交通事故に遭った…専業主婦は休業損害を請求できるの? - 交通事故 - 専門家プロファイル

弁護士法人アルテ 代表弁護士
兵庫県
弁護士
06-6435-8309
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

交通事故に遭った…専業主婦は休業損害を請求できるの?

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 交通事故

ラジオ(FMあまがさき、「中西優一郎のLaw・and・Order」の第37回目、平成24年12月13日分)に出演致しました。

「交通事故に遭った…専業主婦は休業損害を請求できるの?」

私は、38歳の主婦です。

先日、交通事故で骨折しました。

治療は、入院36日、通院期間58日でした。治療費は120万円かかりました。

首の痛みを治すのに、鍼灸、マッサージの治療を受けました。

この交通事故で家事に支障をきたしたのですが、私のような専業主婦で仕事をしていない場合、休業損害を請求できるのでしょうか。

 

というテーマでお話ししました。

交通事故で怪我をし、入院や治療のために仕事を休んだ場合、その休業によって収入が減少するなどの損害を受けることがあります。

これを休業損害といいます。

休業損害は、被害者の1日当たりの損害額(日額基礎収入)に休業日数をかけて計算します。

この点、専業主婦といった家事従事者の方についても、現実の収入はありませんが、怪我により家事労働に従事できなかった期間について休業損害が認められます。

この場合の計算方法に関して、専業主婦の1日当たりの損害額(日額基礎収入)は、原則として、賃金センサスの女性労働者の全年齢平均の賃金額を基礎として計算することが多いです。

番組内容の概要

番組では、休業損害について、

「損害賠償の金額はどう計算するの?」

「休業損害って何?」

「休業損害はどう計算するの?」

「専業主婦の場合、休業損害を請求できるの?」

「過剰診療、高額診療とは?」

などについてお話ししました。

内容の概要は、以下のとおりです。

損害賠償の金額はどう計算するの?

・交通事故の損害賠償の項目

・損害賠償の金額の計算方法

・積極損害とは

・消極損害とは

・治療費(過剰診療・高額診療)

休業損害はどう計算するの?

・休業損害とは

・休業損害が認められるためには

・休業損害の計算方法

・サラリーマン(給与所得者)の場合

・自営業者(事業所得者)の場合

専業主婦の場合、休業損害を請求できるの?

・専業主婦の場合

・学生の場合

・アルバイトの場合

・無職の場合

・失業者の場合

その他、休業損害で気を付けること

ホームページ(http://www.hanshin-law.com/)のブログで、企業法務に関するコラムを掲載しておりますので、よろしければご覧下さいませ。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(兵庫県 / 弁護士)
弁護士法人アルテ 代表弁護士

企業法務から身近な法律相談まで幅広く対応いたします。

弁護士法人アルテ代表弁護士。東京大学法学部卒。企業法務に従事し、労働問題(会社側)に精通。著書「外国人雇用の実務」(同文舘出版)。ラジオ番組出演(FMあまがさき「中西優一郎のLaw and Order」)。商工会議所、大学、企業での講演・セミナー多数。

06-6435-8309
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 経営者・人事労務担当者のための「労働問題法律相談」

職場のトラブルを予防・解決いたします

料金
5,000円

人事・労務・労働問題(使用者側)の案件を多く取り扱っています。
企業内外において、人事・労務・労働問題に関する講演・セミナーも行っています。
尼崎で開業する前は、東京の外資系法律事務所、及び国内企業法務を取扱う法律事務所にて勤務し、労働問題、コーポレート/M&A、ファイナンス等の企業法務に従事していました。
英語を使用する業務(英文契約書の作成、外国人の方の雇用手続等)にも積極的に取り組んでいます。

経営者・人事労務担当者のための「労働問題法律相談」

このコラムに類似したコラム

民法改正(財産法関係)その9 村田 英幸 - 弁護士(2013/02/17 17:11)

交通事故の後遺障害の等級って、どうやって決まるの? 中西 優一郎 - 弁護士(2012/11/21 10:34)

交通事故に基づく人身傷害保険と保険代位 村田 英幸 - 弁護士(2013/10/30 13:52)