日経記事;『反日だけでない中国リスク 人手不足で品質低下が顕著』に関する考察 - 海外展開 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;『反日だけでない中国リスク 人手不足で品質低下が顕著』に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 海外展開
経営コンサルタントの活動 海外展開支援

皆様、
こんにちは。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

本日の朝刊は休刊となっていますので、電子版からの記事について書きます。

12月10日の日経電子版に、『反日だけでない中国リスク 人手不足で品質低下が顕著』のタイトルで記事が掲載されました。

本日は、この記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は以下の通りです。なお、記事の前半は、反日暴動について書いていますので、この部分は、割愛しました。


『収まらない反日ムードと品質低下――。日本メーカーは今、全く種類の異なる2つの「中国リスク」にさらされている。

。。。。

■年々落ちていく品質

中国で日本メーカーのものづくりを脅かす、もう1つのリスクが顕在化しつつある。日本メーカーが開発した製品を製造する、中国メーカーの品質低下だ。

大手日系メーカーの中国工場で製造部長や品質管理部長などを務めた経験があり、現在はある日本メーカーで技術者として産業機器を設計する遠藤健治氏は嘆く。

「取引している中国メーカーの製品の品質が日に日に落ちていく。5年ほど前、不良品はほとんど無かったのだが、今は不良率が5%を超えるものも出てきた」。

その1つが、産業機器に組み込む液晶パネルの回路基板だ。この回路基板の造り方は、自動化ラインで電子部品を実装してはんだ付けする、ごく一般的なもの。

自動化ラインでも良品率は100%とはいかないため、検査工程ではじかれたものを人手で修正する必要がある。ところが、遠藤氏の元に納品される製品には、数々の不具合が見つかっている。

さらに、実装した部品が位置ズレしていて電気的に接触していないにもかかわらず、全く修正を施さずに納品された事例すらある。

。。。。

■日本メーカーなら「明らかな不良品」

市販の工業製品も品質低下の例外ではない。例えば、防犯ブザーは送信機と受信機をセットにして使い、送信機が受信機から一定の距離を超えて離れると受信機から警報が鳴る仕組み。盗難や迷子を防止する製品として販売されている。

取引先以外の中国メーカー製品の品質を確かめようと、遠藤氏がたまたま購入したものだ。

結論を言えば、防犯グッズとして必要な品質を満たしているとは言い難かった。まず、人手によるはんだ付けの不具合が2箇所ある。1つははんだの量が少なく、もう1つははんだが付いていない。

それでも検査工程を通過したのだろう、確かに動作の初期不良はなかったが、耐久品質には疑問が残る。はんだ付けの不具合があるため、落下や振動が加わった後に接触不良が起きる可能性があるし、時間がたつと回路基板のパターンと電子部品の間に酸化物が形成されて通電しなくなるかもしれない。

いずれにせよ、「日本メーカーの技術者から見ると、明らかに不良品レベルだ」(遠藤氏)。


■「熟練工」とはほど遠い現場

なぜ、中国メーカーが造る製品の品質が低下しているのか。その原因を、遠藤氏は「生産に関する高い技術や技能を備えた人が不足しているから」とみる。


経済発展に伴い、中国ではここ5年で職業の選択肢が広がった。そのため、工場労働を敬遠する若者が増えている。おまけに、「一人っ子政策」などの影響で甘やかされた若者の中には、厳しく指導するとすぐに辞めてしまう人が少なくないという。

