(閲覧数の多い順)住宅設計・構造の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

住宅設計・構造 の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

住宅設計・構造 に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

16,071件中 1~50 件目 RSSRSS

間違いやすい?猫間障子と雪見障子

間違いやすい?猫間障子と雪見障子 猫間障子とは、一般的に関東では写真のように下半分くらいにガラスがはまっていて、その上に取り付けた障子が上げ下げできるものをいいます。 一方、雪見障子とは、下半分にガラスがはまっているだけで、上げ下げ障子の付かないものをいいます。 本来、猫間障子は、障子が閉まった状態で猫が出入出来るように、小窓を付けたもので、ガラスは付いていませんでしたが、家の気密を考えると、そういうわけにいかなくなって呼び名...(続きを読む

遠藤 浩
遠藤 浩
(建築家)
公開日時:2011/05/11 23:06

障害のある人の日常とはどのようなものなのでしょうか?

障害のある人の日常とはどのようなものなのでしょうか? 障害のある人の日常生活を知る為の勉強会を開催しました 講義は、NPO神奈川県障害者自立生活支援センター様   障害のある人とどのように接したらよいのか? 何て話しかけたらよいのか? 障害のある人に優しい環境とは? 日常生活での困りごとや悩みなど色々な事をお聞きすることができました。   「さ」行のサポート法は分かりやすく すぐに実践しやすい内容です   障害者差別解消法が平成...(続きを読む

三竹 忍
三竹 忍
(建築家)
公開日時:2017/02/03 09:48

世界12カ国で紹介、とても嬉しいコト

世界12カ国で紹介、とても嬉しいコト 世界12カ国で掲載していただいています とても嬉しいです! ■ポルトガル ■ブラジル ■ポーランド ■カナダ ■ロシア ■南アフリカ ■ベネズエラ ■インドネシア ■マレーシア ■韓国 ■香港 ■日本 「コンパクトでかわいい家」 小さい空間を有効活用する為の工夫とデザインをほどこした、40歳代の子育て世帯住宅 狭小敷地に建つ狭小住宅、「小さくてもこんなに豊かな彩...(続きを読む

三竹 忍
三竹 忍
(建築家)
公開日時:2017/03/24 11:56

2階ウッドデッキテラス(建ぺい率に算入されない方法)

2階ウッドデッキテラス(建ぺい率に算入されない方法) 加藤幸彦(エス)です。 エスの設計する住宅では、リビングルームを広々と感じさせる手法のひとつとして、内部空間をそのまま延長したような「ウッドデッキテラス」を採用しています。 もうすぐ春。快適な「ウッドデッキテラス」の魅力がグンとアップする季節の到来ですね。外部の気持ちのいい空気を感じつつ、プライバシーが守られる..そんな気持ちのいい空間で過ごしてみたいものですね。 ところで、ちょっと要注意。 この...(続きを読む

加藤 幸彦
加藤 幸彦
(建築家)
公開日時:2012/03/05 11:00

モルタルのキッチン

モルタルのキッチン 完成間近の埼玉県川口市にて進行中のMさんの家に作られたモルタルのキッチンでは、合板などで作られた下地に、ラス網を貼り付け、最終的にはモルタルかなゴテで仕上げることになるわけだが、アイランド型の大きなキッチンを比較的ローコストで作成することの出来る手法ということで、しばしば用いている。最終的には撥水材などの汚れ防止の塗装を施すだけでよく、何よりもどうしようもなくなった場合にはさらにモルタルの上塗り...(続きを読む

増井 真也
増井 真也
(建築家)
公開日時:2012/01/20 20:47

ガラパゴス住宅 へ ようこそ。

最近 購読を再開した『日経アーキテクチュア』11-10号  ぱらぱらと読み始めるに ちょっと違和感おぼえる記事 あり。   日本のエコ住宅が負けた  「ガラパゴス化」に世界が厳しい評価 スペインで開催された『ソーラー・デカスロン・ヨーロッパ2012』 世界各国の学生チームが、環境配慮型の住宅を実際建てて、性能を 競い合う国際大会。日本の学生チームは 18チーム中15位となり ダメ出し...(続きを読む

