて「遅筋」と「速筋」とがあります。前者が赤筋ともいわれ有酸素運動に適しているのに対して、後者は白筋ともいわれ無酸素運動に適しています。最近のスポーツ医学の研究で、この速筋を鍛えることが筋力や瞬発力を向上させるだけでなく、痩せやすい体質になることを通して、減量やメタボ予防などに寄与することが明白になったのです。従って有酸素...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2010/12/23 07:00

花粉症もぜんそくも怖くない!?アレルギー体質改善大作戦(4)

(続き)・・つまり免疫システムがTh2主体のまま成長するため、何かにつけてTh2主体の免疫反応が顔を出す結果となります。すなわち花粉やダニ、化学物質の侵入はもとより、細菌やウイルスの侵入といったTh1が働くべき事態に於いても、Th2主体のアレルギー的免疫反応が発生し、長引く鼻水やくしゃみ、ぜんそく、アトピーといった症状に苛まれる傾向になります。実際に、清潔な環境にある先進国の小児は発展途上国の小児...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2011/01/23 07:00

部下をダメにする上司の言動とは!?社内会話の意外なツボ(3)

(続き)・・社員のメンタルヘルス向上やコミュニケーションの充実を考える上では、「ライン」と呼ばれる指示系統がとりわけ重要な位置を占めています。つまり基本的には部長と課長、課長と一般社員といった、「上司と部下」の関係です。多くの場合、上司と部下は一日の大半を同じ空間で過ごし、仕事上の指示や報告、相談、アドバイスといった重要な情報交換をするほか、仕事上もしくはそれ以外の面で様々な支え合いをする関係にあ...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2011/08/18 07:00

建物で癒される・・自然治癒力を高める「五感医療」とは?(1)

クリニックなどの医療現場や産業医として活動している企業現場で痛切に感じるのは、糖尿病や高血圧、がんなどの生活習慣病、それにうつ病や適応障害などのメンタルヘルス不調者が急増していることです。また特定の病気がない方でも、慢性的な疲労感や肩凝り、不眠、手足の冷えなどといった様々な不調を感じる人も明らかに増えてきています。病気が全くなく、本当に健康であることを実感している人はひどく少なく、まさに「一億総半...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2011/11/19 19:00

サラサラ血液&スベスベ血管で病気知らずの身体を得る秘訣(3)

(続き)・・心臓が力強く拍動する度に多量の血液が全身に向けて送り出されますが、その通路が他ならぬ動脈です。心臓が血液を拍出する力はたいへん強力で、水銀の柱を10cm以上も押し上げるパワーをもっています。我々が測定する血圧は、まさにこのパワーを測っていることになります。従って動脈はその強いパワーでも破れてしまわないように、静脈や毛細血管に比べてたいへん分厚く出来ています。   動脈の壁は内膜、中...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2012/07/06 09:00

サラサラ血液&スベスベ血管で病気知らずの身体を得る秘訣(9)

(続き)・・食事と並んで「運動」も大切な取り組みです。適度な運動をすることによって血管内の血流が増し、内皮細胞に良い刺激が加わります。内皮細胞は一酸化窒素(NO)を産生して血管を拡張させ血液をサラサラにしますが、運動によってNOの産生が促され、血流がよりスムーズになるとともに動脈硬化の進行が抑制されます。運動習慣によって体重や中性脂肪などが減少し、血管へのストレスが減少することも見逃せません。 ...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2012/07/18 09:00

糖尿病は「食べて」治す!カロリー以上に大切な要素とは?(4)

(続き)・・そのように主要なエネルギーの多くを「糖質」から摂るべきとする糖尿病の専門家の主張は、どのような経緯で生まれたのでしょうか。我々がよく耳にする話の一つに「人間の主要なエネルギー源は糖質である」というものがあります。特に「脳の唯一のエネルギー源は糖質である」という見方のもと、脳がガソリン切れにならないように、せっせと糖質を補給する光景は、街のいたる所で見ることができます。   その一方...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2012/09/07 09:00

花粉症には漬物&キムチが有効?「発酵食品」でアレルギー封じ込めを!

