身の丈の家 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社APOLLO一級建築士事務所 
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

身の丈の家

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
トーキョー狭小住宅シミュレーション
狭小住宅とは、「限られた敷地の中で、いかに豊かな空間を作り上げるか」という基本的命題に加え、「身の丈(たけ)の家」であるべきだと考えます。
敷地の小ささを「個性」と捉え、大きな空間では実現できない、独創性の高い小さな空間を目指すのが良いでしょう。

「狭小」という敷地に存在するある種の欠落感こそが、個性を表現するための優れた余白であり、結果として、住まい手のライフスタイルが反映された住宅となる必要条件と言えるでしょう。
すなわち「小さいこと」はそれだけで個性的なのです。

身の丈とは、自分に過不足なくフィットする大きさですから、常にその中心は「人」です。
既成の空間を、自分にフィットさせるのは簡単なことではありません。「身の丈」というのは、体にあわせて空間をつくることが前提であり、住まい手にとっては、この上ない楽しみです。

身の丈の空間には、自分自身の輪郭が浮かび上がりますから、変化する等身大の鏡を見ながら生活するようなものです。
それゆえ、日常の小さな変化や楽しみに気がつき、感動や喜びが味わえるのではないでしょうか。

最近は、若手建築家も身近な存在になり、彼らの建築デザインの対象も、小さなものにシフトしているようです。
これからの住まい手は、自分好みの上質な生地を使って、マイサイズの洋服をデザイナーにオーダーするような軽やかさが、一般的になるでしょう。

そこには、30年前の都市住宅のようなストイックさは必要ありません。
突出した個性も悪くありませんが、環境や社会に溶け込みながら共存する、各々の「小さなデザイン」の集合体こそが、新たな都市の顔をつくりあげ、豊かな生活へとつながるのではないかと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社APOLLO一級建築士事務所 

俯瞰とこだわり。「身の丈」の家づくりはそこから生まれます

住む人の暮らしにあった「身の丈」のデザインを。都市を俯瞰しながら、家のあり方にこだわる。既成概念にとらわれず、自分と向き合える個性豊かな住宅を目指し、丁寧に創り続けたいと思います。まだ見ぬ建主さんとの新たな出会いを心より楽しみにしています。