『仏メディア企業Vivendi(ビベンディ)』その2 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

島田 千草
株式会社ノーメン・ジャパン 代表取締役
東京都
ブランドコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
石川 雅章
(広告プランナー)
背戸土井 崇
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『仏メディア企業Vivendi(ビベンディ)』その2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
ネーミング Vivendi(ビベンディ)
こんにちは、ノーメン・ジャパンの島田千草です。


前回に引き続き、Compagnie generale des eaux(コンパニー・ジェネラル・デ・ゾー)の新社名:Vivendi(ビベンディ)開発プロジェクトについてお話していきます。


開発プロジェクトは1997年1月にスタートしました。


ネーミング開発に先立ちネーミングコンセプトを模索するための第一段階の調査と既存調査の分析を約1ヶ月間かけて行いました。


ネーミング開発は2月からの半年間、4回にわたるネーム開発プロセスを繰り返しました。


開発されたネーム案は、5500。


そのうちの400候補案が57カ国にわたる言語チェックと、関連する商標分類の数は22という極めて広大な商標調査がそれぞれ行われました


最終的に株主総会での承認を得て、1998年5月15日、Vivendi(ビベンディ)が正式に新社名として選ばれたのでした。


当然のことながら、私たちはプロジェクトに対する秘密保持(コンフィデンシャリティ)について、常に細心の注意を払っておりますが、とりわけVivendi(ビベンディ)開発プロジェクトについては、プロジェクト推進中の6ヶ月間、企業名を一切出さずに社内でもコードネームで取り扱うほどのものでした。


その時のコードネームは、 Gedeon(ジェデオン)


これは、GEnerale DEs eaux - O - 最後に、Nを付け足したものです。



文字制限のため次号へ続きます。







>グローバルネーミング開発
世界へ挑むブランドネーム・CI開発

株式会社 ノーメン・ジャパン
www.nomenjapan.com