寒い日のコンクリート工事 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

寒い日のコンクリート工事

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●家を建てよう!!

コンクリートの強度は水とセメントの比で決まります。水は地球では気体・液体・固体のかたちで存在しますが、セメントには液体でしか反応しません。春や秋は気候が良いので、コンクリートの中の水は液体であり続けますが、真夏や真冬は気体や固体に変化しかねません。その時のコンクリート強度はどうなるのでしょう。

コンクリートの強度は設計図書によって、基準強度が定められています。設計図書で定められてある強度を生コンプラントに発注しますと、プラントはその季節に応じてコンクリートの強度発現を考えながら強度を補正します。
冬の寒い時期には強度の発現が遅くなり、建築工事に支障を来しますので、設計図書通りの強度を出そうと思えば、基準強度よりも少し大きく強度が発現するようにセメント量を増やします。この事を温度補正と呼びます。
プラントは季節やその地方で過去に打設したコンクリートの強度がどの様に発現するか知っており、また数学的に標準偏差法等を用いて、基準強度以下になってしまわない様に細心の注意を払います。
そして念のため、コンクリートのサンプルを採取して、一週間後と四週間後に破壊試験を行って、実際にどれくらいの強度が出現しているか確認します。

木造の基礎程度であれば、検査機関も破壊検査を要求しませんので、配合報告書程度でお茶を濁す場合が殆どです。しかし今後予想される大地震を考えると、やはり我が家のコンクリートはどの程度の強度なのか数値で抑えておいた方が安心出来るかと思います。工事請負契約の際にはコンクリートは破壊試験をして下さいと念を押しましょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●家を建てよう!!」のコラム

親父の居場所(2014/01/23 09:01)

居場所と間取り(2014/01/22 08:01)

悪徳ビルダーにご用心(2013/12/19 08:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

土工事・見えなくなるところも肝要 岩間 隆司 - 建築家(2012/11/14 20:11)

配筋工事 松永 隆文 - 建築家(2016/03/03 09:04)

墨出しとベースパック 松永 隆文 - 建築家(2016/02/26 14:10)

根切り 松永 隆文 - 建築家(2016/02/18 14:59)