今年もどうぞ宜しくお願いします - 女性のキャリア・仕事と家庭 - 専門家プロファイル

宇江野 加子
スロータイズ 出産・育児期女性の為のキャリアカウンセラー
キャリアカウンセラー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今年もどうぞ宜しくお願いします

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. 女性のキャリア・仕事と家庭
子育て期のキャリアコンサルティング

新年明けましておめでとうございます。

いつも当ブログをお読み頂きまことに有難うございます。

 

昨年は、お仕事において、ほんとうに沢山の方との良き出会いに恵まれました。

将来像を明確にしたいとセミナーを受講して下さった方達。

仕事と育児に追われる毎日の悩みを相談して下さったワーキングマザーの方達。

対面やメール、スカイプなど、様々な手段を通して

沢山の方と出会う事が出来ました。

 

また「出産・育児期の女性をサポートしたい」

という想いを持った仲間や先人との出会いにも恵まれました。

 

本当に有難うございます。

 

そして、今年も

「出産・育児期の女性の“私らしく生きる“をサポートする」という使命を胸に

沢山の方と出会えることを願っています。

 

私が、出産・育児期にこだわっているのは

私自身、出産・育児期に大きな葛藤を抱えた経験があるからです。

 

その葛藤とは、以下のようなものでした。

 

・自分のキャリアプランが育児によって思うようにならない

・夫婦関係の葛藤

・実母との葛藤

 

さらには、

一人の女性としての自信がゆらいだ時期でもありました。

専業主婦になることで社会的地位が低下したように感じたり、

自分らしくない自分が現れ、自分がコントロールできない恐怖を感じました

 

私の場合は、偶然、第一子育休中に通学した「キャリアカウンセラー養成講座」で

様々な心理学や手法を学ぶ機会に恵まれ、自分なりに葛藤を乗り越えることができました。

 

この葛藤は、自分だけのものだと思っていたのですが

沢山の方のお話を伺うと、どうもそうではなく、大勢の方が悩んでいることがわかったのです。

親になるということは、大きな葛藤を伴う事なんだと実感しました。

 

また、残念なことに数年前2年続けて、

学生時代の寮の後輩と夫の高校時代の友人が

この葛藤に困難を覚え、自ら命を絶ってしまいました。

 

特に夫の高校時代の友人は、北欧雑貨店を営み、本も出版するなど精力的な方でした。

 

再会の約束を果せないまま5年が経った頃、たまたま図書館で彼女の本を見つけ、

彼女の本が手元にある時に、既に彼女が半年前に命を絶ってしまっていたという連絡を受けたのです。

 

そして、彼女が産後の葛藤に苦しむ様子や、実母との葛藤を綴った新聞コラムを

読ませてもらい、ああ、あの時連絡していれば。。。という後悔の気持ちで胸が苦しくなったものです。

 

そして、今でも彼女達のことを思うと胸が痛みます。

 

彼女達から託されたことを胸に

出産・育児期の女性にこだわって、葛藤を成長の糧とする方法をお伝えすること

あなたの「私らしく生きる」を応援していきたいと思います。

 

今年も、講座や個人カウンセリングで「受けてよかった♪」とおひとりおひとりに

満足頂ける様がんばります。

 

改めまして、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

コラムをお読み頂き有難うございました。

 

☆ 『わたしらしくそだてる・はたらく』応援マガジン登録はこちらから ☆

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.reservestock.jp/subscribe/6669

 

 

このコラムに類似したコラム

「働きたい」と「子育てに専念したい」のジレンマ対処法②-子育て期のキャリア選択 宇江野 加子 - キャリアカウンセラー(2013/08/21 16:52)

子育て期のキャリアチェンジ成功の秘訣 宇江野 加子 - キャリアカウンセラー(2013/05/23 10:22)

「頑張っている女性」その後 高田 裕子 - キャリアカウンセラー(2013/05/23 09:57)

育児の徒然~ママ、笑って! 藤崎 葉子 - キャリアカウンセラー(2012/10/30 10:24)

★キャリアカウンセリング電話サービス開始! 藤崎 葉子 - キャリアカウンセラー(2012/06/16 18:30)