所得税と相続税 - 決算対策・税金対策 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

所得税と相続税

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 決算対策・税金対策
経営 会計・税務

おはようございます、今日あたりから税理士事務所も本格的な確定申告ムードかと。

一年で一番の繁忙期、今年も平常心で。

 

税金と家族の関係について紹介しています。

課税対象がまとまっていると税金が高くなることを確認しました。

この性質が発揮される税金の代表例が

 

・所得税(個人の一年間の儲けに対して課せられる税金)

・相続税(個人が死亡したときに遺産額に応じて課さられる税金)

 

正確には法人税にもこの性質が軽く当てはまります。

が、ここでは除外しておきます。

 

この二つの税目の共通点は、課税対象が個人ということです。

昨今の税制改正の動向は、個人課税の強化です。

相続税の増税や所得税の税率強化がしょっちゅう話題に上ります。

超過累進性という性質も益々もってその効果を発揮することとなります。

 

だからこそ、節税の意味合いからも家族仲を保つことは重要になります。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

税制全体の動向 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/28 07:00)

税率 高橋 昌也 - 税理士(2013/01/29 01:00)

平成25年度税制改正の行方 菅原 茂夫 - 税理士(2012/12/12 09:38)

税制の傾向と生活のお話 高橋 昌也 - 税理士(2012/08/26 01:00)