花粉症には漬物&キムチが有効?「発酵食品」でアレルギー封じ込めを! (続き)・・昨日の日曜日は横浜市戸塚区の市中病院に診療応援に行ってきました。休日診療の現状を研究するのと、診療の「他流試合」を経験するのが目的です。ここは地元や通院中の方々の急病に対応する「2次救急」の病院の一つです。 私が少し意外に感じたのは、胃腸炎の症状を訴えて来院する方がとても多かったことです。花粉症の患者が多いのでは、と予想していたのですが、実際には腹痛や嘔吐、下痢、食欲不振などの患者が...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2013/03/18 16:00

姿勢はあなたを写す鏡のようなもの

町を歩いている人の体をみていると、その方が普段、どんな生活をしているのかと思うことがあります。 たとえば、この人はかかとの高いヒールをよくはく人だなとか、 前を歩いている人はよく足を組んでるなとか、やわらかいソファでよく寝てるのかなとか、 このひとはもしかして、うつぶせで寝てるのではとかです。 別に第六感を働かせているわけではありません。 これは、ちゃんと姿勢科学の理論によるものなので、...(続きを読む

井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
公開日時:2014/12/05 11:35

体の奥底から蘇る真のアンチエイジングとは!?(8)

(続き)・・さて体内では常時、活性酸素などの酸化物質が発生しており、様々な体調不良や病気の発症、老化などの原因となっています。生物が生きていく上では活性酸素が必ず発生し、それを除去する抗酸化酵素が存在していますが、ストレスや過労、環境の急激な変化や生活の乱れ、低体温などで酵素の働きが鈍くなり、酸化物質が貯まりやすくなります。いわば身体が「酸化」した状態といえます。 実はこの抗酸化酵素の働きを促進...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2010/06/28 07:00

筋肉について考えよう!シリーズ1

筋肉について考えよう!シリーズ1 筋肉について考えよう!シリーズがスタートしました。 筋肉を蓄えて、基礎代謝を高めたいと思っている方!必見です。   筋肉が増えると、どんないいことがあるでしょうか? 基礎代謝が増えて、太りにくい体になります。 そして、鍛え方しだいでは、関節痛の予防にも役立ちます。   Tシャツ姿がまぶしい暑い季節ということで、 今回は腕の筋肉について考えてまいりましょう。 まず、肘を固定したまま...(続きを読む

福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
公開日時:2010/08/04 21:09

「1億総半病人」日本の救世主か!?東洋医学の真骨頂とは(2)

(続き)・・そのような各種の病気に対して、上述のような現代医療は効果がないのでしょうか。確かに、例えばガンに対する手術や抗がん剤投与によって、ガンを除去したり縮小させることは可能です。しかし手術の後遺症や抗がん剤の副作用によって健康を害してしまう例が多いほか、再発や転移の予防には効果がなく、ましてや他の病気を予防する力はありません。ガンになるのには体質や生活習慣など根本的な原因があるはずですが、手...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2010/10/23 07:00

「1億総半病人」日本の救世主か!?東洋医学の真骨頂とは(6)

(続き)・・次に重要視される要素として「気」「血」「水」の考え方があります。この気、血、水の3要素が体内を滞りなく循環することで、人体は健康を維持できると考えています。このうち「気」とは元気の気、気力の気ともいい、目に見えない生命エネルギーを意味し、精神活動や機能活動の原動力となるものです。一方「血」と「水」は兄弟のようなもので、いずれも身体を潤し、隅々に栄養や酸素を与え、老廃物を回収する体液を意...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2010/10/31 07:00

「1億総半病人」日本の救世主か!?東洋医学の真骨頂とは(7)

(続き)・・続いて生体の物質的側面を支える液体である「血」の異常としては大きく2つあります。一つは血の量が不足している「血虚(けっきょ)」、二つ目は血の流れがスムーズに行かず、途中で停滞したり途絶えてしまう「瘀血(おけつ)」です。生体を自動車に譬えると、ガソリンに相当する血がそもそも不足していて十分に走れない状態を血虚、ガソリンはあるもののスムーズに流れず滞ってしまい、うまく走れない状態を瘀血と表...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2010/11/02 07:00

ホノルル「完走」日記・マラソンブームと関連産業の隆盛(2)

