(閲覧数の多い順)住宅設計・構造の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

住宅設計・構造 の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

住宅設計・構造 に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

15,927件中 1~50 件目 RSSRSS

美しい街 ポルトガルではどのように映っているのでしょうか?

美しい街 ポルトガルではどのように映っているのでしょうか? 美しい街、美味しい料理、スポーツ、魅惑的な国「ポルトガル」にて紹介して頂いています! 歴史的建造物や美しい建物や街並みのある国に、小さな家はどのように映るのでしょうか? ポルトガルの建築websiteにて掲載されました。ありがとうございます!  ヨーロッパの雰囲気に憧れたクライアントさんの為に、 日本の風土に合わせて創った小さな家ですが、 ヨーロッパ、ポルトガルで紹介して頂けるとは思...(続きを読む

三竹 忍
三竹 忍
(建築家)
公開日時:2016/07/19 10:43

間違いやすい?猫間障子と雪見障子

間違いやすい?猫間障子と雪見障子 猫間障子とは、一般的に関東では写真のように下半分くらいにガラスがはまっていて、その上に取り付けた障子が上げ下げできるものをいいます。 一方、雪見障子とは、下半分にガラスがはまっているだけで、上げ下げ障子の付かないものをいいます。 本来、猫間障子は、障子が閉まった状態で猫が出入出来るように、小窓を付けたもので、ガラスは付いていませんでしたが、家の気密を考えると、そういうわけにいかなくなって呼び名...(続きを読む

遠藤 浩
遠藤 浩
(建築家)
公開日時:2011/05/11 23:06

2階ウッドデッキテラス(建ぺい率に算入されない方法)

2階ウッドデッキテラス(建ぺい率に算入されない方法) 加藤幸彦(エス)です。 エスの設計する住宅では、リビングルームを広々と感じさせる手法のひとつとして、内部空間をそのまま延長したような「ウッドデッキテラス」を採用しています。 もうすぐ春。快適な「ウッドデッキテラス」の魅力がグンとアップする季節の到来ですね。外部の気持ちのいい空気を感じつつ、プライバシーが守られる..そんな気持ちのいい空間で過ごしてみたいものですね。 ところで、ちょっと要注意。 この...(続きを読む

加藤 幸彦
加藤 幸彦
(建築家)
公開日時:2012/03/05 11:00

容積率に算入されないボーナス空間「インナーバルコニー」

容積率に算入されないボーナス空間「インナーバルコニー」 加藤幸彦(エス)です。 少しずつ空気が暖かくなってきているのを感じます。春は、もうすぐなのですね。 今日ご紹介するのは「インナーバルコニー」。外部だけれど、まわりを壁に囲まれた内部のような落ち着きのある独特な空間です。 暖かい季節になれば、自然と外の空気を感じたくなります。リビングのような居心地の良い外部空間「インナーバルコニー」をつくってみませんか。 写真の実例は、エスの作品「中庭のある白い家」...(続きを読む

加藤 幸彦
加藤 幸彦
(建築家)
公開日時:2012/02/22 10:20

ロフト(小屋裏収納)の定義とは

ロフト(小屋裏収納)の定義とは 確認申請の審査を受ける時、自治体や検査機関によって、 指導内容にバラツキがあることがあります。 ロフトなどは、その典型的な例かもしれません。   ロフト、正式には「小屋裏物置等」と呼ばれています。 指導の根拠となっているのは、 平成12年6月1日付けの住指発682号 「建築基準法の一部を改正する法律の施行について」という通達です。   【建築基準法の一部を改正する法律の施行につい...(続きを読む

奥山 裕生
奥山 裕生
(建築家)
公開日時:2011/03/11 23:00

シナ合板のクリア塗装のコツ(オスモカラー)

