ITビジネスの健全化 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ITビジネスの健全化

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日はITビジネスの健全化についてのお話です。

スルガ銀行は、日本IBMに111億700万円の損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提起したと発表しました。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080306/295561/

「新経営システム」の開発を委託したが、「IBMの債務不履行」により開発を中止せざるを得なくなった」(広報)ことにより被った損害や逸失利益などの賠償を求めたとのことです。

提案や契約などのプロセスが比較しっかりしている外資系大手ITベンダーであるIBMに対する訴訟ということで、ITビジネスの難しさを改めて実感します。

一方でITサービス会社に対する「工事進行基準の適用」といった動きもあります。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20071116/287299/

簡単に言ってしまうと「契約段階でサービス内容をきっちり決めて顧客と合意し、その内容をプロジェクトとして粛々と進めていきましょう」ということです。

見積もりの難しさ、プロジェクト管理の難しさ、顧客対応の難しさなど、実体感に乏しいITビジネスならではの問題と言えるでしょう。

但し、「新3K」などと呼ばれているIT業界の厳しい状況を改善していくためには避けて通れない道だと言えます。

ITベンダーと顧客双方がWin-Winの関係になるためにも、ITビジネス健全化の動きは進めていくべきです。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)