アルミサイディング外壁材を施工する上での注意点2 - エクステリアデザイン - 専門家プロファイル

昭和アルミ株式会社 
埼玉県
建築プロデューサー
0120-870-457
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:エクステリア・外構

江藤 繁
江藤 繁
(エクステリアコーディネーター)
小林 勝郎
小林 勝郎
(エクステリアコーディネーター)
小林 勝郎
(エクステリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アルミサイディング外壁材を施工する上での注意点2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. エクステリア・外構
  3. エクステリアデザイン
アルミサイディング外壁材について
前記事、アルミサイディング外壁材を施工する上での注意点より続き、

外壁材の素材や施工方法など安価に抑えようと意識から結果的に雨漏り欠陥住宅、湿気だらけの住宅が日本全国に蔓延をしてきました。

外国では日本のような、窯業系サイディングやガリバリウム鋼鈑の素材での外壁材や屋根材は少なく、アメリカやカナダではアルミニウム合金の外壁材や屋根材が一般的です。

ガルバリウム鋼鈑はアルミ金属と亜鉛鋼の鉄との合金で鉄よりは耐久力があると言うことで、世界ではアメリカで最初に開発され、ガルバリウム鋼鈑が普及してきたのですが、そのアメリカでもガルバリウムは住宅の外壁材・屋根材としてはやはり錆びますので、住宅用の外壁・屋根材としてはあまり採用されず、逆に日本では、安価という理由で数多く採用されています。

改めていいますが、アルミサイディングの施工に於いて、大事なポイントは施工方法です。

製品をいくら良いものを作っても施工がいい加減ですと逆に家にとって悪い影響を与えます。

施工実績のない、会社や工事人が施工をしますと、今のお住まいを守るどころか、逆に今の住宅を湿気だらけにして、カビだらけになってしまいますので、施工実績が沢山あり、10年・20年と実績がある、会社に工事を依頼する事をお勧めします。

昭和アルミでは、30数年も前より、日本の住宅の現状の湿気だらけの欠陥住宅が蔓延している現実を見聞きし、外断熱通気性工法を推奨してきたのですが・・・。

実際の工務店・大工さんや住宅メーカーは外壁工事のコストを下げる為に安価な外壁製品を安価な工事費で施工をし、結果的に湿気がでてもおかしくない外壁の構造になり、雨漏り欠陥住宅、手抜工事住宅と言いますか? 日本全国にこのような住宅が広がって蔓延してきました。

アルミサイディング外壁材を施工する上での注意点3へ続く

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築プロデューサー)
昭和アルミ株式会社 

SOIV工法の外断熱通気リフォームで今の家が新築のように甦る

当社は外断熱リフォーム専門メーカーです。リフォームはアルミ超合金を用いた独自開発の資材と、独自の外断熱通気性工法「SOIV工法」で、高い断熱効果と通気性を実現しています。家は生活の基本です。安心・確実な家造りのため、私たちが直接施工も行います。

0120-870-457
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アルミサイディング外壁材について」のコラム