シナ合板のクリア塗装のコツ(オスモカラー) 加藤幸彦(エス)です。 インテリアの壁や天井で、僕がよく使うのが「シナ合板/オスモカラー塗装仕上」。自然塗料のオスモカラーは、仕上がりがやわらかくて、耐久性があり、いやな匂いもなく何より安全な製品です。エスの現場では重用しています。 シナ合板のやさしい木目を引き出すときは、やはり「クリア(透明」を採用することが多いです。ただし、クリア塗装には、気をつけるべきことがあります。それは「木の焼け」。 と...(続きを読む

加藤 幸彦
加藤 幸彦
(建築家)
公開日時:2012/03/14 11:00

残ってほしい風景

残ってほしい風景 緑の棚田は生命力があり美しいですが、冬の棚田も味があります いつまでも残ってほしい風景であり、心落ち着く景色です 石垣を積み上げて緩やかな傾斜地につくられた田んぼ、棚田 美しい景観は日本の原風景です 田植えや収穫期が一番強く美しい時期ですが、 穏やかな風景はいつでも落ち着く優しい景色です   M設計工房 三竹忍     M設計工房は、"価格以上のクオリティ"を心がけてい...(続きを読む

三竹 忍
三竹 忍
(建築家)
公開日時:2017/01/23 09:48

キッチン収納の工夫

キッチン収納の工夫 新築住宅の設計事例です。なんとか安くて使い勝手の良いキッチン収納を作りたい、ということで、ここでは、半分造作、半分市販の引出し収納を利用、という作戦にしました。 大工工事で吊り戸棚・棚板・カウンターを現場造作してもらい、その下にIKEAの収納(それもキッチン収納ではなく、クローゼット収納として売っているもの)をぴったりはめこんでいます。 引出しを家具屋さんにつくってもらうと高くなるので、なかなか...(続きを読む

山崎 壮一
山崎 壮一
(建築家)
公開日時:2010/07/28 12:52

長期荷重と短期荷重

建物の安全を確保するために、構造計算を行います。 その構造計算は、どのような力に対して行っているか? それは、長期荷重と短期荷重の2種類の力に対して構造計算を行っています。 今日は、長期荷重と短期荷重の言葉の解説を致します。 長期荷重:建物の自重や内部にいる人なの荷重など、建物に対して、常に(長期的に)かかっている荷重を長期荷重と言います。 ...(続きを読む

安藤 美樹
安藤 美樹
(建築家)
公開日時:2009/12/20 12:52

人生フルーツ/Life is Fruity

昨日はお休みでしたので、東中野にあるポレポレ座にて 高蔵寺ニュータウンなど数多くの都市計画(平たく言うと、街づくり計画)に携わってきた建築士、津端さんとその奥様のスローライフを描いた「人生フルーツ」を観て参りました。 タイトルの『人生フルーツ』 とは、Life is Fruity。の意味。 人生とはフルーツのようだ、というタイトル。 90歳の津幡修一さんと87歳の津幡英子さんの物語です。 ...(続きを読む

野瀬 有紀子
野瀬 有紀子
(一級建築士 インテリアコーディネーター)
公開日時:2017/01/10 14:25

吉田五十八の建築巡り

吉田五十八の建築巡り 吉田五十八(1894~1974)という昭和期に和風住宅の設計で活躍した建築家がいます。茶室の流れを汲むこれまでの数寄屋を、新素材や新工法で現代の生活に順応するような「近代数寄屋」として編み出すことで一世を風靡し、日本建築の近代化に貢献した人物です。 今でこそ伝統の部類に振り分けられ、様式として扱われる「近代数寄屋」も、当時としてはとても斬新なものでした。 吉田は主に住宅の設計をしていますが、美...(続きを読む

堀 紳一朗
堀 紳一朗
(一級建築士)
公開日時:2012/06/18 09:00

墨出しの七つ道具

墨出しの七つ道具 千代田区の''高級マンションリフォーム''工事は 解体も終わり、墨出しの確認をしてきました 墨出しとは 墨出しとは、設計図に描いてあった図面を、 実際の現場の床に移す作業と考えてもらえると、 イメージが沸き易いのではないでしょうか。 今回の現場では、カーペットと下地のフェルトを剥がした下地が、 比較的きれいなコンクリートの仕上げ面だったので、 現場の墨...(続きを読む

