施主との出会い・・・・ 施主の言葉 (後) - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

志田 茂
志田茂建築設計事務所 代表
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

施主との出会い・・・・ 施主の言葉 (後)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
これから家をつくる人へ 設計事務所とつくる


施主の方との出会いはいろいろありますが、HPとブログを読んで興味・共感を持っていただき、お問い合せのメールをいただく事が多くなっています。そして、メールの中の施主の方の思いのこもった素敵な言葉に、私はやられてしまいます。

その幾つかをご紹介します。


--------------------------------------------------------------

[ 鳥牛之家 ]


> 夫婦二人で楽しく、丁度良く暮らせる家にしたいと思っています。

--------------------------------------------------------------

*丁度良く暮らせる家・・・ぐっときました。

とても強い「欲望」感などまったく感じられず、こちらが胸をキュンとしてしまうほど ただただ純粋に「穏やかにくらせる家があればいい」 という雰囲気を感じました。


--------------------------------------------------------------

[ にしこいの家 ]


> 志田さんのブログのなかに,「普通」がいい,一番難しいという話 があったと思いま

> す。まさに私が意識していることです。コップひとつ選ぶときでも,すごく普通の

>デザインなんだけど なんだかいいな というものについつい手が伸びます。なのでこの

> ブログの話を見つけたときとてもうれしい気持ちになりました。

--------------------------------------------------------------

*「普通がいい」という話をだされてしまうと、もうダメです。もちろん「普通」というのはいろんな解釈ができますが、他に書かれていた事含めて、ただ、「背伸びする事なく簡素で気持ちいい普通」を求められていらっしゃいました。

--------------------------------------------------------------

[ マニハウス ]


> LWHに惹かれて、ここまでまいりました。

> そのコンセプトを継承する家を設計していただき

> 住むことができる日を家族4人、本当に楽しみにしております。

--------------------------------------------------------------

*土地探しやその契約などでご苦労されたんだと思いますが、そんな苦労話は微塵も出さず、多くを求めず、ただただ家族4人の家ができる事を楽しみにしているオーラで満ちていらっしゃいました。「この人達のためにやらなければいけない」事になっていたような・・・


--------------------------------------------------------------

[ LWH002 ]


> 趣味の車とバイクをしっかり雨風から守るガレージを1Fに設ける事だけ

> は譲れない点ですが、その他は望みません。

> 細かい部屋割り、一切不要です。壁も天井も、構造物がむき出しになって

> いるので全く問題ありません(寧ろその方がカッコいい)。

--------------------------------------------------------------

*「その他は望みません。」・・・・なんと潔いい人なんだ!と思いました。倉庫のような家を求められていたんですが、この人は必ずそうゆう家に住める!と、その言葉を読んだ時に確信しました。


--------------------------------------------------------------

[ LWH001 ]


> 収納満載、物置の様な家は必要有りません。

> 願わくば、建物をミニマムにし、余剰部分で、

> 広葉樹の成長を楽しみたいと考えています。

--------------------------------------------------------------

*「願わくば・・・」そのくだりに心躍りました。私が考えるLWHのコンセプトそのものですし、人生観としてもとても共感する事だったのです。施主は当時まだ30歳という若さでしたが、この人とやってみたいと思いました。

そして最後に、生涯、これ以上の「ころし文句」はないんじゃないかと思うのが・・・


--------------------------------------------------------------

[ Ritoh(リト) ]


> 私が家を建てる時、志田さんにお願いしたいです。

--------------------------------------------------------------

*ずばり書かれていて、読んでドキドキしました。設計依頼のメールとして、これ以上の言葉はないです!ですが、この他に簡単にご家族の事と、「土地がみつかったらお願いします」と書いてあっただけ。次にメールをいただいたのが、7カ月半後。。

あまりに短いけれど、本気のメールだ とは思っていました。うれしくてずっと大切にしていました。でも次に来る事はないかもしれないと思っていただけに、その「次のメール」をいただいた時の驚きとうれしさといったら・・・。後で聞くと、ご本人は「キープした」と言われましたが、となれば、完全に「生ごろし」でした^^。


他の施主の方達もみなさん 素敵な言葉でご自分の思いを伝えてくださいました。そんな言葉に人柄を想像し、初めてお会いする時には、ドキドキし、でも、その言葉どおりの方でほっとし、その人の(ご家族の)ために設計できる事がとてもうれしくなります。


こうして改めて 初期のメールを見てみると、私の施主の方達は、求められているのは同じようなものなんだなぁと思いました。


このコラムに類似したコラム

竣工しました 松永 隆文 - 建築家(2016/07/01 15:26)

ガーデニングが進んでいます(^-^) 浜田 肇一 - 工務店(2013/10/05 15:25)

■土地探しと同時に考えること。 竹内 隼人 - 建築プロデューサー(2013/07/13 01:17)