お見合いのスタイル、関西と関東の違いは? - 恋愛相談 - 専門家プロファイル

植草 美幸
東京・青山 植草美幸の結婚相談所マリーミー 代表仲人
東京都
婚活アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)
堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お見合いのスタイル、関西と関東の違いは?

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛相談
カウンセリング

こんにちは

東京・青山の結婚相談所マリーミー 代表婚活評論家 植草美幸 です。


今日は、お見合いの場所についてです。


お見合いの待ち合わせ場所は、

ホテルのラウンジという事が多いです。

昨今、結婚相談所を利用する婚活人口が急上昇しています。
そして、確実に結婚の可能性が高い異性と

がっつり一対一で会えるお見合いが1番確率が高く、

合理的な手法です。

ですから、毎週末は首都圏ホテルのラウンジは、

お見合いで利用する方々でごった返しとなっています。

そして、ラウンジは席の予約が出来ないため、

お見合い相手との待ち合わせは、ラウンジの前となります。

相談所の仲人がお見合いに立ち会う場合は、

先に行って名前を書くなどの配慮をします。

 文化の違いでしょうか、

関東と関西ではお見合い手法は少々違いがあり、

関西は仲人が立ち会同席が多く、

関東はお二人で会うというスタイルが主流です。


お見合いのときにかかる費用(お茶代)は男性がもちます。

このとき、仲人さんの分もお支払いするケースも多いようです。


たとえばコーヒーが1200円とします。

男性、女性それぞれの仲人のお茶代合計で

4800円にプラスサービス料がかかるわけです。


関東では、同席はほとんどありませんので、

その半分の料金ですみます。


最近は、関西も同席が減ってきており、

昔ながらの仲人さん(高齢)が同席をしているようです。


私も何度か依頼されて同席しましたが、良し悪しですね。


若い女性なら同席したほうが良いかもしれませんが、

ある程度の年齢のカップルの場合は立ち会う必要はないでしょう。


二人で話したいでしょう。


実際東京で39歳の男性がお見合いしたときに、

先方の女性の仲人さんが立ち会ったのですが、

仲人さんが彼の仕事を根掘り葉掘りきいて

彼はうんざりししてしまったケースがありました。


 40歳も50歳にもなって、仲人が同席も情けないですが。。。。

 昔の名残なんでしょうね~。


そんなわけで、今日はあいにくのお天気ですが、

当社会員は、都内各所で素敵な出逢いを求めて

都内各所のホテルラウンジに出かけていきました。


そろそろお返事の電話が入ります。

 一組でも多くの会員さんが交際に進めますようお祈りしています。



ご成婚カップルの幸せメッセージ

【無料メール講座】結婚したいあなたへ

このコラムに類似したコラム

お気に入りの相手のことを深く知りたいと思った時どうしたらいい? 高草木 陽光 - 夫婦問題カウンセラー(2014/07/13 14:13)

相手の欠点が嫌いな時は、どうしたらいいの? 斉藤ヒカル - 潜在意識セラピスト(2014/07/06 21:33)

募集開始します「恋愛パートナーシップ マスターコース」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2014/05/16 15:20)

☆ルーク平野の「パーソナルブランディングシート」の申込を開始します! ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2014/03/02 16:06)

恋を創り出す秘訣。 湯田 佐恵子 - 婚活アドバイザー(2014/01/30 00:26)