売上UPに結びつくWEB戦略 Vol.6 - Webマーケティング全般 - 専門家プロファイル

アイ・カンパニー 代表
東京都
代表
03-6452-4089
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

売上UPに結びつくWEB戦略 Vol.6

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. Webマーケティング全般
経営者の皆さまへ

 

あけましておめでとうございます。^^

 

今日は1度購入(コンバージョン)してくれたユーザーを
リピーターに育てる施策をご紹介します。


チェックしていくべき項目を挙げていきましょう。

・Thank youページの改善
・コンバージョン後のフォロー
・メールDMの更新
・ハガキ等郵送物DMの更新
・メディアへのリリースDMの更新

まずはThank youページの更新です。

Thank youページとは、予約や購入(コンバージョン)が済んで
最後に「送信完了しました。ありがとうございました」と
出るページのことです。

ここで、ただ「ありがとうございました」と
終わらせてしまうのではなく
「これを購入した方は、こちらも購入しています」
「次回の購入時に、○○をプレゼントいたします」
「次回は是非、お友達をご招待下さい」など
次回の購買を促しましょう。

またThank youページが出ると同時に
自動返信メールをユーザーに送信しましょう。

記載してもらった内容を確認するとともに、
他商品の購入を促したり、心のこもった感謝メッセージを
送信することで、よりよく印象づけることが出来ます。

そしてコンバージョンに至るまでに入手した個人情報
(例えばメールアドレスやご住所)を
DM送信のリストに追加していきましょう。


各種DMの更新とは、常にそのDM送付先の住所を
最新のものにしていく作業です。

メールアドレスや住所は、時によって変わります。

沢山蓄積して、いざ送信したらエラーでメールが
返ってくることもよくあります。

DM送信→エラー先の消しこみ
という作業を常に行い、
DM送付先のデータを最新に保っておきましょう。

 

また、DMの内容は送付先によって異なるものに変えることで
より高いリピートを上げることが出来ます。


例えば
文面の最初にきちんと個人のお名前を記載する
顧客に出す内容は親しみやすく、業者やりリースで出す内容はキャッチーにする
などです。

こうした細かなケアを行うことで、リピート率は
何倍にもあがります。

特にリリース送付の作業は、業者の直接来店や購買につながらなくても
うまく取り上げてもらえれば
記事としてとり上げられ、何倍もの効果を生みます。


(リリースに関しては、また次回のコラムで
コツなどをご紹介していきましょう。)


更にリピート率を上げるには
一律の内容をDMとして送るのではなく
購入した商品やサービスごとに内容を変えることも有効です。


DM送付の内容にお困りの場合には
次回の割引やプレゼント、最新情報のお知らせ、
ご紹介キャンペーンなど、DMとしてお送りできる施策を
いくつか積極的に設けていきましょう。

ユーザーに忘れられてしまうことのないよう、
定期的に自店のアピールを行うことが大切です。

 

次回はこの「一回きりのユーザーで終わらせず、
リピーターになってもらうための様々な施策」の中で
レバレッジききやすい
「記事として取り上げてもらいやすいリリースの書き方」を
ご紹介します。


お楽しみに^^

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 代表)
アイ・カンパニー 代表

より質の高いユーザーを獲得したいと考えている御社へ

スマートフォンサイトを始めとするサイト制作からDMハガキの作成・発送代行まで、ご希望に応じた業務を体系的にご提供します。特に、「今以上に集客力を高めたい」「より質の高いユーザーを獲得したい」とお考えのクライアント様から高い評価を頂いています。

03-6452-4089
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営者の皆さまへ」のコラム

このコラムに類似したコラム

売上UPに結びつくWEB戦略 Vol.3 井出 智子 - 代表(2012/11/15 14:01)

3-3 マーケティングキーワード③「忠誠から推奨」 鈴木 健一郎 - マーケティングプランナー(2012/01/19 16:01)

ウェブ解析は計算が多い? 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2011/06/20 11:42)

ウェブ解析の最初と最後 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2016/03/29 18:46)

顧客志向ではない顧客思考でのSEO(by福岡7E) 瀧内 賢 - Webプロデューサー(2015/06/21 09:00)