各務 謙司
各務 謙司
(建築家)
公開日時:2010/02/15 15:47

三世帯住宅 久が原N邸の一年点検

三世帯住宅 久が原N邸の一年点検 一年ちょっと前に竣工、お引渡しをした三世帯住宅の大田区N邸の、 一年点検に伺ってまいりました。 一年点検とは? 住宅が完成して引渡した日から計算して、 ちょうど一年経った時点での工務店の検査を 一年点検と言います。 建築基準法上で保証された点検ではありませんが、 住宅建設の請負契約の際に事前に決めてありましたので、 今回設計者として工務店の一年点検に立...(続きを読む

各務 謙司
各務 謙司
(建築家)
公開日時:2010/01/26 15:40

カラーフロアーとフローリングの違い

カラーフロアーとフローリングの違い カラーフロアー張り工事が始まりました。 カラーフロアーとは、合板に、木目の化粧プリント板を貼り、ダミーの目地が入っている、フローリング風の床材です。 賃貸とかの室内の仕様で、「フローリング貼り」と明記されていますが、ほとんどが、このカラーフロアーといわれる床材なのです。 張り上がりを見ると、見た目はフローリングと変わりません。 私どもが見ると一目瞭然ですが、...(続きを読む

松永 隆文
松永 隆文
(建築家)
公開日時:2008/10/29 16:29

山梨県商工会連合会にて

昨日は、山梨県商工会連合会の建設業部会セミナーのため甲府へ行ってまいりました。 テーマは「地域密着企業における共同受注の手法とワンストップ型経営の事例」という長いタイトルですが、山梨は日本で一番建設業が盛んという噂通り、受講された県内の方たちの意識の高さを感じました。 第一部の講義のあとに出席者の方々の意見交換会へ参加させていただきました。 各市町村毎にいろいろな試みをされ...(続きを読む

斉藤 進一
斉藤 進一
(建築家)
公開日時:2008/01/30 11:25

PIANOMAN HOUSE 竣工しました。

PIANOMAN HOUSE 竣工しました。 ピアノミュージシャンの為の住宅兼スタジオです。 20坪の敷地に建つ狭小住宅ですが、地下にスタジオを 内包し、リビングでも仲間と音楽を楽しめるスペースを 確保しました。 外観は、窓のカタチに想いを入れてみました。 これからシリーズでお伝えしていこうと思っています。 是非ご覧下さい。(続きを読む

仲吉 厚志
仲吉 厚志
(建築家)
公開日時:2007/02/17 00:00

自宅ロフトの固定階段

自宅ロフトの固定階段 少しご報告が遅くなりましたが、 8月初旬に自宅のロフト階段をリフォームしました。 自分の家の話で恐縮ですが、 とてもきれいに仕上がりましので お客様の中にもこのような階段を お考えの方がございましたら、 と思いご報告申し上げます。 これまでは木製はしご階段を利用しておりましたが 今回はすべて木製ではなく カツデンアーキテックという会社の スチールと木のコンビの階段を採用致しました。 ユニークな形...(続きを読む

野瀬 有紀子
野瀬 有紀子
(一級建築士 インテリアコーディネーター)
公開日時:2011/09/29 10:06

庇の取付

庇の取付 越谷の家の玄関上部に、庇を取り付けました。このような金物は川口市内にある金属加工工場で作っています。通常の住宅ではTOSTEMやYKKのカタログから選択したものを取り付けておしまいというのが一般的なものですが、ますいいではたいていこのように手作りの金物を使用しています。(続きを読む

増井 真也
増井 真也
(建築家)
公開日時:2010/07/01 09:18

三世帯住宅の雑誌撮影と取材

三世帯住宅の雑誌撮影と取材 ほぼ一年前に竣工、お引渡しをした三世帯住宅の大田区N邸が、 住宅雑誌「''住まいの設計''」に掲載されることとなり、 その撮影と取材に立ち会ってきました。 住まいの設計 「住まいの設計」は扶桑社が発行する 住宅設計の専門の老舗雑誌です。 建築家が設計したユニークな住宅の紹介コーナーでは、 デザインだけにとどまらず、''住まい手の生活の様子''や、 使い...(続きを読む

各務 謙司
各務 謙司
(建築家)
公開日時:2009/11/24 13:30

外観

外観 写真の建物は、足立区の関原に建てたクライアントの住宅を兼ねる 鉄筋コンクリート造5階建の賃貸マンションです。 敷地形状が道路に対し斜めに奥まっていくことより、 そのまま敷地を尊重し建物の形を考えるとバランスに違和感が生まれると 考えられた為、目の錯覚によりバランスを保てればと曲線を使用し設計しました。 仕上げはコンクリート打放しです。 よって非常に高い施工技術が...(続きを読む

牛込 哲也
牛込 哲也
(建築家)
公開日時:2007/01/31 00:00

スポーツジムの冬休み

(専門家プロファルからはこちらから←) 明日12/29からスポーツジムは冬休み今夜は年内最後のトレーニングへ行ってまいります。冬季は室内での運動が、血圧管理には良いですが、年末年始は屋外で運動してこようと思いますv  (続きを読む

斉藤 進一
斉藤 進一
(建築家)
公開日時:2016/12/28 18:12

坂道とハザードマップの関係――三鷹市から調布市にかけて激しく降ったひょうの現場リポート#01

坂道とハザードマップの関係――三鷹市から調布市にかけて激しく降ったひょうの現場リポート#01 7月にも間もなく入ろうかという6月も末の24日午後に、三鷹にひょうが雪のように、30~40cm はあろうかというほど、道路に白くつもっている映像をニュースで目にした。 重機がまるで雪国での除雪のように、道路に積もったひょうをシャベルですくい上げ、トラックに積 み込む様子も見られた。 私の所は三鷹駅の北側になり、住所でいえば武蔵野市になるが、最寄駅は三鷹なので、こちら ではひょう等降らなかったので...(続きを読む

上村 美智夫
上村 美智夫
(建築家)
公開日時:2014/07/10 18:21

賢い間取り ~ホール・廊下編~

賢い間取り ~ホール・廊下編~ 日本の住宅で、特に問題だと思うポイントの一つが、廊下や、階段上のホールなど、「通路」として使われるパブリックスペース。 一日のうちで一番使われることが少なく(通る時しか使わない)、風通しも日当たりも悪いこの空間。果たして必要でしょうか?   海外の住宅を見てみると、「暗いホール」というのはほとんどありません。階段も吹き抜け状態になっており、階段上のホールはある程度広くて明るいのです。 日本...(続きを読む

松岡 在丸
松岡 在丸
(建築プロデューサー)
公開日時:2013/04/26 09:00

断熱工事

断熱工事 大田区で進行中の「ヨロイ」。 断熱工事が進行中です。 屋根、壁に断熱材を充填していきます。 丁寧にひとつひとつ、柱間に留めてくれています。 本日よりボード屋さんによる、プラスターボード張りが始まります。 (続きを読む

松永 隆文
松永 隆文
(建築家)
公開日時:2012/07/25 17:22

ご注意!防火設備の認定不適格。

先月、区役所へ建築確認申請を提出したさいのこと。 窓口で担当者に 注意してね。と いわれた件です。   防火設備としてのアルミサッシ で 認定不適格のものが公表と。 http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000223.html http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000201.h...(続きを読む

