がん対策基本法とは - 保険選び - 専門家プロファイル

山本 俊成
株式会社ファイナンシャル・マネジメント 
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

がん対策基本法とは

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
生命保険 ガン保険
2005年の厚生労働省の統計によると、がんによる死亡は約32万6000人となっており、年間に約100万人が死亡していることから計算すると3人に1人はがんで亡くなっていることになります。

この死因のトップとなっている病気についての治療技術は急速に進歩してますが、日本ではまだ先進の知識、技術を持つ専門医、拠点病院の育成が遅れているのが大きな問題となっております。

上記が2006年6月に「がん対策基本法」が成立した背景です。この法律は国や自治体に対し「がん対策推進基本計画」を作成させ、5年ごとに見直しをするよう義務付けたものです。また厚生労働省に「がん対策推進協議会」を設置するよう求めてます。

これにより今までよりもがん治療体制が整備されることになりそうです。


抗がん剤の専門医はアメリカには1万人いるのに対し日本は50人足らずと言われてます。
自分の住む地域に専門医がいないために、東京まで新幹線を使って治療を受けに行く患者さんもいるみたいです。こうした「がん難民」の問題解決にも法案が活躍しそうです。


FP山本俊成へのご質問・ご意見・ご相談はこちらをクリック