『弓と禅』とスティーブ・ジョブズ ◎無敗脳ヨガ道場◎ - ヨガ全般 - 専門家プロファイル

辻 良史
筑波大学発ベンチャー(株)サイバー・ヨガ研究所 代表取締役
東京都
博士(体育科学)

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『弓と禅』とスティーブ・ジョブズ ◎無敗脳ヨガ道場◎

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ全般
無敗脳

無敗脳ヨガ道場の辻です。

 

弓と禅』という書物は、ドイツ人哲学者のオイゲン・ヘリゲルが、  

当時、弓聖と称されていた弓の名人である阿波研造師範のもとで3年間に渡る弓道に関する修行体験を綴ったものです。 

 

この本の元となる『日本の弓術』が、1941年に岩波文庫から出版され、 

その内容の改版として、1956年に『弓と禅』が協同出版社より出版されました(※現在の出版元は福村出版)。 

 

それから50年以上もの長きに渡って読まれ続けられているロングセラーです。 

 

この本は、ヨガの極意、最高の境地について書かれているといえます。 

 

ですので、昔から仏教と親しみのある日本人のハートを文字通り射抜いたのだと思われます。 

 

この本は、決して読みやすいものではなく、どちらかというと難解な書物の部類に入ると思います。 

 

それでもまた最近売れ出しているそうです。 

 

その理由は、あの元アップル社のCEOの「スティーブ・ジョブズの生涯の愛読書」として知られるようになったからです。 

 

ご本人はもうお亡くなりになっていますので、詳細は分かりませんが、本当だとしたら、やはりすごい方だなと思います。 

 

なぜなら、普通、経営者は、直接、業績アップにつながらないようなことは、なかなか生活に取り入れようとは思わないからです。

 

それ()をあえて日常生活に取り入れていたところが、彼のすごいところだと思います。

 

禅をやることがどうして経営者にとってプラスになるのか? 

 

その想像力が尋常ではない気がします。 

 

急がば回れ」ということでしょうか? 

 

いずれにしても普通、なかなかそこには意識が向かわないと思います。 

 

やはり、世界を変えるような大発明をする方は、想像のベクトル自体が根本的に違うような気がしますね。 

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。 

東京都 港区 田町【無敗脳ヨガ道場辻でした。 

このコラムに類似したコラム

セミナー&ワークショップ 計画進行中 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/05/10 18:00)

ヨガ,セラピー,カウンセリング,エステを施す際の注意点 辻 良史 - 博士(体育科学)(2014/03/07 21:52)

情熱が全て! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/09/13 20:58)

今夜12時放送!J-WAVE『ラジペディア』 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/07/09 22:53)