ホノルル「完走」日記・マラソンブームと関連産業の隆盛(2) (続き)・・その答えの一角は、毎月走ることになった「皇居」にありました。皇居に行くとすぐに分かりますが、大勢のランナーが周囲を走っています。特に日曜日など休日の日中はたいへんな人数で、マラソンや駅伝などの大会も行われています。ランナーの総数が多い時には数百人にも上り、まさに押すな押すなの混雑ぶりです。そのため観光客などとの接触事故が散発しており、一部のマナーの悪いランナーとも相俟って、ちょっとした...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2011/01/03 07:00

花粉症もぜんそくも怖くない!?アレルギー体質改善大作戦(5)

(続き)・・日本人は古来これらの発酵食品をふんだんに活用してきたにも関わらず、近年その摂取量が減少しているようですが、米国などでは健康ブームの影響もあって、反対に納豆も含めて摂取量は増加傾向です。日本ではガンや心臓病が増加傾向なのと対照的に米国では減少傾向に転じているのは注目されますが、それはこの発酵食品をどれだけ摂っているかということとも無関係ではありません。アレルギー対策に限らず今一度、発酵食...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2011/01/25 07:00

転移も再発もこわくない!?ガンとの健康的な付き合い方(7)

(続き)・・その改善運動に於いて特に強調されたスローガンは「Five A Day(1日5皿運動)」です。すなわち1日に野菜や果物を最低5皿(正確には5サーヴィング)食べましょう、という呼びかけです。具体的には、朝はたっぷりの果物や新鮮な野菜ジュース、昼と夕にはたくさんの生野菜のサラダを食べる、というものです。米国人の5皿というと、日本人には7皿か8皿のように感じてしまうかも知れません。それほどまで...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2011/03/01 07:00

うつ病をブッとばせ!セルフ&ラインで育む会社の心の健康(9)

(続き)・・さて、そのように職場内のラインケアや環境整備を図ったとしても、メンタル面で不調を来たす社員が発生してしまうことはあり得ます。その場合はどのように対処すればよいのでしょうか。 先ず大切なことは、心の健康上の「サイン」を見逃さないことです。例えばうつ病などの場合、意欲の減退や気分の落ち込みなどが典型的な症状とされますが、そのような症状が現れた時には既に本格的なうつ病を発症してしまっている...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2011/05/10 07:00

人事労務担当者必見!メンタルヘルス不全者対応マニュアル(5)

5・事態を複雑にしている「新型うつ病」の出現   (1)時代とともに変化する、うつ病のタイプ   最近、企業の人事・労務関係の方々などからよく聞く話の一つとして、うつ病のタイプが昔とはかなり変化してきた、ということが挙げられます。 すなわち、うつ病を発症する社員の年齢層や性格傾向、発症に至る経緯、仕事への取組み姿勢、上司や同僚に対する態度などが従来とは大きく異なってきており、対応に本当に...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2011/05/23 07:00

人事労務担当者必見!メンタルヘルス不全者対応マニュアル(7)

6・復職にあたっての取組み   (1)本人の復職への意思と主治医の診断書   復職に関してまず焦点になるのが、社員本人の「復職への意思」の有無ですが、注意すべき点は「復職したい」という意欲なのか、あるいは「復職しなければならない」という焦りなのか、という見極めです。 「復職したい」というのは、意欲が改善している証拠ですので、このまま復職の手続きを進めて構いません。 それに対して、「復職...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2011/05/27 07:00

摂食障害について考える

摂食障害とはその人なりの理由により、 食事を拒否したり、発作的に過食しては無理に排出すること。 医学的には何種類かに分類されるらしいのですが、 ここでは、その原因について考えてみたいと思います。 生命を維持するための食事を拒否する影には心の問題が潜んでします。 気分障害、不安障害、アルコールドラッグなどの薬物乱用、パーソナリティ障害など。 摂食障害を起こした本人は、栄養障害をきたし、無月経、不...(続きを読む

福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
公開日時:2011/05/31 10:02

冷房なんか要らない!?節電下の夏を健康的に乗り切る方法(7)

(続き)・・次に夏に向けて「運動」に積極的に取り組むことをお勧めします。低体温の主要な原因の一つに運動不足がありますが、定期的な運動によって全身の代謝が活発になり、体温が向上します。その結果、熱中症や夏バテを予防するとともに、暑さに強い体を作ることが可能となります。   しかし猛暑になってから運動を始めるのは大変ですし、危険でもあります。従って涼しいうちから運動の習慣をつけておくことが望まれま...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2011/06/16 07:00