こうした背景から、多くの中国メーカーが「工場に人が集まらない上に、定着率が低くて熟練工として育成できない」(遠藤氏)という悩みを抱えている。

結果、高いスキルを要する、先のはんだ付けの修正作業や検査工程を担える作業員が不足し、不良率が高まっているというのである。

地方政府などと組んで、若者を大量採用できる仕組みを構築しているEMS(電子機器の受託生産サービス)などは、むしろ例外と言えるのだ。』


今まで、中国内の製造業に従事する労働者数の減少や、労働賃金の高騰を中心に多くの記事が書かれてきました。

その中で、本日の記事は、製造業につく中国人労働者の作業内容の質や勤勉さについて触れています。

私の場合、数社の国内中小メーカーの中国進出を支援しました。中国での製造品は、日本を含む海外への再輸出品でした。

日本に中国での製造品を輸出した場合、国内市場で常識的な品質や信頼性を確保する必要がありましたので、進出先の工場で当方が要求する品質基準などを満たすものが作れるかどうか、注意深く事前確認・評価を行ないました。

私は工場立ち上げの専門家ではありませんが、会社勤務時代に幾つかの工場立ち上げに参画した経験を持っていますので、一般的な見方はできます。

約2年前のある事例です。場所は、上海郊外。製造しようとしたのは、それほど難しくない機械製品でした。国内で作るより、30%くらい安い製造コストが魅力でした。

中国企業との合弁で新工場を立ち上げる計画でした。

試作機の出来栄えが良かったので、本格生産するまえの事業性評価を行ないました。確認した項目は、作業員の質、作業内容、作業手順、作業者教育方法(マニュアルやリーダーの質などを含む)、経営陣の質やマネジメントのやり方などです。

何度か追加試作機を目の前で作ってもらいながら確認した結果、最初の試作機と同じ品質のものを作ることができませんでした。

原因を調べた結果、上記事業性評価の確認項目はどれをとっても、我々を満足させるののとは程遠いものでした。

日本で事前に説明を受けた作業内容や手順は守られず、リーダー自身がこれらのことをよく理解していませんでした。質問したらほとんど体系的な教育・訓練を受けていないとのことでした。

作業者も経験者が少なく、今回の事業性評価作業のために集められたような印象を持ちました。また、モチベーションも低いようであり、低い定着率が予想されました。

結局、このプロジェクトはキャンセルしました。後で、確認した結果、最初の試作機は別の工場で特別に作らせたものであることもわかりました。

私の会社勤務時時代に持っていた経験では、約10年前のものでしたが、工場で働く中国人作業者は勤勉で、地元の平均賃金よりもやや高額で採用したこともあって、定着率が高く、品質の良い製品を作ることができていました。

以前の経験・印象とあまりに異なっていましたので、驚きでした。しかし、私の経験は、たまたま候補となった合弁先企業の特質だと理解していました。

もし、本日の記事にありますように、中国内で作られる製品の品質が全般的に低下し、かつ熟練労働者が定着しないのであれば、中国製造業は大きな課題を持つことになります。

中国内では、労働賃金が高騰していますので、再輸出品を低価格で売ることは難しくなりつつあります。安ければ、顧客は「安かろう、悪かろう」と理解してくれます。

価格が安くなければ、顧客は一定上の品質や信頼性などを当然のごとく求めます。中国人作業者が、繊維・アパレル業界などの労働集約的な作業者だけでなく、しょうしょう複雑な部品や製品の製造作業についても、勤勉さを失いつつあるとすると深刻な状況が起こります。

一方、私が支援している、あるいは、知っている進出済みの他の中小製造業者は、熟練労働者の極端な不足や低い定着率の問題に直面していません。

また、一般的に、大連を中心とするソフトウエアやコールセンターなどのアウトソーシング事業では、作業者の質の劣化は起きていないようです。

しかし、労働者確保や高騰する労働者賃金の問題に加えて、今後、中国内の労働者の勤勉性や定着度、モチベーションなどについても注目していきます。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「経営コンサルタントの活動」のコラム

このコラムに類似したコラム

地域を担当する新入社員の営業の方へ 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/04/24 18:38)

【最幸ビジネスモデル】競争と比較がなくなると。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/04 08:50)

ご無沙汰しました。今、関西の飲食店を支援しています。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/09/12 05:10)

【最幸ビジネスモデル】信頼とは。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/07/30 10:53)

売れる仕組み(業績アップ)の基本 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/05/24 10:36)