スイングでしっかり振りきるためには骨盤の柔軟性アップが必須です!! - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

スイングでしっかり振りきるためには骨盤の柔軟性アップが必須です!!

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
ゴルフピラティス

こんにちは。ゴルコア代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。


先日はゴルファーに必須の股関節と骨盤を鍛えるゴルフピラティスをご紹介しました。

今日は、しっかり振りきるために、股関節の柔軟性アップを行っていきましょう。

ご参考:骨盤底筋の役割と位置


骨盤底筋群で、骨盤を回すエクササイズ

1.  立位で骨盤底筋群を引き上げニュートラルポジションをつくります。両手は腰に置きます。

2.  息を吸って、吐きながら骨盤底筋群の後ろの方=お尻の穴をキュッと締めます。骨盤が少し後掲します。

3.  息を吸って骨盤をまっすぐにします。さらに骨盤の後ろ側を少しアーチさせ(反りすぎないようにお腹でしっかり支えて)、息をを吐きながら骨盤底筋群の前の方=女性の場合は尿道と膣をキュッと締めて引き上げます。骨盤を後ろと前で引っ張り合う感じです。男性の場合は、骨盤のアーチを作りながら、恥骨の当たりを引き上げてください。

4.  息を吸って元の位置に戻します。前後5回行います。

5.  次に骨盤底筋群を左右別々に引き上げます。スタートポジションから、息を吸って吐きながら右側骨盤底筋を引き上げます、吸って真中、吐きながら左側を引き上げます。

6.  同様に左右5回ずつ行います。

7.  骨盤底筋群を前、右、後ろ、左の順番で引き上げながら、骨盤を回していきましょう。ただ骨盤を回すのではなく、骨盤底筋群のどこを引き上げているかで前後左右に骨盤が動く!骨盤底筋群だけでなく、骨盤の周りのインナーマッスルも動かしながら骨盤の柔軟性を高めています。

8.  右に5回、左に5回ゆっくりまわしましょう。

 

骨盤底筋群に集中して骨盤の柔軟性を高めていきます。

骨盤の柔軟性が高まると股関節周りの動きも良くなってきます。

骨盤底筋群の前後、左右に引き上げる動きは、まさにインナーマッスルだけが動いているので、見た目は全く動いませんね。

電車の中でお薦めのエクササイズです。

是非毎日行って、骨盤の柔軟性を高めていきましょう。骨盤からだが温まってきますよ!

 

コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX: 03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Web:http://golcore.com


このコラムに類似したコラム

春本番!美しい立ち姿勢を身につけるためのピラティスとは!? 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/03/07 19:12)

ゴルファーに必須の股関節&骨盤底筋を鍛えるゴルフピラティス 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/12/07 22:10)

【ゴルフピラティスレッスン付】4周年コンペ『岡部チサンCC』11/8土開催 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/10/09 16:13)

【再度追加募集!】11/1金曜正午まで【茨木スプリングフィルズGC 11/3日】ゴルコア3周年コンペ 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/10/29 23:30)

追加募集!10/27(日)22時まで!11/3日【茨城スプリングフィルズGC】ゴルコア3周年コンペ 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/10/26 12:05)