部下をダメにする上司の言動とは!?社内会話の意外なツボ(1)

産業医として企業の社員の健康問題に取り組んでいると、最近の傾向として、メンタルヘルス関係の相談事が明らかに増えていると実感しています。企業によっても違いますが、概ね8割くらいはメンタルヘルスに関する相談が占めています。具体的には、うつ病や適応障害、パニック障害に関する相談が目立ち、またメタボリック症候群や自律神経失調症など身体的な問題であっても、ベースにメンタル面でのトラブルが隠れていることが多い...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2011/08/14 20:00

部下をダメにする上司の言動とは!?社内会話の意外なツボ(10)

(続き)・・それと関連して、上司の「話を聴く態度」も重要なポイントです。例えば上司が部下の話を聴く場合に、もし部下本人に「目」を合わせない状態で聴こうとした場合はどうでしょうか。最近はオフィスに於ける作業の大半をパソコン業務が占めていますが、よくありがちなのは、上司がパソコン画面から目を離さずに部下の話を聴いている光景です。もちろん会話は双方向なので、上司が部下に話しかけている場合の部下の聴く態度...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2011/09/01 07:00

部下をダメにする上司の言動とは!?社内会話の意外なツボ(27)

(続き)・・部下には少しでもやる気をもって仕事をしてほしい、というのが上司たるものの切実な願いですが、どのようにすれば部下のモチベーションを効果的に高められるのでしょうか。企業現場でよくみられるアプローチの一つに、今一つやる気が低い部下に対して上司が「もっと頑張ればボーナスが増えるぞ」とか「給料を減らされたくないのか」などと、「お金」の話を具にして部下のモチベーションを何とか高めようとするケースが...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2011/10/07 07:00

蒲田よしのクリニック新規開業!自然治癒力を引き出す診療の流れ

蒲田よしのクリニック新規開業!自然治癒力を引き出す診療の流れ 東京・大田区に「蒲田よしのクリニック(内科・吉野 真人院長)」が11月7日(月)にオープンしました。今、現代社会に求められる「自然治癒力」を活かした体と心に優しい医療を提供します。 当クリニックは、薬や手術、検査など西洋医療に過度に頼らず、人間本来の自然治癒力を向上させることを通して、病気の治療や予防、そして美容、若返りを推進していくクリニックです。 ■診療案内 ○ 診療日 :...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2011/11/12 09:00

認知症なんか怖くない!脳と体を鍛え「健康に老いる」には(6)

(続き)・・並外れた抗酸化力をもつ果物として「ベリー類」があります。イチゴやブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリー、クランベリーなどが該当し、ポリフェノールやアントシアニン等のファイトケミカルが豊富に含まれています。酸化を強力に防ぐことによってβアミロイドの産生を抑制し、神経伝達をスムーズにして神経活動を活発にします。動物実験でも記憶力、平衡機能、運動技能の向上が認められています。   「ナ...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2012/04/12 09:00

ウツは「現代の脚気」!心の健康を左右する微量栄養素とは(1)

最近の「健康ブーム」などの影響もあり、体重を減らす、あるいは糖尿病を予防するなどの目的で、食事量や間食を減らすといった努力を傾ける人が増えています。特に若い女性にそれは顕著ですが、近年はそれに留まらず、男性や中高年の女性にもその動きが拡がってきています。食事を減らすだけでなく、スポーツクラブで汗を流す人やマラソンなどの競技に取り組む人も確実に増えてきています。   そのような変化は、食料品店や...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2012/08/03 09:00

糖尿病は「食べて」治す!カロリー以上に大切な要素とは?(2)

(続き)・・さてそのように合併症がらみで恐れられている糖尿病ですが、近年なぜ患者数が急速に増加してきているのでしょうか。病院や医学会、健保組合、スポーツ施設、そして厚生労働省などでは、糖尿病撲滅を目指して熱心な研究や対策が施されています。それにも関わらず、なぜ増加の勢いが止まらないのでしょうか。糖尿病が蔓延している原因を追究するためには先ず、糖尿病が発症する要因について考えてみる必要があります。 ...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2012/09/03 09:00

