今年も1月17日がやってきます - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今年も1月17日がやってきます

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●免震構造住宅

あと数日で阪神大震災から18年になります。

昨日の様に思いだす惨禍ですが、もう世間の1/4の人には震災の記憶がありません。地震の怖さは語り継がないと次代へ継承出来ないことです。東日本大震災も阪神大震災以上に多くの人命を失いました。
この二つの地震を比較すると、同じ震度7の地震でも少し質が違うように思います。阪神大震災では倒壊家屋の下で圧死や焼死した人が9割を占めるのに対し、東日本大震災は殆どが津波による溺死でした。東日本大震災では、建物の倒壊件数は少なかったのです。それは、16年間の間に住宅の耐震化が進んだ訳ではなく、また、雪国の為建物が頑丈に出来ていた為でもなく、地震の質が違ったことにあります。

震源地が近く都心に近い場所で地震が発生すれば、今でも阪神大震災以上の建物が倒壊する地震が発生すると思っています。揺れ方の質の違いに対応した、建物の構造の判断基準の変更が待たれるところですが、今のところその動きはありません。
今、私たち自身で防衛出来る事は、法律で定める基準は最低限のことと認識して、それ以上に頑丈に家を造る事以外にありません。それも第三者から客観的に評価されて頑丈であると証明してもらう事が大事になるでしょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●免震構造住宅」のコラム

縦揺れで家が潰れるか(2013/11/10 23:11)

失礼な電話(2013/09/18 08:09)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

本当に久しぶりの更新になってしまいました。耐震改修に取り組んでいます 木下 泰徳 - アップライフデザイナー(2016/10/01 15:02)

耐震等級と免振構造の基本 伴場 吉之 - 建築家(2012/10/07 08:34)

耐震基準って? 青沼 理 - 建築家(2011/12/25 11:52)

3階建て住宅の構造 富樫 孝幸 - 建築家(2011/11/10 14:44)

かんたん耐震補強 その1 遠藤 浩 - 建築家(2011/04/21 23:50)