岩間 隆司
岩間 隆司
(建築家)
公開日時:2011/03/10 14:29

「大きな木の下の家」基礎工事ー1

「大きな木の下の家」基礎工事ー1 「大きな木の下の家」の地盤は、地盤調査の結果、0.75m〜2.0mの深さに比較的柔らかい層があったが、今回の計画は比較的軽い平屋建てのため、比較的柔らかい、といっても地盤許容応力度で20kN/m2以上は見込めること、ベタ基礎で計画していること等から、地盤改良は行わず、充分転圧して基礎を施工するものとした。  コストを下げるため捨てコンは施工しない計画にしていたが、墨付けができないので外周フーチ...(続きを読む

野平 史彦
野平 史彦
(建築家)
公開日時:2009/12/16 18:21

和モダンな外観のつくり方「平屋編」

和モダンな外観のつくり方「平屋編」 平屋ならでは、水平に低く伸びるような深い軒をもつ家。 まさに日本的な造形です。 高床になっているのもこの家の特徴です。 脚になるところには、浅間石に似たタイルを張って、軽井沢の風景に馴染むようにしています。 敷地に余裕があるところでは、平屋がよいですねぇ。 詳しくは、ホームページをご覧ください! http://www013.upp.so-net...(続きを読む

鈴木 宏幸
鈴木 宏幸
(建築家)
公開日時:2009/09/19 00:00

練馬区栄町/完成にむけて、内装仕上げ工事中です!

練馬区栄町/完成にむけて、内装仕上げ工事中です! M様がインターネットで取り寄せられたフラワーハンギング。 玄関ドアの横にきれいにつきました。(写真左) 音楽室の壁一面の造り付け本棚。 隣の部屋との境界壁に設けることで防音効果も期待できます。 小さなユニット本棚を造りそれを組み上げてゆきます。(写真は弊社ブログにてご覧下さい) 下面一面につきました。 上面もびっしりと本棚になります。(写真は弊社ブログにて...(続きを読む

野瀬 有紀子
野瀬 有紀子
(一級建築士 インテリアコーディネーター)
公開日時:2009/08/06 20:39

魅力的な空間へデザインリフォーム #2

魅力的な空間へデザインリフォーム #2 暮らしの中で、生活スタイルの変化や家族構成の変化がきっかけで、今ある暮らしの空間を変えてみたい、こうしたらもっと快適に暮らせるのではないか? という時があります。 「デザイン・リフォーム」とは、まさに言葉どおり、いまある空間をより生活しやすく魅力的に、デザインや色彩、使い勝手や暮らしやすさを高めるために考えた改装や改築のこと。  今回ご紹介するのは、居室として使えるロフト付の洋室(6畳)...(続きを読む

酒井 正人
酒井 正人
(建築家)
公開日時:2009/03/08 15:02

7mスパンの大開口

7mスパンの大開口 大胆な引込戸で、「うち」「そと」のあいまいな境界がつくりだす世界を愉しんでください。 7mスパンの大開口の引込戸は、小住宅をより豊かなものに変えてくれます。 詳しくはホームページをご覧ください。 http://www013.upp.so-net.ne.jp/atelier137/(続きを読む

鈴木 宏幸
鈴木 宏幸
(建築家)
公開日時:2009/02/22 08:00

ナチュラルに暮らす空間〜伝統と暮らし

ナチュラルに暮らす空間〜伝統と暮らし 日本の住まいの伝統は、壁らしい「壁」がない「柱と梁」で造られる木造家屋にあります。 床は畳や板張りで、空間を仕切るのは襖や障子などの建具で、それらを開け放せば住空間がつながり、外と中までもが一体に感じられるようなフレキシブルな空間構成が日本家屋の特徴でした。  それは、日本の湿度の高い気候や靴を脱ぎ床に座る日本人特有の生活スタイルから生み出された、日本人の知恵であり、長い歴史のなかで築い...(続きを読む

