本末転倒したISO - ISO・規格認証全般 - 専門家プロファイル

人見 隆之
ISOマネジメント研究所 所長
ISOコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ISO・規格認証

人見 隆之
人見 隆之
(ISOコンサルタント)
人見 隆之
人見 隆之
(ISOコンサルタント)
人見 隆之
(ISOコンサルタント)
人見 隆之
(ISOコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

本末転倒したISO

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ISO・規格認証
  3. ISO・規格認証全般

先日、ある研修会社が配付している冊子の記事にこんなことが
書いてありました。

「ISOの認証を取得したはいいが、ISOの手順通り仕事を
行うと納品が遅くなる、ルールにこだわるより、お客様
の要望と満足を優先する」と。

コンサル現場において、私が何度も申し上げていることですが、
ISO(ISO9001)は、お客様の要望を満たし、お客様の満足を向上
させていくことを目的としています。


よって、
ISOは手段については、あれこれいっていませんし、
ルールにこだわれ、という要求もありません。

つまり、
自社のルールは、自社にあったルールを決めることが
原則であり、その具体的なルールを決める基準は、

・顧客や法令、自社などの要求に応えること
・顧客満足の最大化に努めること

ということにあります。


実際、ISO9001の規格の序文には、こう書かれています。

・この規格は、品質マネジメントシステムの構造の画一化又は
文書の画一化を意図していない
・この規格は、顧客要求事項を満たすことによって顧客満足
を向上させるために、品質マネジメントシステムを構築し、
実施する


このようなISOの意図や目的がうまく伝わっていないことは残念です。

さらに、もっと残念なのが、本末転倒してISOを運用している会社が
かなり多いという現状です。

ここに、まだまだ私が頑張らなければいけない理由があります。



~ISO運用支援専門コンサル~
ISOマネジメント研究所



このコラムに類似したコラム

営業マンの気合いが足りないで終わっていないか? 人見 隆之 - ISOコンサルタント(2013/01/30 10:45)

ISO取得の経費を安くする方法 人見 隆之 - ISOコンサルタント(2011/11/11 16:56)

ISO29990とは 人見 隆之 - ISOコンサルタント(2011/10/11 09:09)

ISOの誤解 人見 隆之 - ISOコンサルタント(2010/06/11 16:14)

審査員のご機嫌を取るISOはやめなければいけない 人見 隆之 - ISOコンサルタント(2013/06/30 21:06)