アダルトコンテンツと猥褻物(わいせつ物)の違い - 消費者被害全般 - 専門家プロファイル

大岡 辰昇
代表
富山県
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:消費者被害

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アダルトコンテンツと猥褻物(わいせつ物)の違い

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 消費者被害
  3. 消費者被害全般
アダルトサイト・有料サイト

猥褻物陳列罪(わいせつぶつちんれつざい)、という言葉を耳にしたことがある人は多いと思います。

日本では猥褻物を陳列、公然と誰にでも見れる状態にしたらダメなんですよね。

猥褻物とは・・・卑猥なものとかいやらしい物とか、そんなイメージですよね。

しかしここでふと1つの疑問が。そもそも猥褻物(わいせつ物)とは何なんでしょう。どこからどこまでアウトなんでしょうか。

猥褻物に関して、刑法第175条には以下のように定められています。

猥褻物(わいせつ物)頒布等の罪

刑法175条は「わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も、同様とする(第1項)。

猥褻物をネットで公開した場合、この猥褻物頒布等の罪に問われることになります。

猥褻物(わいせつぶつ)=アダルトコンテンツ?

と言うことは、アダルトコンテンツをネットで公開したら遺法?

いえいえ、ここで言う猥褻物、つまり、日本で定義されている猥褻物は、性器の露出があるものに限られます

なので、性器をモザイクで隠している物は猥褻物にはなりません。「アダルト=猥褻物」とは限らない、ということです。

おっぱいがポーンと出ていたら、それはアダルトコンテンツですが、猥褻物ではありません。

しかし、チ○コがモザイクもなしにポーンと出ていたら、それは猥褻物です。(もちろんアダルトコンテンツですが、それ以前に猥褻物ということで遺法になります。)

なので、市販されているアダルトビデオやアダルト動画は猥褻物にはあたらないので、上記のわいせつ物頒布の罪にも問われないのです。

そう、コンビニで売ってるエロ本とかは猥褻物ではないのです。違法ではないから堂々と買えばよいのです。(キッパリ)

・・・。

まぁ、違法じゃないから売ってるわけですが・・・