アジア・オセアニア9カ国の2月末から11月の株価推移。 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アジア・オセアニア9カ国の2月末から11月の株価推移。

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
資産運用の原則 資産配分(アセットアロケーション)

アジア9カ国の株価推移を11月迄の推移を紹介します。

最初のグラフは、韓国(ワイン色)、上海(ブルー)、台湾(黄色)三市場の株価指数です。
期間は2012年2月27日~11月30日です。一見してわかるように、上海市場はここ5月から株価の低下に歯止めが掛っていません。中国の景気悪化を予想した動きで、次期の首脳陣が決定した後も低下が続いています。韓国と台湾は11月に漸く下降から上昇へと反転しています。特に台湾の復調は急ピッチです。

韓国・台湾・上海

次の三国は、ニュージーランド(黄色)、インドネシア(ワイン色、オーストラリア市場(ブルー)で、期間は2月27日~11月30日です。
ニュー―ジーランドが、インドネシアよりも速いペースで回復を図りつつあります。オーストラリアは、中国の経済伸長の鈍化から、反転のスピードが減速して、他の2国スピードに追い付いていません。ニュージーランドは、株の動きも堅調で、上昇を続けています。

インドネシア・豪州・新西蘭


次は、日本から遠い、インド・ムンバイ市場(黄色)、マレーシア(ブルー)、シンガポール(ワイン色)です。過去校長に株価が上昇していたマレーシア市場が、11月後半から急な下降を続けています。一方インド・ムンバイ市場はヌヌ月後半から急なピッチで上昇を続けると云う対象的な動きをしています。シンガポールは11月に一回2月の株価を割りそうな下落をしていましたが、下旬に入りインドと同様の動きをしています。

印度・マレーシア・シンガポール

アジアの時代と称されていますが、各国まちまちな動きをしています。一国に集中して投資をするのは、予測が当たれば宜しいのですが、常に中て続ける事は困難です。従って複数の国に投資を分散されるようお勧めします。

私は先月末に、香港H株指数に連動するETFとKODEX200に連動するETFを解約して、インド・センセックス指数、マレーシア総合指数、インドネシア総合指数に連動するETFを購入しています。また、その3カ国に集中しているのではなく、日本を除くパシフィック指数に連動するETFにも分散をして、リスクの低下に勤めています。
皆様も、アジア各国に投資される際には、決め打ちの1国では無く、複数の国への投資をお考えください。

face book ページ オフィス マイ エフ・ピーを開設しています。
http://www.facebook.com/#!/officemyfp

☆セミナーやご相談は根拠の明示及び実証データをもとにご説明します。
お気軽にお問い合わせください。

★毎月資産運用・ライフプランのセミナーを開催しています。
宜しければご参加ください
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

文責
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP(R)
宅地建物取引主任者 (東京)第188140号
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー 
吉 野 充 巨
独立系顧問料制アドバイザーの紹介
http://profile.ne.jp/w/c-64005/
http://mbp-tokyo.com/officemyfp/column/12298/
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.html

『このコラム又は回答は、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。
投資による損益はすべてご相談者及び読者ご自身に帰属いたします。
投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。
本コラムは、信頼できると判断した情報に基づき筆者が作成していますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。』

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「資産運用の原則」のコラム

このコラムに類似したコラム

日・英・米3ヶ国とアジア・オセアニア各国の株価1年の動き(2013年4月30日) 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/06 18:00)

平成24年度のマーケットの動き(アジア・オセアニア地域の動き) 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/04/01 19:00)

2013年2月、過去一年のアジア諸国の株価推移と世界株指数の動きです。 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/04 18:00)

2012年アジア・オセアニア諸国の株価指数の推移:好調な国不調な国様々です。 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/05 10:00)

マイファンドレポート2012年12月を掲載しました。年初来で11.2%の上昇です 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/04 10:00)