「ブレスウォ-ク」〜ウォーキングヨガの時間配分 ◎無敗脳ヨガ道場◎ - ヨガ全般 - 専門家プロファイル

辻 良史
筑波大学発ベンチャー(株)サイバー・ヨガ研究所 代表取締役
東京都
博士(体育科学)

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ブレスウォ-ク」〜ウォーキングヨガの時間配分 ◎無敗脳ヨガ道場◎

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ全般
美脳

「火の呼吸」で一生負けない脳をつくる無敗脳ヨガ道場の辻です。


「ブレスウォーク」は、ヨガ式のウォーキングですので、呼吸法をしながらウォーキングをします。


「ブレスウォーク」を初めて耳にされた方は、まずは下記の記事をお読みください。


「ブレスウォーク」とは?

「ブレスウォーク」の基本ステップ


昨日は、「ブレスウォーク」の基本のステップについて明記させていただきました。


ブレスウォークの「クイック スタート エナジー ブースター」は、やる気を高めたり、脂肪を燃やすためのプログラムですので、 

息を吸う時間の方が長く、また息を力強く吐くようにプログラムされています。


息を吸ったり、力強く吐く時に交感神経が優位に働きます。


交感神経が優位に働くと、アドレナリンが分泌され、脂肪の分解が始まります。


「カプサイシン」などの、とうがらし成分もこのアドレナリン分泌によって脂肪の分解作用が起きます


逆にリラックス専用のプログラムでは、息を吐く時間の方が長くなります。


これは、息を長く吐くことによってリラックスの神経の副交感神経が優位に働くからです。


下記にブレスウォークの「手順」と「時間配分」を明記させていただきます。


①まず、「火の呼吸」をご存知の方は、「ブレスウォーク」の前に3分ほどウォームアップとして行うとさらに効果的です。

②その日の自分のコンディションを確かめるように通常のウォーキングをします(2分間)。

③いよいよ「ブレスウォーク」スタートです!

 ご自身のご都合に合わせて、

 下記の3つのコースから「時間配分」をご選択下さい。


「ブレスウォーク」の時間配分:

20分コース: 3⇒(2)⇒5⇒(2)⇒7⇒(2)

40分コース: 3⇒(2)⇒5⇒(3)⇒10⇒(5)⇒5⇒(3)⇒3⇒(2)

75分コース: 3⇒(2)⇒5⇒(3)⇒10⇒(5)⇒10⇒(10)⇒10⇒(5)⇒5⇒(3)⇒3⇒(2)

 

 単位: 分


( )内の各数字は、通常のウォーキング時間です。


それ以外は、「ブレスウォーク」をする時間です。


つまり、

「ブレスウォーク」では、間に通常のウォーキングを挟むことによって、

 

ヨガでいう「シャヴァアーサナ(ヨガのリラックス姿勢)」同様に体内の変化を意識的に感じ取る時間が設けられています。


これがとても重要で、体内への意識が深まることで、脳の「」や「背内側前頭前野」と呼ばれる特定の脳部位が強化されていきます。


結果、

脳が活性化され、身体感覚が研ぎ澄まされていきます。


本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

東京都 港区 田町【無敗脳ヨガ道場辻でした。

このコラムに類似したコラム

6-8週間で脳の構造自体が変化する 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/05/06 07:00)

『ストレスの「見える化」!- 前編 -』 ◎無敗脳ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/02/16 07:00)

『なぜかリラックス目的の呼吸法が多い…』 ◎無敗脳ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/01/31 22:00)

働く女性のストレス解消法「ブレスウォーク」 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/01/14 22:17)

「ブレスウォーク」~基本の呼吸ステップ~ ◎無敗脳ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/01/07 05:00)