限られた空間にカッコよくレイアウトする手法 #4 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

サカイデザインネットワーク有限会社 
東京都
建築家
03-6379-4831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

限られた空間にカッコよくレイアウトする手法 #4

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
住まいづくりの発想 スタイリッシュなデザイン
こんにちは。 サカイデザインネットワークの酒井です。

私達はたくさんのモノを持ち生活をしていますが、それらのモノが効率よく機能的に使えることで快適だと感じるのだと思います。 住まいのなかでも、まさに同じことが言えると思います。 限られた空間に無駄がなく使いやすくレイアウトされた収納や家具は、とても便利で心地良さをつくりだします。 

写真はマンション住居の5畳ほどの部屋を子供室にした事例です。  マンションではよくあることですが、部屋のコーナーに構造柱があり、凸凹しているため、一見どのように家具をレイアウトすればスッキリするのか悩んでしまう状況です。

ここでは、あえてその構造柱の凸凹を利用して柱を囲むようにL型のデスクとシェルフをデザインすることで、限られた空間に無駄なくデスクやベッド(シングル)をスッキリとレイアウトすることを実現しています。

通常デスクの奥行きは60cm〜70cmが多いのですが、ここでは「スペースを空ける」ことを優先して、奥行きは45cm(A4サイズの本などを開くにも充分な寸法です)とし、長い時間・・大人になっても使えるようなシンプルでスッキリとしたデザインにしました。

長い時間使う事を考えれば、既成製品のサイズやデザインにとらわれず、空間や使い勝手に合わせて自分オリジナルのデザインで造る家具はオススメです。

住まいづくりを考える際はぜひ自分スタイルの心地よさを考えてみてはいかがでしょうか。


コラムに関するご感想やご質問はコチラまで

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
サカイデザインネットワーク有限会社 

住む人の手が触れる場所から、建物へ、街へと心地良さを拡げたい

設計手法・デザインの発想は「内側から外側へ」・・・建物という器だけをつくるのではなく、私達が暮らす場である生活空間の細部から生活環境全体のデザインを追求し「心地よさ」をご提案しています。

03-6379-4831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「住まいづくりの発想」のコラム

オープンリビングの法則(2009/08/08 17:08)

壁面をデザインする(2008/12/19 10:12)