酒井 正人
酒井 正人
(建築家)
公開日時:2009/01/04 15:17

外張り用断熱材の隠された問題点

実は、外張り断熱に用いられる断熱材には、隠された問題点があります。    フェノールフォーム以外の発泡プラスチック系断熱材は、相変わらず経時劣化という問題を抱えているのです。  それは、細かな気泡の中に挿入された断熱効果ガスが次第に空気と入れ替わり、断熱性能が低下してしまうという現象ですが、早いものでは5年ほどで断熱効果ガスが抜けて断熱性能が約20%減少してしまうのです。 ...(続きを読む

野平 史彦
野平 史彦
(建築家)
公開日時:2008/11/11 17:35

都心2人暮らしの住居

都心2人暮らしの住居 都心で暮らす30代、40代のDINKS(共稼ぎ夫婦2人家族)をターゲットに、落ち着ける時間・・と豊かな気分になれる住空間をコンセプトにデザインした都市型マンションの住居です。 リビングにはゆったりと寛げるオリジナルソファをレイアウトし、TVボードはこの部屋の雰囲気を創りだす間接照明の役割も担います。 マスターベッドルームはラグジュアリーなホテル空間のように、機能的で清潔感を感じ...(続きを読む

酒井 正人
酒井 正人
(建築家)
公開日時:2007/08/14 00:00

御引渡し

御引渡し 建物の取扱い説明を行い、クライアントに御引渡しをしているところです。 これまで数多くの打合せを行い、皆さんのアイディアから建物の完成を迎えた この時は感無量です。 設計・監理業務をご依頼してくださったクライアントに改めて感謝です。(続きを読む

牛込 哲也
牛込 哲也
(建築家)
公開日時:2007/05/19 00:00

ガラス取付

ガラス取付 階段ホールの吹抜部に設置したカーテンウォールのガラス取付です。 東側に位置している為、このガラスを通って朝日が綺麗に入ってくる事でしょう。 出来上がりが楽しみです。 しかし、こうして現場をまわると、そのたびに建築現場は命懸けだ思います。(続きを読む

牛込 哲也
牛込 哲也
(建築家)
公開日時:2007/02/26 00:00

Q&A  太陽光発電はお薦めですか?

Q&A  太陽光発電はお薦めですか? (ご質問) この数年太陽光発電を載せるのが流行っていますが、固定買取制度なども無くなりそうで、設置するかどうか悩んでいます。どうすればいいでしょうか? (八納の回答) 答えは「太陽光発電をのせるのなら、ある一定以上の建物性能以上の場合がお薦め」です。 最近、「今、ソーラーパネルをのせて売電すると、住宅ローンも軽減出来ますよ。弊社ならソーラーパネルを安く設置できますのでメリットが大きいです...(続きを読む

八納 啓造
八納 啓造
(建築家)
公開日時:2017/01/10 12:21

建物の位置出し

建物の位置出し 台東区で進行中の「御徒町テナントビル」。 敷地に建物の位置や大きさを出し、図面との相違が無いか?の確認をします。 色付けされた木杭と水糸及びナイロンヒモなどで、原寸大の建物を描きます。 赤い杭が柱芯、青い杭が壁芯を示しています。 台東区で進行中の「御徒町テナントビル」。 敷地に建物の位置や大きさを出し、図面との相違が無いか?の確認をします。 色付けされた木杭と水糸及びナイロンヒ...(続きを読む

松永 隆文
松永 隆文
(建築家)
公開日時:2016/01/20 09:12

【土・日・祝も対応!】注文住宅や一戸建て建売の内覧会に同行します!

【土・日・祝も対応!】注文住宅や一戸建て建売の内覧会に同行します! ★ 一戸建て内覧会同行サポート ★ 産経新聞に紹介されました一戸建ての内覧会同行サポート!! 一戸建ての内覧会はどこをチェックすればいいのか??? 戸建ての内覧会が迫っていて、自分ではどこをチェックしたらいいかわからない・・・ そんな悩みってありませんか?   ◆このような方にはおススメです◆ 注文住宅の竣工検査に専門家の立ち会いをしてほしい・・・という方 一戸建ての建売住宅を...(続きを読む