岩間 隆司
岩間 隆司
(建築家)
公開日時:2012/11/19 20:08

ロフト(小屋裏収納)の定義とは

ロフト(小屋裏収納)の定義とは 確認申請の審査を受ける時、自治体や検査機関によって、 指導内容にバラツキがあることがあります。 ロフトなどは、その典型的な例かもしれません。   ロフト、正式には「小屋裏物置等」と呼ばれています。 指導の根拠となっているのは、 平成12年6月1日付けの住指発682号 「建築基準法の一部を改正する法律の施行について」という通達です。   【建築基準法の一部を改正する法律の施行につい...(続きを読む

奥山 裕生
奥山 裕生
(建築家)
公開日時:2011/03/11 23:00

キッチン収納の工夫

キッチン収納の工夫 新築住宅の設計事例です。なんとか安くて使い勝手の良いキッチン収納を作りたい、ということで、ここでは、半分造作、半分市販の引出し収納を利用、という作戦にしました。 大工工事で吊り戸棚・棚板・カウンターを現場造作してもらい、その下にIKEAの収納(それもキッチン収納ではなく、クローゼット収納として売っているもの)をぴったりはめこんでいます。 引出しを家具屋さんにつくってもらうと高くなるので、なかなか...(続きを読む

山崎 壮一
山崎 壮一
(建築家)
公開日時:2010/07/28 12:52

山梨県商工会連合会にて

昨日は、山梨県商工会連合会の建設業部会セミナーのため甲府へ行ってまいりました。 テーマは「地域密着企業における共同受注の手法とワンストップ型経営の事例」という長いタイトルですが、山梨は日本で一番建設業が盛んという噂通り、受講された県内の方たちの意識の高さを感じました。 第一部の講義のあとに出席者の方々の意見交換会へ参加させていただきました。 各市町村毎にいろいろな試みをされ...(続きを読む

斉藤 進一
斉藤 進一
(建築家)
公開日時:2008/01/30 11:25

独立型社会福祉士全国集会

9月に行われる「第10回独立型社会福祉士全国実践研究集会」への参加が決まりました! 埼玉県の独立型社会福祉士事務所の皆さんとは、ある程度面識があり どのような活動をされているか知っておりますが、全国的に独立型で活動されておられる皆さんの内容には興味があります(^^) 社会福祉士はソーシャルワーカーとして、相談業務など どちらかというと「ボランティア」だとか「無料」という枠組み...(続きを読む

斉藤 進一
斉藤 進一
(建築家)
公開日時:2013/08/16 00:24

コンクリートは熱を蓄えて、夜までジワジワ熱を発するから、外に居るより暑いのです。

コンクリートは熱を蓄えて、夜までジワジワ熱を発するから、外に居るより暑いのです。 暑かったですね、今日は。 今年も夏支度をしました。 ベランダにスダレのトンネル。   コンクリートのマンションは、 夏は夕暮れ以降は屋外が涼しい風が吹いているのに、 家の中はいつまでも暑い。 コンクリートが蓄熱体として、夜までジワジワ熱を発する。   逆に冬はシンシンと寒い。 人間の体温が36度、屋根・壁・床のコンクリ温度は10度以下。 冷えたコンクリが石膏ボードや畳を素通しし...(続きを読む

須永 豪
須永 豪
(建築家)
公開日時:2013/07/08 23:59

ガラスブロックの使い方

ガラスブロックの使い方 ノアノア空間工房の大塚です。今回はガラスブロックの上手な使い方について書きたいと思います。 ガラスブロックは、透明、不透明、色つき、玉ゆら、ストライプ溝などいろいろな種類があります。また大きさも色々ありますので建物のサイズやガラスブロックを入れる用途を考えて取り入れることをお勧めします。今回の写真の住宅は隣家に大きな木がありその木の緑をガラスブロックの玉ゆらに重ね合わせるカタチを取り入れました。...(続きを読む

