米国特許判例:KSR判決後、自明性の判断は変わったか - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

河野 英仁
河野特許事務所 弁理士
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

米国特許判例:KSR判決後、自明性の判断は変わったか

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
米国特許判例紹介
KSR最高裁判決後、自明性の判断は変わったか

Leapfrog Enterprises, Inc.,
v.
Fisher-Price, INC. et al.,

執筆者 弁理士 河野英仁
河野特許事務所

1.概要
 KSR最高裁判決*1においては、自明性の判断において、いわゆる厳格なTSM(教示、示唆、動機)テストの緩和が求められた。すなわち先行技術中に、複数の先行技術を組み合わせるための教示、示唆及び動機付けが存在しない場合でも、当業者の一般常識等をも考慮して、自明か否かの判断を行うことができる、とされた。

本事件はKSR最高裁判決を受けてCAFCにて自明性に関して争われた事件である。CAFCは複数の先行技術及び一般技術を組み合わせることに困難性はなく、また特有の効果も存在しないことから自明であると判断した。

続きを読む
 |  コラム一覧 |