著作者の伝達権(著作権法23条2項)とその制限(38条3項) - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

著作者の伝達権(著作権法23条2項)とその制限(38条3項)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
 
著作権法
 
第二十三条  著作者は、その著作物について、公衆送信(自動公衆送信の場合にあつては、送信可能化を含む。)を行う権利を専有する。
 著作者は、公衆送信されるその著作物を受信装置を用いて公に伝達する権利を専有する。
 
第三十八条  公表された著作物は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金(いずれの名義をもつてするかを問わず、著作物の提供又は提示につき受ける対価をいう。以下この条において同じ。)を受けない場合には、公に上演し、演奏し、上映し、又は口述することができる。ただし、当該上演、演奏、上映又は口述について実演家又は口述を行う者に対し報酬が支払われる場合は、この限りでない。
 放送される著作物は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない場合には、有線放送し、又は専ら当該放送に係る放送対象地域において受信されることを目的として自動公衆送信(送信可能化のうち、公衆の用に供されている電気通信回線に接続している自動公衆送信装置に情報を入力することによるものを含む。)を行うことができる。
 放送され、又は有線放送される著作物(放送される著作物が自動公衆送信される場合の当該著作物を含む。)は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない場合には、受信装置を用いて公に伝達することができる。通常の家庭用受信装置を用いてする場合も、同様とする。

このコラムに類似したコラム

「一問一答集 著作権法・不正競争防止法」、その2 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/01 00:23)

共同著作物 村田 英幸 - 弁護士(2012/12/28 14:45)

複製権(著作権法21条)と譲渡権(26条の2) 村田 英幸 - 弁護士(2012/12/28 13:13)

公益社団法人 著作権情報センター 著作権研究会セミナー 金井 高志 - 弁護士(2016/01/18 09:53)