大塚 泰子
大塚 泰子
(建築家)
公開日時:2012/01/07 11:33

三世帯住宅の雑誌撮影と取材

三世帯住宅の雑誌撮影と取材 ほぼ一年前に竣工、お引渡しをした三世帯住宅の大田区N邸が、 住宅雑誌「''住まいの設計''」に掲載されることとなり、 その撮影と取材に立ち会ってきました。 住まいの設計 「住まいの設計」は扶桑社が発行する 住宅設計の専門の老舗雑誌です。 建築家が設計したユニークな住宅の紹介コーナーでは、 デザインだけにとどまらず、''住まい手の生活の様子''や、 使い...(続きを読む

各務 謙司
各務 謙司
(建築家)
公開日時:2009/11/24 13:30

リビングの裏がわ、レベルの違い

リビングの裏がわ、レベルの違い 「新潟の住宅」のリビングです。 左側のデッキの奥にレベルの違うダイニングが見えます。 右側のだんだんは2階への階段の裏側で、書斎コーナーになっています。 正面の白い箱は、反対側で下駄箱になっています。 そう、箱の裏がわがこの住宅の玄関となっています。 床のレベルの違いでこんなこともできます。 デッキ側からの夕景はこんな感じ。 デッキを中心に部屋が連続し...(続きを読む

納谷 学
納谷 学
(建築家)
公開日時:2008/07/16 16:00

外観

外観 写真の建物は、足立区の関原に建てたクライアントの住宅を兼ねる 鉄筋コンクリート造5階建の賃貸マンションです。 敷地形状が道路に対し斜めに奥まっていくことより、 そのまま敷地を尊重し建物の形を考えるとバランスに違和感が生まれると 考えられた為、目の錯覚によりバランスを保てればと曲線を使用し設計しました。 仕上げはコンクリート打放しです。 よって非常に高い施工技術が...(続きを読む

牛込 哲也
牛込 哲也
(建築家)
公開日時:2007/01/31 00:00

ライトアップの確認

ライトアップの確認 世田谷区で進行中の「ルーバーリメイクの家」。 電気工事がすべて終了。 夕暮れまで現場で待機し、外観のライトアップの確認を行いました。 住宅地のど真ん中の為、あまりにも明るいライトアップは、近隣に迷惑がかかる。 しかし、路地状の私道の一番奥に位置する為、夜は非常に暗い。 そこで考えたのが、ルーバーの裏に照明を仕込み、ルーバーを灯す計画としました。 ルーバーが灯されると、階段や...(続きを読む

松永 隆文
松永 隆文
(建築家)
公開日時:2015/12/03 18:27

埼玉県八潮市へ!

世の中お盆中ですが、昨日は隣町の埼玉県八潮市で仕事してまいりました(^^) 以前は仕事で通っていた街ですが、当時と比べ つくばエクスプレスが通っていたり再開発が進んで全く違う景色になっています。 今日は事務所で書類整理・作成などをしておりますが、外が静かなので捗りますねv 夕方から実家に顔をだしてこようと思います(隣駅ですが) (続きを読む

斉藤 進一
斉藤 進一
(建築家)
公開日時:2013/08/15 12:59

真っ白な階段

真っ白な階段 真っ白な、ストリップ階段です。 ローコストを目指し、スチールのササラに受けを付け、合板に長尺シートを貼った踏み板。 納まり上、既製のノンスリップ(グレーのもの)を取り付けました。 当初、既製のノンスリップに抵抗があり、試行錯誤しましたが、コストと安全性、耐久性を考え、ノンスリップを付ける事に・・・ 出来あがってみると、さほど気にならず、あえてグレーのラインが美しく引き立ててくれています。 ...(続きを読む