寺岡 孝
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
公開日時:2014/03/13 14:00

心房細動 カテーテルアブレーション1

さて続き。   去年6月の健康診断。 心房細動(不整脈の一種) と診断されました。 健康しか取り柄が無い私でしたから、 何とも、不意打ちを食らった気分。     心臓病に肥満は大敵。 当時102キロ程度の体重があったので、 医師にダイエットを勧められ、 1年で20キロ痩せました。 ダイエットは米を減らして野菜を多くしただけ。 全然キツクなかった。 心房細動のおかげで痩せ...(続きを読む

吉田 武志
吉田 武志
(建築家)
公開日時:2013/05/23 16:16

地震の大きさと被害の関係 マグニチュード

地震の強さを表す単位は複数あります。それらの単位は地震の一部の側面しか捉えていませんので、様々な誤解が生まれます。単位全ての概要を把握していないと地震の実態を掴む事が出来ません。単位の概要を把握して、地震の実態を正しく把握することにより、将来襲うと思われる地震の対策が可能となるのです。 津波に関しては、船の様な家を造らない限り防ぎようがありませんが、地震は打つ手が幾らでもあります。 地震そのもの...(続きを読む

福味 健治
福味 健治
(建築家)
公開日時:2013/01/26 09:03

フローリングによる居心地デザイン/広葉樹系(1)

フローリングによる居心地デザイン/広葉樹系(1) 加藤幸彦(エス)です。 床材が、インテリア素材の中で最重要であることは、先日のコラムで触れました。敏感な足の裏の感触で空間の心地良さが左右されるからです。 では、具体的な素材の選び方を、見ていきましょう。まずはフローリング。その中でも、採用頻度が高いのはタモ材やナラ材、あるいはアッシュやオークといった広葉樹系の樹種です。広葉樹系は、表面が比較的硬いものが多く、キズがつきにくく、肌触りもさらっとして...(続きを読む

加藤 幸彦
加藤 幸彦
(建築家)
公開日時:2012/04/02 11:48

必ず素足で確かめてみる(床材の選択)

必ず素足で確かめてみる(床材の選択) 加藤幸彦(エス)です。 インテリアの素材選びにおいて、いちばん重要なのは「床材」だと思います。もちろん壁や天井、家具なども大切ですが、やはり「床」が大切。 僕の持論ですが、どんなにローコスト住宅でも、床材だけは出来うる範囲で最上の選択をするべきです。それは、高級なものを選ぶべき..ということではありません。気に入ったもの、自分たちが気持ちのいいものを、絶対に選択するべき..ということです。 それに...(続きを読む

加藤 幸彦
加藤 幸彦
(建築家)
公開日時:2012/03/28 11:00

夫婦ふたりの家6

夫婦ふたりの家6 50代の夫婦の家(2) 50代の場合、すでに家を持っていらっしゃって、2回目の家づくり という場合も多いと思います。 次の事例は、お住まいの家を、リフォームされたご夫婦の話しです。 リフォームも「家づくり」なのです。 ** 事例2:憧れの木造民家。家をどうするか長年迷い、出した結果はリフォーム Kさんご夫婦は、端正な住宅地の家を買われて20年経ちました。奥様は、...(続きを読む

志田 茂
志田 茂
(建築家)
公開日時:2012/01/21 13:51

ざわざわ森ペットクリニック 待合コーナー。

ざわざわ森ペットクリニック 待合コーナー。 このところ、最高気温も氷点下の日が多く、すっかり真冬の札幌です。 すっかり遅くなってしまいましたが、 先日竣工した、岩見沢の動物病院、「ざわざわ森ペットクリニック」のご紹介を少し。 ただいま開院準備中ですが、1月中にはオープンのようですよ。 写真は待合コーナーの様子。 梁や針葉樹合板の木の質感を表しつつ、床は大判の磁器質タイルで柔らかい空間になっています。 中からは、まるで木立の中に居るか...(続きを読む

