和風住宅 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

和風住宅

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●家を建てよう!!

一昨日の読売新聞で、日本瓦を製造している会社が10年前に比べ激減していると報じていました。阪神大震災以降、重いことが敬遠され新しい家の殆どがスレート瓦やセメント瓦になっています。このままでは社寺仏閣の屋根の葺き替え工事もままならない様な事態になるのではと懸念されています。

阪神大震災の時倒壊した建物の多くが、日本瓦で葺いた建物でした。関西の日本瓦の葺き方は、断熱効果を上げる為、大量の土を瓦の下地として用います。そこに老朽化が相まって多くの建物が倒壊してしまったのです。
構造をしっかり造り、工法を検討しながら家を建てれば和風住宅も良いものです。問題は構造よりもコストの問題でしょう。日本瓦はスレート瓦に比べ重いので、重労働となり施工単価が上がってしまいます。
それに加え、和風住宅の特徴である軒裏の納まりが、洋風住宅に比べ高価についてしまいます。現在の市街化区域は殆どが防火に対する何等かの規制が掛かっています。普通の板で軒裏を仕上げる事ができないのです。どうしても木で軒裏を仕上げたいのなら、軒裏に貼る板を防火認定が取れている薬剤処理を施した板を用いなければなりません。
また室内でも和風住宅は柱を見せる構造になっていますので、構造材も割高になってしまいます。
こう云った、コスト面の工夫をしない限り、日本瓦が復活する機会は無いかと思います。

しかし、日本の原風景に最も溶け込むのは和風住宅であり、和風住宅を望む声も多く聞かれますので、洋風住宅と同じ程度の価格帯の和風住宅が望まれるところです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●家を建てよう!!」のコラム

親父の居場所(2014/01/23 09:01)

居場所と間取り(2014/01/22 08:01)

悪徳ビルダーにご用心(2013/12/19 08:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

和テイストへの回帰 福味 健治 - 建築家(2013/05/10 08:00)

陰影と奥行き 若原 一貴 - 建築家(2012/02/04 11:58)

シリーズ「住宅と庭」の話 (第1部)(その6) ガーデナー建築家/勝田無一 - 建築家(2010/10/22 18:00)

ステンドグラスのような障子 市川 均 - 建築家(2010/08/18 20:35)