松永 隆文
松永 隆文
(建築家)
公開日時:2013/06/14 17:23

家づくりの不安に関するアンケート(その1)

家づくりの不安に関するアンケート(その1) 建築士とか、設計事務所とか、と言うと・・・・   以前よりインターネットなどのおかげで、身近になってきたと言えますが 一般的には、まだまだ「敷居が高い」と感じる方が多いと思います。   なぜ?   どんなことをしてくれるの? 費用はどれくらいかかるの? ホントに必要なの? ・・・etc   などの疑問があるからではないでしょうか?     つまり、建築士の仕事は、 ...(続きを読む

青沼 理
青沼 理
(建築家)
公開日時:2013/05/21 13:05

断熱工事

断熱工事 大田区で進行中の「ヨロイ」。 断熱工事が進行中です。 屋根、壁に断熱材を充填していきます。 丁寧にひとつひとつ、柱間に留めてくれています。 本日よりボード屋さんによる、プラスターボード張りが始まります。 (続きを読む

松永 隆文
松永 隆文
(建築家)
公開日時:2012/07/25 17:22

ご注意!防火設備の認定不適格。

先月、区役所へ建築確認申請を提出したさいのこと。 窓口で担当者に 注意してね。と いわれた件です。   防火設備としてのアルミサッシ で 認定不適格のものが公表と。 http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000223.html http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000201.h...(続きを読む

岩間 隆司
岩間 隆司
(建築家)
公開日時:2011/03/10 14:29

「大きな木の下の家」基礎工事ー1

「大きな木の下の家」基礎工事ー1 「大きな木の下の家」の地盤は、地盤調査の結果、0.75m〜2.0mの深さに比較的柔らかい層があったが、今回の計画は比較的軽い平屋建てのため、比較的柔らかい、といっても地盤許容応力度で20kN/m2以上は見込めること、ベタ基礎で計画していること等から、地盤改良は行わず、充分転圧して基礎を施工するものとした。  コストを下げるため捨てコンは施工しない計画にしていたが、墨付けができないので外周フーチ...(続きを読む

野平 史彦
野平 史彦
(建築家)
公開日時:2009/12/16 18:21

練馬区栄町/完成にむけて、内装仕上げ工事中です!

練馬区栄町/完成にむけて、内装仕上げ工事中です! M様がインターネットで取り寄せられたフラワーハンギング。 玄関ドアの横にきれいにつきました。(写真左) 音楽室の壁一面の造り付け本棚。 隣の部屋との境界壁に設けることで防音効果も期待できます。 小さなユニット本棚を造りそれを組み上げてゆきます。(写真は弊社ブログにてご覧下さい) 下面一面につきました。 上面もびっしりと本棚になります。(写真は弊社ブログにて...(続きを読む

野瀬 有紀子
野瀬 有紀子
(一級建築士 インテリアコーディネーター)
公開日時:2009/08/06 20:39

和モダンな家づくり「和室編」

和モダンな家づくり「和室編」 最近はあまり必要とされない和室・・ それでもやっぱり和室があると、客間としても便利ですし、雰囲気がぐっと引き締まります。 自然木をつかった床の間、吊押入・・いかがですか?! 詳しくはHPをご覧ください! http://www013.upp.so-net.ne.jp/atelier137/ 写真:安田誠@ナカサ&パートナーズ(続きを読む

鈴木 宏幸
鈴木 宏幸
(建築家)
公開日時:2009/06/13 09:00

魅力的な空間へデザインリフォーム #2

魅力的な空間へデザインリフォーム #2 暮らしの中で、生活スタイルの変化や家族構成の変化がきっかけで、今ある暮らしの空間を変えてみたい、こうしたらもっと快適に暮らせるのではないか? という時があります。 「デザイン・リフォーム」とは、まさに言葉どおり、いまある空間をより生活しやすく魅力的に、デザインや色彩、使い勝手や暮らしやすさを高めるために考えた改装や改築のこと。  今回ご紹介するのは、居室として使えるロフト付の洋室(6畳)...(続きを読む

