自社ホームページからの情報漏洩事故責任 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

岡本 興一
ウィジット株式会社 代表取締役
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自社ホームページからの情報漏洩事故責任

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
リスクマネージメント
自社ホームページで問い合わせや、アンケートを行っており、その情報がなんらかの形で外部に流出してしまった場合、その責任は誰に求められるのか?

この点は十分に配慮しておく必要があります。

たとえ、レンタルサーバを利用していても、個人情報を預けたお客様から見れば、責任はそのホームーページの持ち主になります。

したがって、損害賠償等が発生した場合は、自社で対応しなくてはなりません。

某エステサロンの場合、損害賠償金額が一人当たり数万円となりました。

ホームページでは、数万人の顧客データを集めることも、決して難しくありません。
5万円の賠償を1万人に対して行うとすると、5億もの損失が発生するわけです。

また、こうした実害以上に、信用失墜による顧客離れ、営業機会損失等の方が影響が大きいでしょう。
上場企業の場合、株価を大きく落とすこともあります。
株価が下がってしまう事態になれば、株主から、株主代表訴訟を起こされる可能性さえあるのです。


したがって、ホームページを活用する上では、セキュリティ対策を十分に検討しておく必要があります。
ホームページは、非常に有効なツールですが、セキュリティ対策を怠ると大変な損害を招く可能性もあるのです。

集客につながるホームページ
ネットとセキュリティ〜ウィジット株式会社
岡本興一