16.もうからない時こそ by 本田宗一郎氏 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

松山 淳
アースシップ・コンサルティング コンサルタント/エグゼクティブ・カウンセラー
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

16.もうからない時こそ by 本田宗一郎氏

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
リーダーの言葉

逆境の中で基礎ができる。



世に華々しく活躍する芸人の方々・・・。
その誰にも「下積み」期間があるようです。
この「下積み」の時にどれだけ芸を磨くかが大事で、
簡単に人気が出てしまうと
「一発屋」に終わってしまうことが多いとか。

もう大御所の「明石家さんま」さんですが、
吉本に入りたての頃、
口数が少ない、暗い性格の青年だったそうです。
そんなことを吉本興行の社長が、
日経新聞に書いていたのを覚えています。

ちょっと信じられませんが、
あまり人に語ることのできない時期に通り越して、
今の地位と人気があるのですね。

世界の車メーカー「HONDA」を創業した
「本田宗一郎」さんに、こんな言葉があります。*1

「もうからんときがあっても企業というものは
 りっぱなものだと思う。
 むしろ、もうからない時こそ、
 その企業の基礎がためができるのである」

人生、山あり谷あり。
会社も、企業も、浮き沈み。

谷にいる時、底にいる時、
そんな辛い時期だからこそ
涙が出るような時だからこそ
それまで気づかなかった
大切なことに気づくことがあります。

売上が落ちても、不振に陥っても
基礎を固めようと、努力を重ねている限り、
会社とは立派なものですね。

なぜならば、存在している限り、
誰かを雇用し社員の生活を養い、
何らかの形で商品やサービスを世に送り出し
社会のためになっているのですから。

逆境の真ん中で顔をあげ、誠意を持って
底を脱しようと格闘する人間の物語が
未来の「笑顔」を作る基礎となるようです。

「基礎」は、大きく強いほど
「発展」は、大きく強くなります。


 EARTHSHIP CONSULTING
*1『俺の考え』(著 本田宗一郎 新潮社)