酒井 正人
酒井 正人
(建築家)
公開日時:2009/03/08 15:02

階段のトップライトから

階段のトップライトから 前回のコラムの階段を上がると トップライトから柔らかな光が差し込む 限られた空間の抜け 階段は住宅の中で 一番ドラマチックな空間(続きを読む

中村 雅子
中村 雅子
(建築家)
公開日時:2009/02/10 00:00

ナチュラルに暮らす空間〜伝統と暮らし

ナチュラルに暮らす空間〜伝統と暮らし 日本の住まいの伝統は、壁らしい「壁」がない「柱と梁」で造られる木造家屋にあります。 床は畳や板張りで、空間を仕切るのは襖や障子などの建具で、それらを開け放せば住空間がつながり、外と中までもが一体に感じられるようなフレキシブルな空間構成が日本家屋の特徴でした。  それは、日本の湿度の高い気候や靴を脱ぎ床に座る日本人特有の生活スタイルから生み出された、日本人の知恵であり、長い歴史のなかで築い...(続きを読む

酒井 正人
酒井 正人
(建築家)
公開日時:2009/01/04 15:17

外張り用断熱材の隠された問題点

実は、外張り断熱に用いられる断熱材には、隠された問題点があります。    フェノールフォーム以外の発泡プラスチック系断熱材は、相変わらず経時劣化という問題を抱えているのです。  それは、細かな気泡の中に挿入された断熱効果ガスが次第に空気と入れ替わり、断熱性能が低下してしまうという現象ですが、早いものでは5年ほどで断熱効果ガスが抜けて断熱性能が約20%減少してしまうのです。 ...(続きを読む

野平 史彦
野平 史彦
(建築家)
公開日時:2008/11/11 17:35

御引渡し

御引渡し 建物の取扱い説明を行い、クライアントに御引渡しをしているところです。 これまで数多くの打合せを行い、皆さんのアイディアから建物の完成を迎えた この時は感無量です。 設計・監理業務をご依頼してくださったクライアントに改めて感謝です。(続きを読む

牛込 哲也
牛込 哲也
(建築家)
公開日時:2007/05/19 00:00

ガラス取付

ガラス取付 階段ホールの吹抜部に設置したカーテンウォールのガラス取付です。 東側に位置している為、このガラスを通って朝日が綺麗に入ってくる事でしょう。 出来上がりが楽しみです。 しかし、こうして現場をまわると、そのたびに建築現場は命懸けだ思います。(続きを読む

牛込 哲也
牛込 哲也
(建築家)
公開日時:2007/02/26 00:00

建築士のチェック項目

建築士のチェック項目 建築士のチェック項目は、建築基準法だけに留まらずクライアントが利用する「フラット35」や工務店が加入する「住宅瑕疵担保保険」の基準もクリアしているか確認した上で、図面が確定します。・ゾーニングやデザインを創造するクリエイティブな時間・法のチェックや設備電気関係の商品選定などの作業する時間この二つを一日のどこに使い分けるかで作業効率も変わってきますね。日中は現場監理や打合せなどで、クリエイティブに脳...(続きを読む

斉藤 進一
斉藤 進一
(建築家)
公開日時:2017/04/10 07:00

住宅・建築物の省エネ性能表示制度(BELS)に関するシンポジウムに参加しました

水曜日は、永田町の都市センターホテルで行われました、『住宅・建築物の省エネ性能表示制度(BELS)に関するシンポジウム』を聴きに行って参りました。 主催者は、株式会社野村総合研究所 共催は国土交通省とあって、会場は満席でした。 当初定員400人とありましたが、当日は、「600人の出席者なので、テーブルなし椅子のみの席としました。」と、説明がありました。 講演者は下記の方々。 錚々たるメンバ...(続きを読む

野瀬 有紀子
野瀬 有紀子
(一級建築士 インテリアコーディネーター)
公開日時:2017/03/06 00:17

大型キッチンクローゼットとピンクのキッチン!