糖尿病は食べて治す!「糖質制限食」の有効性と工夫とは?(5)

(続き)・・さて厳格な糖質制限食に於いては、野菜といえども糖質の含有量が多い野菜は制限、または禁止の対象となっています。例えばカボチャやトウモロコシ、ニンジンなどの野菜は糖質が思いのほか多く、ジャガイモやサツマイモなどのイモ類も糖質が豊富です。たいへん厳格な「糖質ゼロ食」などでは、これら糖質の豊富な野菜やイモ類は事実上、禁止の扱いとなっています。   また果物に関しても「果糖」という糖質が豊富...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2012/09/22 09:00

野菜も肉も食べてガンに勝とう!ガンと食事の新しい考え方(1)

日本人は戦後、長きにわたり世界一の長寿を誇ってきましたが、実際に健康を謳歌し実感している人は、意外と少ないのではないでしょうか。糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病はもとより、うつ病などの精神疾患、花粉症などのアレルギー疾患が急増しています。そのような明らかな病気がない方でも、慢性的な疲労や頭痛、肩凝り、イライラ感、不眠など様々な症状に悩まされている方が著しく増えています。   その中でも「ガン...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2012/11/04 15:00

野菜も肉も食べてガンに勝とう!ガンと食事の新しい考え方(6)

(続き)・・とはいえ、肉がガン発症の促進因子である点も無視する訳にはいきません。肉の中でも牛肉や豚肉などの四足動物はその作用が大きいので、特に最初のうちは避けた方が無難です。むしろお勧めは脂身を除いた鶏肉や白身の魚、青背の魚、貝類、それに鶏卵などです。魚介類はなるべく天然で新鮮なもの、鶏肉や卵はブロイラーではなく平飼いの健康的なものを選んで食べましょう。   調理方法にも工夫が必要です。肉や魚...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2012/11/14 09:00

ガンを克服して体も心も元気に!ガンの代替療法の本領発揮(4)

(続き)・・ガン治療に限らず、通常の西洋医学の範疇に入らない治療法は一般に「補完・代替療法(CAM)」と呼称されています。ガン医療の分野では、3大療法以外の治療法は概ねこのCAMに分類されます。日本では医療制度や健康保険制度との兼ね合いで、大学病院をはじめ大病院では3大療法以外のCAMを行なうのが極めて困難で、現実には一部の小病院やクリニックでのみ行われているのが現実です。   CAMには多く...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2012/12/20 09:00

薬以上の効果も期待!?健康の味方「ビタミンC」は大活躍(5)

(続き)・・さてそのように有効性が再認識されたビタミンCですが、具体的にどのような作用を人体にもたらしているのでしょうか。様々ある作用の中で中心的なものは「抗酸化作用」です。体内の物質は電子を奪われることで「酸化」され、種々の悪影響を示しますが、ビタミンCは酸化された物質に電子を与え「還元」するのです。酸化された物質を還元し、酸化を防止することで、病気の予防や治療、体質の改善に寄与しています。 ...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2013/01/26 09:00

薬以上の効果も期待!?健康の味方「ビタミンC」は大活躍(6)

(続き)・・さて我々は大切なビタミンCを、毎日どのくらい摂取すれば良いのでしょうか。厚労省の推奨する摂取量は1日100mgですが、これは壊血病にならないための最低限の量であり、ガンなど様々な病気を予防するには到底足りません。最新の研究では、最低でも1日300mgかそれ以上は摂る必要があるとされています。またガンなどの病気がある方の場合は最低1g以上、可能ならば2~3gかそれ以上を摂ることが勧められ...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2013/01/28 09:00

「にんにく注射」の正体とは!?花粉症に速攻で効く本当の理由

「にんにく注射」の正体とは!?花粉症に速攻で効く本当の理由 (続き)・・4月に入り花粉症の様相が少し変化してきた模様です。花粉の主力がスギからヒノキに交代したとみられるのです。 スギもヒノキも花粉症には違いなく、鼻や眼にまつわる症状には殆んど違いがありません。ただ人によってはスギのみ、あるいはヒノキのみにアレルギーがあるため、花粉症に悩まされる期間に個人差がみられます。 すなわち、ある人は早くも花粉症の症状がおさまったかと思えば、別の人は今まさに花粉症...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2013/04/02 18:00

米国生まれの点滴「マイヤーズカクテル」・・にんにく注射を上回る効果!?

