(閲覧数の多い順)欠陥工事・建築紛争の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

欠陥工事・建築紛争 の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

欠陥工事・建築紛争 に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

11件中 1~11 件目 RSSRSS

  • 1

大手OX建設の、あきれた手抜き工事 ~発覚編~

住宅リフォームの相談を受けた物件でのことですが・・・。 現場調査をしてみるととんでもない事実が発覚しました! この写真なんだかわかります??家の外壁に飾りで貼り付けてある帯板をはがしたら、こうなっていました・・・酷いですね。 キクイムシの被害なんですけど、問題はナゼ食われたか??なんです。 そもそも、帯板を張る事 自体が家にとってはあまりよくないのですが、適切に施工されてれば、大丈夫で...(続きを読む

田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
公開日時:2011/07/03 09:54

大手OX建設の、あきれた手抜き工事 ~保証編~

一年前から、すったもんだしていた手抜き工事の物件が、何とか解決しました・・・というか、お客さんの泣き寝入りに近いですが。 修繕費の半分をお客さんが負担しての修繕です。 見積書を見せていただきましたが、見積り金額自体がかなり高いのでメーカーはお金を出しては居ないでしょう。 おそらく、また別の下請けが泣かされたようです。 しかし、直し方もひどいもんです。 これが、直した後です。 はぁ?...(続きを読む

田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
公開日時:2011/07/03 09:59

大手OX建設の、あきれた手抜き工事 ~解決編?~

足掛け2年。長い時間を掛けて決着しました。 一年前にお客さんが半分払って手直しをするというので、決着したはずだったのですが・・・・・直らない。 雨漏りがしている。 まぁ、直した後を見ていたので、こうなる事は分かっていましたが・・・。   で、どうなったかというと・・・もう一度、お客さんが半分の額を負担して、問題のベランダを全部壊して、作り直しました。総工費200万円、お客さん負担、100...(続きを読む

田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
公開日時:2011/07/03 10:08

新築から何年で塗装するのが最適? ~サイディング編~

以前に、モルタルの外壁の場合は、新築から5~6年で、全面の塗り替えをする事が理想的ですと書きましたが、サイディングはどうでしょうか? サイディングは、新築の営業マンの大袈裟トークを聞いて、サイディングは塗装しなくていいって考えている方が非常に多いです。実際には、塗装は必要です。 今の模様が気に入っていて、違う色に塗り替えたくない場合は、クリアー塗料を塗ることになりますが、クリアーですから、汚く...(続きを読む

田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
公開日時:2011/07/04 14:43

欠陥住宅

欠陥住宅   Q 欠陥住宅被害の現状と救済方法を教えてください。   1.欠陥住宅被害の現状  欠陥住宅被害は、重層的な下請け構造に起因していると言われています。すなわち、消費者が住宅を購入する場合には、大手住宅会社と契約を締結しますが、実際の施工を担当するのは、各地の工務店やその孫請け工務店であるのが通常です。こうした場合、住宅会社を頂点とした各階層で受注代金から利益を差し引いていくた...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
公開日時:2012/01/29 15:56

住宅新築工事に関する紛争事例-1

 建築工事に関して、一般に建築の知識のない方が、その工事が契約書どおりに行われているかどうかを判別することは難しいと思われます。そして、もしも、工事が契約書どおりに行われていない場合、紛争となることも少なくありません。  その紛争も、契約書との相違が大きければ大きいほど、事後処理も複雑になります。   ここでは、最近、弊社に依頼のあった、比較的大きな紛争の事例を紹介いたします。    場所:...(続きを読む

菊池 克弘
菊池 克弘
(建築家)
公開日時:2012/09/03 14:04

リフォーム工事に関する紛争事例-1

 リフォーム工事の紛争発生率は、新築工事のそれに比べ、著しく高くなります。そして、その原因には主に以下の事項が認められます。  1.契約書の不整備:リフォーム工事で発生する紛争の原因の半数以上は、契約書類の不整備により発生しています。リフォームすべき位置、材料、仕様(グレード)が明記されなかったり、記載のもれ、などの原因により、後になって大きな紛争まで発展することもあります。 2.大工等職人の...(続きを読む

菊池 克弘
菊池 克弘
(建築家)
公開日時:2012/09/04 14:44

欠陥住宅裁判 現地検分

欠陥住宅裁判 現地検分 今日は大阪府下で欠陥住宅裁判の現地検分があり裁判官たちが現場にやってきました。裁判をいくつも扱ってきましたが本来、裁判になるまえに解決できると一番良いと考えています。 (続きを読む

伊藤 裕啓
伊藤 裕啓
(一級建築士)
公開日時:2012/10/05 18:44

住宅は精密部品ではありません!!

住宅は精密部品ではありません!! 最近、住宅を精密部品のごとく考えている人がたくさんいます。 大手ハウスメーカーの広告の影響だと考えています。 住宅は、決して精密部品ではありません。 木材は生きています。呼吸もします。 したがって、反ったり曲がったりします。 板という字は、「木が反る」と書きます。 反ること、曲がることが普通のことなんです。 でも、それを敢えて反らないように、曲がら...(続きを読む

小島 忠嘉
小島 忠嘉
(建築プロデューサー)
公開日時:2012/12/02 00:50

設計者・施工者が建物を購入した第三者に対する不法行為の成否

設計者・施工者が建物を購入した第三者に対する不法行為の成否    最判平成15年11月14日・民集 第57巻10号1561頁  1 建築士は,その業務を行うに当たり,建築物を購入しようとする者に対する関係において,建築士法3条から3条の3まで及び建築基準法(平成10年法律第100号による改正前のもの)5条の2の各規定等による規制の潜脱を容易にする行為等,その規制の実効性を失わせるような行為を...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
公開日時:2013/04/18 07:51

欠陥住宅と工事不具合

新聞折込にある住宅業者のチラシが入ってきました。 そこは、東日本大震災後に被災者向けに安い価格で新築するという、うたい文句です。 確かにチラシ上見積もりも他社より安く、工期も早いように見せかけていました。 ところが、その業者は実際は後で「震災で人件費や材料費が高騰しているのでこれではできない。」と震災を理由に追加費用を請求する始末という相談を受けたことがあります。 また、大工も確保できな...(続きを読む

西村 和敏
西村 和敏
(ファイナンシャルプランナー)
公開日時:2015/07/03 08:00

11件中 1~11 件目

  • 1