今日はキッチンクローゼットの施工例をご紹介致します。 キッチンパントリー、キッチンクローゼットとか、大容量キッチン収納マルチクローゼットなどいろいろな呼び方があるようです。 このスタイルは時折ご紹介しておりますね。 今日はまた違うお住まいをご覧下さい。 要はゴチャゴチャしてみえるキッチン周りの雑多なものを、皆、扉の中にしまってしまって見えなくしてしまう、収納です。 お客様が突然いらしても...(続きを読む

野瀬 有紀子
野瀬 有紀子
(一級建築士 インテリアコーディネーター)
公開日時:2017/02/03 15:54

耐震診断・耐震改修のタイミング

耐震診断・耐震改修のタイミング 熊本地震では、倒壊した家としなかった家が顕著に分かれました。 九州では耐震診断・耐震改修工事の普及率が低かったことが悔やまれますね。 各自治体では耐震診断費・耐震改修工事の補助制度があるところが多いのをご存知でしょうか? 私はさいたま市と草加市の耐震診断士として登録しているので、今年度の助成状況など役所に確認してまいりました。 耐震診断だけでなく改修工事においても、年間の...(続きを読む

斉藤 進一
斉藤 進一
(建築家)
公開日時:2016/04/26 17:17

■ シリーズ/狭小敷地の土地選びのコツ-2

■南側道路より北側道路!!その2 南面全てがリビングで使える!「北側道路」の敷地。 不動産屋さんは、南側道路の土地を案内して「どうです!このとおり陽当たり抜群ですよ」・・・と南側に接道する敷地の価値を説明します。 確かに更地の土地には陽差しが燦々と差し込んでいます。・・・・だからといって南側一杯に窓が開けるリビングスペースが得られるでしょうか。   北側道路●メリット1/南側の庭先...(続きを読む

公開日時:2014/03/18 16:02

【土・日・祝も対応!】注文住宅や一戸建て建売の内覧会に同行します!

【土・日・祝も対応!】注文住宅や一戸建て建売の内覧会に同行します! ★ 一戸建て内覧会同行サポート ★ 産経新聞に紹介されました一戸建ての内覧会同行サポート!! 一戸建ての内覧会はどこをチェックすればいいのか??? 戸建ての内覧会が迫っていて、自分ではどこをチェックしたらいいかわからない・・・ そんな悩みってありませんか?   ◆このような方にはおススメです◆ 注文住宅の竣工検査に専門家の立ち会いをしてほしい・・・という方 一戸建ての建売住宅を...(続きを読む

寺岡 孝
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
公開日時:2014/03/13 14:00

広間・小間・立礼茶室/使い勝手と予算で考える

広間・小間・立礼茶室/使い勝手と予算で考える 3階建てコンクリート造の戸建て住宅の1階で茶事ができるよう、寄付待合を兼ねた玄関、中庭と南庭の二つの露地庭、八畳下座床の広間、四畳向切りの小間、立礼席としても使える土間、水屋を組合せました。  茶室で使う畳は京間畳といって関東のものよりも大きく寸法も決まっています。これは炉縁の大きさや茶道具を置く位置などが畳の大きさや畳目で決まっているからです。茶室をつくるときの注意点はこの京間畳にすることが...(続きを読む

堀 紳一朗
堀 紳一朗
(一級建築士)
公開日時:2013/10/22 10:00

土地探しに疲れた人達へ

自分の住まいを作る(持つ)ために、土地 や 家 や マンション を探される事は   本当に大変な事です。   毎日のように情報を調べ、実際にいくつも見て それでも決まらない事は、よくあります。 おおよそ条件が折り合ったものに出会い「よし買おう!」って思っても 「一歩遅かった~」 なんて事もあります。 時間やお金や家族のプレッシャーから 心が折れそう になるくらい、クタクタ になる...(続きを読む

志田 茂
志田 茂
(建築家)
公開日時:2013/06/05 11:01

完了検査終了!

完了検査終了! 完了検査終了! 指摘ナシでした。 神奈川県綾瀬市 I邸 新着工事 青沼理(一級建築士)さんのSimplogを見る(続きを読む

青沼 理
青沼 理
(建築家)
公開日時:2013/05/22 15:19

卒園

卒園 下の娘が、保育園を卒園しました。   保育園は、二葉幼児園。   宇都宮の中心市街地、赤門通り近くの保育園。   同級生は20名弱と少なく、   アットホームな雰囲気で、とても楽しかったようです。   家からも近くて、助かりました。   4月からは小学一年生。   簗瀬小学校に入学して私の後輩になります。   時の経つのは早い!   リフォーム 工務店 栃木県宇...(続きを読む

吉田 武志
吉田 武志
(建築家)
公開日時:2013/03/26 17:59

スキップフロアーで繋げる開放感溢れるリゾートライクな間取り

スキップフロアーで繋げる開放感溢れるリゾートライクな間取り 今回紹介するのは、スキップフロアー 作品です。 作品紹介の前に、少しスキップフロアー について少しお話しておきます。 スキップフロアー とは、部屋と部屋を廊下ではなく、階段でつなげる手法です。主な特徴としては・・・・ ○空間の移り変わりを視覚的に楽しむ事ができます。 ○壁で空間を分けるのではなく、段差によって用途分けができるので、変化する使用目的にも汎用性を持たせられる。 ○吹抜け空...(続きを読む

森川 稔
森川 稔
(建築家)
公開日時:2013/02/08 22:27

地震の大きさと被害の関係 マグニチュード

地震の強さを表す単位は複数あります。それらの単位は地震の一部の側面しか捉えていませんので、様々な誤解が生まれます。単位全ての概要を把握していないと地震の実態を掴む事が出来ません。単位の概要を把握して、地震の実態を正しく把握することにより、将来襲うと思われる地震の対策が可能となるのです。 津波に関しては、船の様な家を造らない限り防ぎようがありませんが、地震は打つ手が幾らでもあります。 地震そのもの...(続きを読む

福味 健治
福味 健治
(建築家)
公開日時:2013/01/26 09:03

グラスウールは欠点だらけの断熱材?

グラスウールは、施工が悪いと壁面内結露を起こし、経年変化でずり落ちて隙間が空いてしまう。また鉱物性繊維は人体に良くない。等々ネット上で悪評を探せばキリがありません。本当にそんなに悪い断熱材なのでしょうか? グラスウールは他の断熱材に比べ価格が安く、その分数多く用いられています。その為グラスウールの特性をあまり考えず、ただ入れれば良いと云う時代もありました。その弊害が「グラスウールは悪い」と云うイ...(続きを読む

福味 健治
福味 健治
(建築家)
公開日時:2012/11/22 09:00

電気もガスもいらない我が家の太陽集熱暖房機の効果は?

電気もガスもいらない我が家の太陽集熱暖房機の効果は? 写真は17日(水)の昼ごろ12時半ごろ撮影のものです。 西側隣家は幸いなことにまだ平屋ですので、我が家の西側外壁には午後になると日がよくあたります。 今年の春、太陽集熱暖房機、デンマーク製ソーラーウォーマーというものを 家の西側外壁と東側外壁に実験的に取付してみました。 暖かくなり始めたころに取り付けしたので、効果のほどはこれまで未確認でした。 2階LDの西面の室内側壁です。 ...(続きを読む

野瀬 有紀子
野瀬 有紀子
(一級建築士 インテリアコーディネーター)
公開日時:2012/10/28 18:12

フローリングによる居心地デザイン/広葉樹系(1)

