年齢を重ねたら、気合ではなく、智慧を使おう - 人生設計とキャリア - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

年齢を重ねたら、気合ではなく、智慧を使おう

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. 人生設計とキャリア
視点を変えて 笑顔で生きよう!

歳をとるということにおいても仕組みがあるものだと感じます。

例えば、10代の初めまでは、「好奇心」が高く、深く考えずにチャレンジする心がある。

10代の半ばから後半にかけて、悩むことを覚え、躊躇することができるようになる。

20代は、何をしても楽しめる心が膨らみ、また、体力にも限界があることを知らないので、

少々の無理ができる。

30代は、ちょっと分別ができるようになるので、無茶なことはしなくなる。

だから、慎重に、どれを選ぶかを考えながら生き始める。

40代は、経験と知識と情報を元に、体力をムダに使わず、これまで得たものを上手く使いながら

自分の人生を生き始める。

では、50代は・・・

ここから先、歳を重ねるためには、気合ではなく、智慧を使うことが大切であることに気づき、

智慧を出そうと思い立つ。

50にして天命を知る

と言われるが、まさしく。残された時間をおよそ見当をつけて、何をすることを望まれ、

どう生きること=死にざまを決めるために、人の役に立ちたいと思う気持ちを強く感じながら

智慧を使って、よりたくさんの事を成し遂げようとするようになる。

気合で乗り切ることも大切な時期はあるが、

体力や気力の衰えに逆らうよりも、上手く付き合う方法を考えて。

より多くの人のために、わたしは生きたという実感を得たいと思います。

Merry Christmas

すべての幸せに感謝する一日をすごしてくださいね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「視点を変えて 笑顔で生きよう!」のコラム

今、あなたがなすべきこと(2014/10/23 10:10)

たおやかに生きる(2014/10/14 11:10)

順番を守りましょう(2014/09/14 16:09)

このコラムに類似したコラム

心を伝えるスキルとは 竹内 和美 - 研修講師(2013/02/02 09:32)

生老病死と向かい合う。 齋藤 めぐみ - キャリアカウンセラー(2013/01/11 21:33)

無理に探すことの目的は何ですか? 竹内 和美 - 研修講師(2011/05/29 17:35)

ありがとうを伝えたい人は誰ですか? 竹内 和美 - 研修講師(2011/03/21 10:00)

会社への帰属意識はいかに? 新垣 覚 - 転職コンサルタント(2011/03/10 07:07)