自らの立ち位置を認識する。 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自らの立ち位置を認識する。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
ウェブサイト戦略 天地人〜天の時・地の利・人の和〜

自らの立ち位置を認識する。



天地人のテーマからコンテンツ設計というと少し離れているように感じる方もいるかもしれませんが、
コンテンツ設計は天の時を呼び込む重要な要因ですので、
最初に取り上げました。

続いては地の利です。

地の利というと「天王山」が有名ですが、勝敗を決するのに有利なポジションを取ることが浮かびます。
それと同時に目的地に近い(信長は京都に近かったことが勝因でもあった)ことなどもありますが、
実際には地の利は自らの力では得られないことがあります。

そういう場合には地の利を作ってしまうということがあります。

例えば日本で言えば、東京は人口密集地で企業が集中するという意味で地の利があるといえますが、
他の地域も地の利はあります。
大陸が近いとか、気候が温暖とか、海に囲まれているとか、色々考えられますよね。

ウェブ上も同じです。

競合などと比較して何に優位性があるのか、その優位性を考えると、何が近いのかということを考えて戦略を立てます。

例えば検索エンジンの順位もそうですし、事業のポジションも入ってきます。
その特性を生かしてウェブのコンテンツ設計や戦略立案をすると天の時も生かせます。

皆さんのウェブサイトの地の利は何ですか?
もしそれが浮かばない場合は、どのような地の利を得られれば勝てますか?

ホームページ作成会社

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ウェブサイト戦略」のコラム

優先順位を明確に(2008/03/18 09:03)

ドキュメントを残す(2008/03/17 09:03)

餅は餅屋(2008/03/17 00:03)

ベクトルをあわせる(2008/03/16 09:03)