石塚 和彦
石塚 和彦
(建築家)
公開日時:2011/12/19 00:20

こどもの夢を育む家

こどもの夢を育む家  先日、ある雑誌に「こどもの夢を育む家」というテーマでお話させていただく機会がありました。こどもの立場から住まいを考える。・・・これからの家づくりでとても大切な事だと思います。私が所属する「こども環境学会」の代表 建築家の仙田満先生が以前、日本で活躍する建築家50人にインタビューしたところ、その90%が子供時代の経験が今の仕事に影響していると答えたそうです。自分も全く同じ。自分の原風景は、仙台の田...(続きを読む

遠野 未来
遠野 未来
(建築家)
公開日時:2011/12/07 10:14

練馬区谷原5丁目/上棟しました!FP屋根遮断パネル取付しました。

練馬区谷原5丁目/上棟しました!FP屋根遮断パネル取付しました。 9月27日(火)に上棟致しました。 写真は上棟後にすぐ現場に搬入される屋根の断熱材です。 FP工法の屋根遮断パネルです。   ●FP工法についての詳細は、FPグループホームページもどうぞご覧下さい。↓↓ http://www.fp-group.gr.jp/fptanken/   455mmピッチで取付した垂木の間に遮断パネルを落とし込みします。 シルバーパットと呼んでおりますが、ア...(続きを読む

野瀬 有紀子
野瀬 有紀子
(一級建築士 インテリアコーディネーター)
公開日時:2011/10/02 10:00

家は「道具」だ(3)

『家は「道具」だ』というタイトルでありながら、なかなかそのような話にならないがご理解いただきたい。まず、前置きとして、「消費主義感覚に凝り固まった意識をほぐす」必要があるのだ。 さて、そんなわけで前回の続きである。 「家づくりは難しい。」 なぜか?一言で言えば、 「家を考える時点では、家を決定づける要因があまりにも乏しいから」である。 つまり、これからその家で生活していくであろう方達のイ...(続きを読む

小林 良
小林 良
(建築家)
公開日時:2010/11/10 12:33

愛知ゆとりある住まい 講演に行きます!

愛知ゆとりある住まい 講演に行きます! 少し先のお話ですが、10月愛知で開催されます 【愛知ゆとりある住まい展】へ伺います。 【愛知ゆとりある住まい展】は、愛知ゆとりある住まい推進協議会という団体が中心となり中日新聞社、愛知県、名古屋市が後援して行われる年に一度の住まいイベントのようです。 大変光栄な事にインテリアセミナーの講演をさせていただきます。 どんなにステキな家が提供されても、そこでの暮らしが実現できなければただのハ...(続きを読む

青木 恵美子
青木 恵美子
(建築家)
公開日時:2010/09/01 14:28

はじめにその三

はじめにその三 はじめにその三は要望を伝える  流行に左右されることのない、飽きのこない間取りや構成部材、 だんだんと増えてくる雑多な生活用品に負けない力強い空間。 壁一面の大収納など、豊かな生活を送るアイテムは様々です。 具体的に要望がまとまり伝え、設計士のアイデア、 提案がしぼりだされオリジナルな世界にたった1つの家が生まれます。 忘れてはならないのが、光や風といった自然をどうやって取り込んでいく...(続きを読む

中村勝己
中村勝己
(建築家)
公開日時:2010/07/21 09:46

冷たい浴室床、コルク張りリフォーム

冷たい浴室床、コルク張りリフォーム 白金台のマンションリノベーションでは、 リフォームはデザイン面だけでなく、 機能的なグレードアップ工事も 行っています。 石張りの床の問題点? 高級マンションでありがちなのが、 床に大理石を多用することです。 照明が壁が床に移りこんで、見た目にとても豪勢で、 目を奪われてしまうようです。 夏には冷たくて気持ちよい大理石床ですが、 冬にはヒ...(続きを読む

各務 謙司
各務 謙司
(建築家)
公開日時:2009/09/11 15:59

15,927件中 1~50 件目