ヨガの左鼻と右鼻の呼吸法 ◎無敗脳ヨガ道場◎ - ヨガ全般 - 専門家プロファイル

辻 良史
筑波大学発ベンチャー(株)サイバー・ヨガ研究所 代表取締役
東京都
博士(体育科学)

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ヨガの左鼻と右鼻の呼吸法 ◎無敗脳ヨガ道場◎

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ全般
無敗脳

無敗脳ヨガ道場の辻です。

 

伝統的なヨガには、80種類近くの呼吸法があります。

 

それらを分類しますと、

 

・両鼻、片鼻、交互

・速い、ゆっくり、止める

・強い、弱い

・腹式、胸式、胸腹式

・無音、発声

 

に整理することができます。 

 

これに口で行う呼吸法や、筋肉を締めつけながら行う呼吸法などのバリエーションなどがいくつかございます。

※意識するポイントは呼吸法によって異なってきます。

 

まあ、おおまかには、

腹式呼吸での両鼻か、片鼻か、速いか、ゆっくりかの違いに分けられます。

 

どうして、ヨガの呼吸法では、片鼻ずつ呼吸をするのかといいますと、それにはきちんとした理由があります。

 

伝統的には、左鼻から尾てい骨にかけて「イダ」と呼ばれる気の道(ナーディ)があるとされています。

この「イダ」に呼吸で気を通すと、沈静化させる作用があると言い伝えられています。

「イダ」は、現代でいうところの副交感神経に近いイメージといえます。

 

一方、右鼻は「ピンガラ」と呼ばれ、活性化させる作用を持っていると言い伝えられています。

こちらは、現代的には交感神経的なイメージですね。

 

ですので、

左右交互に呼吸することで精神が安定するという経験論から導かれたヨガの理論です。

 

現代的には、自律神経の調整といったところでしょうか。

科学的には不明です。あくまでもこれらは経験則に基づいたヨガの教えです。

私は、両鼻(丹田呼吸)、左鼻、右鼻、左右交互、普段の呼吸

+ おまけで「火の呼吸(ヨガの速い呼吸)」を実習中の脳(前頭)の血流量気分の測定を

筑波大学の研究室で行ったことがありますが、この中でダントツに脳機能と気分が好転する呼吸法がございます。

 

一体どれかお分かりでしょうか?

面白いことにそれぞれ全く違う効果が得られました。

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

東京都 港区 田町【無敗脳ヨガ道場辻でした。

このコラムに類似したコラム

「体」と「心」のストレス ◎無敗脳ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/02/12 19:43)

「火の呼吸」の効果 ◎無敗脳ヨガ道場 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/02/08 17:39)

武道専門誌『月刊 秘伝』取材&対談 in 禅道会! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2014/01/26 11:46)

空手道「禅道会」様 ~ ヨガで“気”のトレーニング! ~ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2014/01/12 12:44)

柔術(健康)用のヨガか?バーリトゥード(競技)用のヨガか? 辻 良史 - 博士(体育科学)(2014/01/11 18:39)