フローリングによる居心地デザイン/広葉樹系(1) 加藤幸彦(エス)です。 床材が、インテリア素材の中で最重要であることは、先日のコラムで触れました。敏感な足の裏の感触で空間の心地良さが左右されるからです。 では、具体的な素材の選び方を、見ていきましょう。まずはフローリング。その中でも、採用頻度が高いのはタモ材やナラ材、あるいはアッシュやオークといった広葉樹系の樹種です。広葉樹系は、表面が比較的硬いものが多く、キズがつきにくく、肌触りもさらっとして...(続きを読む

加藤 幸彦
加藤 幸彦
(建築家)
公開日時:2012/04/02 11:48

夫婦ふたりの家6

夫婦ふたりの家6 50代の夫婦の家(2) 50代の場合、すでに家を持っていらっしゃって、2回目の家づくり という場合も多いと思います。 次の事例は、お住まいの家を、リフォームされたご夫婦の話しです。 リフォームも「家づくり」なのです。 ** 事例2:憧れの木造民家。家をどうするか長年迷い、出した結果はリフォーム Kさんご夫婦は、端正な住宅地の家を買われて20年経ちました。奥様は、...(続きを読む

志田 茂
志田 茂
(建築家)
公開日時:2012/01/21 13:51

目黒コンクリート2世帯住宅のオープンハウスのお知らせ

目黒コンクリート2世帯住宅のオープンハウスのお知らせ  現在進行中の目黒の住宅 今月一杯で完成致します。お施主様の御配慮もあり、 入居前、ご興味のある方々に、当事務所の設計監理した住宅の内覧会を行う事に致しました。  今後、家づくりを予定されている方や、将来家づくりを考えよう! と思っている方々に参考になれば、と思っております。 ①日時:1月29日(日) 午前11:00~午後16:00 ②場所:東京都目黒区駒場 ③鉄筋コンクリート構造 専...(続きを読む

山下 弘治
山下 弘治
(建築家)
公開日時:2012/01/11 20:18

こどもの夢を育む家

こどもの夢を育む家  先日、ある雑誌に「こどもの夢を育む家」というテーマでお話させていただく機会がありました。こどもの立場から住まいを考える。・・・これからの家づくりでとても大切な事だと思います。私が所属する「こども環境学会」の代表 建築家の仙田満先生が以前、日本で活躍する建築家50人にインタビューしたところ、その90%が子供時代の経験が今の仕事に影響していると答えたそうです。自分も全く同じ。自分の原風景は、仙台の田...(続きを読む

遠野 未来
遠野 未来
(建築家)
公開日時:2011/12/07 10:14

天井高さ

天井高さ 天井の高い居室は開放感があり、空間の豊かさを感じられます。特に家族が集まる場所は、空気の気積を確保するため、なるべく天井を高くしたいと考えます。 日本での天井高さは、賃貸住宅で2.3m、分譲住宅で2.4mというのが一般的です。一方、イタリアでは天井高さ2.7mが一般的で、歴史的価値のある住宅は3m以上ある事例も多く見られました。 今回のW邸では、高い天井を希望されていたクライアントと共通認識を...(続きを読む

柳沢 伸也
柳沢 伸也
(建築家)
公開日時:2011/02/02 11:06

愛知ゆとりある住まい 講演に行きます!

愛知ゆとりある住まい 講演に行きます! 少し先のお話ですが、10月愛知で開催されます 【愛知ゆとりある住まい展】へ伺います。 【愛知ゆとりある住まい展】は、愛知ゆとりある住まい推進協議会という団体が中心となり中日新聞社、愛知県、名古屋市が後援して行われる年に一度の住まいイベントのようです。 大変光栄な事にインテリアセミナーの講演をさせていただきます。 どんなにステキな家が提供されても、そこでの暮らしが実現できなければただのハ...(続きを読む

青木 恵美子
青木 恵美子
(建築家)
公開日時:2010/09/01 14:28

16,071件中 1~50 件目