身体の中の「アクセル」と「ブレーキ」 ◎無敗脳ヨガ道場◎ - ヨガ全般 - 専門家プロファイル

辻 良史
筑波大学発ベンチャー(株)サイバー・ヨガ研究所 代表取締役
東京都
博士(体育科学)

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

身体の中の「アクセル」と「ブレーキ」 ◎無敗脳ヨガ道場◎

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ全般
無敗脳

「火の呼吸」で一生負けない脳をつくる無敗脳ヨガ道場の辻です。 

 


現在は、科学技術も発達し、呼吸法の科学的な効果も簡単に測れるようになりました。 

 


息を吸うと、交感神経が強く働き、心拍数が増加します。 

 


反対に、息を吐くと副交感神経の働きが活発になり、心拍数が減少します。

 


ですので、  

一回の呼吸の中で、心拍数が速くなったり、ゆっくりなったりします。 

 


この呼吸の速さが変化することは、心臓がきちんと働いていることを意味しています。

 


専門的には、「呼吸性洞性不整脈(RSA)」といい、緊張状態ではこの機能が崩れてしまいます。

 


車で例えると、交感神経は「アクセル」で、副交感神経は「ブレーキ」の役割を果たします。

 


運転中にパニックになると、アクセルとブレーキを踏み間違えたりする事故が度々見受けられます。

 


緊張すると身体の中でも同じような誤作動が起こってしまうというわけです。

 


いつでも自分を客観的に見れる自分でいたいですね。 

 


本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

東京都 港区 田町【無敗脳ヨガ道場辻でした。

このコラムに類似したコラム

家入レオさんが言っていたことは本当! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/07/18 20:05)

格闘家と「火の呼吸」 ◎無敗脳ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2012/12/18 19:52)

ヨガの呼吸法はリラックス用ではない ◎無敗脳ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2012/12/12 13:51)

リアルの世界を生き抜くヨガを目指して! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/12/23 11:52)