セキュリティ事故が発生したら? - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

岡本 興一
ウィジット株式会社 代表取締役
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

セキュリティ事故が発生したら?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
リスクマネージメント
もし、万が一セキュリティ事故が発生してしまったらどうすればいいのでしょうか?

まずは、状況確認を行わねばなりません。
そして、原因の究明を行うと共に、さしあたってダメージを最小限にするための対処療法を施します。

このダメージコントロールは非常に重要です。

セキュリティ事故は、単なる日常業務の障害で留まらず、事業継続を不可能としてしまう可能性があります。
そのため、初動の判断が極めて重要で、経営者の判断なしに現場で対応することは、被害を拡大させかねません。

詳細状況は判明していなくても、ホームページから情報漏洩があったと思われる場合、初動としてホームページの閉鎖を行う。
そうすれば被害の拡大はとりあえず防ぐことができます。

こうした判断は、ホームページの運用担当者ではできません。
機会損失が発生することを覚悟して動かねばならないからです。

リスクマネージメントの観点から言えば、この初動で「やり過ぎでは?」と思われる程度の対応をした方が、結果的に損害を最小限にすることができたケースが圧倒的に多いと言えます。
そのためにも、経営者レベルの意志判断が重要です。

適切な初動がとれた上、原因を突き止めたら、恒常的対策を行います。
再発防止策を講じるのです。

集客につながるホームページ
ネットとセキュリティ〜ウィジット株式会社
岡本興一