“株安”、“円高(ドル安)”そして我々の生活は・・ - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

“株安”、“円高(ドル安)”そして我々の生活は・・

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんにちは!早くも3月にはりました。

でも、3月に入っても、残念ながらマーケットの混乱は収まっていませんね。

昨日は、NYダウも日経平均も大きく値を下げました。

また、為替も8年ぶりとなる1ドル=101円台の円高を記録しました(実際には、“ドル安”と言ったほうが良いですが)。

これらの金融不安を受けて、欧州中銀は6日の定例理事会において4.0%の政策金利を据え置きとしました。
また、歩調を合わせるように、英中銀も5.25%の現行の金利水準を維持しています。

いずれにしても、この値下がりが止まらない“米ドル”に対して、世界中が警戒感を強めているのは間違いありません。


そして、当然、日本にも大きな影響を与えています。

輸出企業は当然ですが、輸入原料や資材価格も高騰しており、「円高だから大丈夫」と言っていられない水準になってきました。

ただでさえ、エネルギーや食糧を輸入に頼る「国策」を取ってきた日本にとっては、単純にマネー経済だけの問題ではありません。

これからの景気減速や原料高によるインフレ懸念は、私たちの生活にも大きな影響を与え始めることとなるでしょう。

そろそろ、日本人も、もう一度「生活習慣」や「ライフスタイル」を見直す時が来ているのかもしれませんね。。。。。



さて、昨日メルマガを発行しています。

国際分散投資DVDの先行販売のお知らせと、ちょっとかわったところで、「中東&アフリカファンド」をご紹介していますので、ぜひご覧ください。
http://www.mag2.com/m/0000121186.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム