背中に目と耳はありません。さて、どうしましょうか? - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

背中に目と耳はありません。さて、どうしましょうか?

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル
プロとして生きる! キャリアを磨こう

売り場のショーケースの前に立ちはだかって

(いるように見える)

携帯電話でお話し中のお客様。

別のお客様がショーケースの中を覗き込もうとしているのに、

一向に動く気配はありません。


さて、皆さんならどうしますか?


素敵な販売員の対応

さりげなく、お客様にメモをお渡ししてみてはいかがでしょうか?

「お客様、こちらで、ゆっくりお話し下さい。ご案内いたします」

と、書いておきましょう。

うなづいて、承諾されたら、

別のお客様のお買い物に邪魔にならないところへ導き、

ゆっくり、大事なお話しを続けていただけるよう、

笑顔で会釈して離れましょう。


この対応のポイントの1つは、

メモの内容です。

他のお客様の邪魔になる

的な表現をしないようし工夫することです。

どちらも大切なお客様ですから、

「他のお客様の邪魔になりますので・・」という表現では、

このお客様の立場を失くしてしまいます。

もちろん、お客様の電話のマナーもどうかと思いますが、

そう悟られないよう、工夫することです。

また、いきなり背中を軽くたたいたりして気づかせるというのも

避けましょう。

背中から声を避けられて、ビックリした経験は、

誰にでもあると思います。

視野に入る位置で、腕のあたりにタッチする・・という応対が

ぎりぎりのラインでしょう。

今日も楽しい接客を。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「プロとして生きる! キャリアを磨こう」のコラム

逃げたい日もある(2016/12/08 10:12)

苦手な人との距離の取り方(2016/12/06 10:12)

「目を養おうよ!」(2016/12/05 16:12)

人生の基本は・・・(2016/12/04 09:12)

このコラムに類似したコラム

謝罪の言葉の真偽 北島侑果 - 司会者(2013/04/21 22:59)

話の間(ま)はどうやって取るの? 北島侑果 - 司会者(2013/03/26 23:56)

正しい緩急の付け方 北島侑果 - 司会者(2013/03/23 21:44)

正しい腹式呼吸とは 北島侑果 - 司会者(2013/03/20 18:42)

技(スキル)を鍛える 有村 友見 - 研修講師(2011/11/25 22:00)