交際中に判断材料山ほどあります。 - 恋愛相談 - 専門家プロファイル

植草 美幸
東京・青山 植草美幸の結婚相談所マリーミー 代表仲人
東京都
婚活アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

交際中に判断材料山ほどあります。

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛相談
カウンセリング

おはようございます。

東京・青山の結婚相談所マリーミー 代表、婚活評論家 植草美幸 です。


さて、婚活においては、

活動中に様々なことを学ぶ事ができます。
メイクや、トークなどの技術的な事はもちろん

内面も改めて見直す事もできます。

人間は、成人したら、人から礼儀作法や人間関係を

円滑にする方法など教わる機会はありません。

職場に行けば、その辺が劣っていたら、

人から気が効かない人とか、感じ悪い人とか、

近寄り難い人とか様々な言い方で陰口を叩かれるだけです。

まあ、親もせいぜい中学生まではいろいろと躾るでしょうが、

その先は家庭により様々です。

社会に出てその差が歴然と出ます。
毎週あちこちでかけて、夜は一緒に飲んだり食べたり

ごく普通のデートを重ねています。

また、メールのやり取りも毎日あるようです。
なのに?なかなか、決めかねている。
彼女の決めてが、ないのでしょうね。

よくよくデートの様子を聞いてみると、

15回のデート代は全て彼が支払っている。

彼女もそれに対して何とかして
お返しをしないとと思っているけど、どうすればよいか?

という相談です。

結婚相談所で、お見合いをして交際になると、

お見合いのお茶代や食事代は

男性が支払うのがルールです。

でも、交際に入り一回、二回なら男性もちになるでしょうが、

それ以上長く続けるとなると、

男性も負担が大きいでしょう。

当然、ファミレスと言うわけにはいかないですし、

それなりのお店に連れて行くわけですから。

だからと言って支払いの時に女性が、
『割り勘で、』
とか、
『今日は、私が払います。』
と言うのもカッコよくないものですね。

彼女は、負担になるのが申し訳ないと

毎回心に思ってはいたものの

どうしてよいのやらわからずに

毎回ご馳走して貰っていたようです。

相談所の会員の男性は、

日本の未婚男性の平均年収より、百万以上高いのです。

相談所のレベルにもよりますが、当相談所の男性の平均年収は、
さらに、二百万高いですが。

だから、男性が毎回気持ちよく、お支払いするケースは多いですが、

ルールは、お二人に任せています。

だからこそ、そこで双方考えがあり、

男性も女性も、相手が自分と価値観があうか?合わないか?

判断材料にもなるわけです。

一度ご馳走してもらったら、

次回のデートの時には、可愛いらしくラッピングした

クッキーやチョコレートなどを御礼に持っていく。
何回も重なってきたら、会うまえに、メールか電話で

『いつもご馳走していただいてますから、

今日は私にご馳走させてくださいね。』と言っておいて、

実際に会計の時に、男性を立たせてあげたいですから、

コッソリとスマートに支払を済ませる。

などと自分ならに、工夫して、気持ちが伝わる事が大事です。
こんなこと一つとってもたくさんの手法があるわけです。

それを一つ一つとってアドバイスするのが仲人に仕事です。

そんな彼女はアドバイスを受けて、
彼にセーターのプレゼントをしました。

今日はその成果があってのことか、

先方の相談所より真剣交際の連連絡がありました~。


よかったよかった。


クリスマスまでにご成婚することを心から願っています。

ご成婚カップルの幸せメッセージ
【無料メール講座】結婚したいあなたへ

このコラムに類似したコラム

結婚相談所で出会って、好きになれますか? 植草 美幸 - 婚活アドバイザー(2013/07/24 16:30)

出会い系サイトはリスクが高い3つの理由 土井 康司 - 婚活アドバイザー(2013/06/11 00:18)

20代女性の婚活女子は、母親が付き添うケース多いです。 植草 美幸 - 婚活アドバイザー(2013/02/14 17:58)

お見合い相手に本気になるには。 湯田 佐恵子 - 婚活アドバイザー(2013/01/30 21:59)

39才バツイチ女性会員さんめでたくご成婚! 植草 美幸 - 婚活アドバイザー(2013/01/28 11:56)