米国生まれの点滴「マイヤーズカクテル」・・にんにく注射を上回る効果!? (続き)・・「点滴」という治療手段は、必要な薬剤や栄養素を体内に直接注入することで、迅速かつ確実な治療効果をもたらしますが、それだけに一定の危険性もあり、充分に注意して行なう必要があります。 例えばガン患者に対して抗がん剤を点滴で投与する場合、ガンを殺傷する薬剤を直接血管内に入れますが、一般に内服に比べて高い効果が見込める反面、副作用が強めに出る傾向があります。また血管外に漏出した場合には、組織...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2013/04/05 18:13

うつな気分のときの、骨盤調整&ヨガ

ちょっと、落ち込むな〜。 気分が沈みがちだな〜。   そんなときにやってみてくださいね!   「うつな気分のときの、骨盤調整&ヨガ」  (続きを読む

傳川 紀子
傳川 紀子
(ヨガインストラクター)
公開日時:2013/09/25 09:00

もう怖くない!?目から鱗の新型インフル対策マニュアル(4)

(続き)・・今回の新型インフルエンザは、元々あった「豚インフルエンザ(H1N1)」のウイルスに遺伝子の変異が生じ、人に感染できるように性質が変化し、そこから人の間で大流行するようになったとされています。ちなみに米国など多くの国では「豚インフルエンザ」と呼称しており、「新型」と呼んでいるのは先進国では日本だけです。この原型となった豚インフルエンザがさほど毒性の強いものではなかったこともあり、昨年来の...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2010/10/01 07:00

サラサラ血液&スベスベ血管で病気知らずの身体を得る秘訣(7)

(続き)・・それでは少しでも血管を健康に保ち、動脈硬化に起因する病気から身を守るために、我々はどのような工夫をすべきでしょうか。そのために最も重要なことの一つは、とにかく新鮮な野菜と果物をたっぷりと食べることです。野菜や果物にはビタミンCを始めとする各種ビタミンやカルシウム、亜鉛などのミネラル、食物繊維、そしてポリフェノールなどのファイトケミカルが豊富に含まれています。   ファイトケミカルに...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2012/07/14 09:00

これでお肌もバッチリ!?真冬の寒さ&乾燥対策マニュアル(3)

(続き)・・従って室内の温度や湿度を上手に調整することが重要ですが、具体的にはどのような工夫が必要なのでしょうか。乾燥を防ぐには加湿器の使用が有効ですが、加湿し過ぎると今度は寒い外気に冷やされて壁面などに結露が生じ、それによりカビが生える原因となってしまいます。具体的には湿度が60%を超えるとカビが生えやすいとされるため、60%を超えない程度の加湿に留める方が良さそうです。   また家屋内の温度格...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2010/11/14 07:00

気持ちイイ汗をかいて夏バテから身を守る秘策とは・・?(2)

(続き)・・さて、そのように重症化すれば恐ろしい熱中症が90年代から急速に増加した本当の理由は、いったいどのあたりにあるのでしょうか。よく指摘されているのが「地球温暖化」です。確かに地球の気温はこの100年間で約0.4~0.8℃上昇しており、それに伴う異常気象や海面上昇などの悪影響が現れています。ただこの地球温暖化といった要素だけでは、日本で90年代以降に熱中症が急増している理由としては不充分と考...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2010/07/09 07:00

気持ちイイ汗をかいて夏バテから身を守る秘策とは・・?(5)

(続き)・・そのように我々が汗をかけなくなってしまった理由というのは、どんなところにあるのでしょうか。その一番大きな理由は「冷房」です。真夏の日中に外を歩いていれば「暑い」と感じ、人体は汗を出す準備をします。ところが間もなく冷房の利いたビルや電車に入ってしまうと、汗腺は「涼しい」と判断し、汗をかくのをやめてしまいます。夜になって帰宅しても、室内では一晩中クーラーを入れっぱなしで、殆んど汗をかく必要...(続きを読む

吉野 真人
吉野 真人
(医師)
公開日時:2010/07/12 07:00

408件中 1~50 件目