就職観 - コラム - 専門家プロファイル

西尾 太
人事の学校 主宰 フォー・ノーツ株式会社 代表取締役
東京都
人事労務コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

就職観

- good

就職・転職

先日、ある企業様からご依頼をいただき、
その会社様でインターンをしている学生20名以上の主に大学3年生に対して、
「就職とは・・・」ということでちょっとした講演をさせていただいた。

インターンをしてがんばっている子たちだから、
就職というモノに対する姿勢もできている子が多いとは思う。

けど「なんで就職するの?」と聞くと、
やはり「生活のため、生きていくため」という答えが一番に来てしまう。

僕も学生時代はそうだったけど、
それだけで就職してしまうとその後でとても苦労する。
入ってしまえばどうにかなる、というものではなく、
入った後ほんとに苦しくなる。
そのときに自分と向き合えばそれはそれで価値のあるものだけど、
今のうちに働くということについて自分と向き合っていたほうが、
就職活動も有意義に迎えられ、そして内定もきっと取りやすいと思う。
目的が明確な学生に対しては、人事は、
「その目的が自社の方向性と合っているか」を見ればいいので判断しやすいからだ。

目的が不明確な場合、判断ができない。
判断ができなければ内定は出せない。そういう構図だ。

だから、「なぜ」「なぜ」を今から自分に問いかけて、
「なぜ就職するんだろう」「なぜその業種なんだろう」あるいは
「なぜその職種なんだろう」そして「なぜその会社なんだろう」を
ちゃんと整理しておけば、内定に近づくと思う。

それがないと、
「安定性」とか「成長性(いつまでも成長しないよ)」とか
「休日」とか「残業」とか、得るものにしか関心を示さないから、
採用担当者の心を射止めることができなくなってしまう。

新卒採用は能力よりも志向性を見るという会社が多いと思う。
ぜひがんばってほしいと思う。

このコラムに類似したコラム

転職成功のご報告 笹木 正明 - キャリアカウンセラー(2015/12/27 09:32)

ラクして勝ちたいと思考すると、何が起こる? 斉藤ヒカル - 潜在意識セラピスト(2014/11/23 13:41)

Spazio Biancoが持つ世界観のはじまりです! 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2014/05/28 12:00)

人は弱い生き物? 川上 美佐 - 恋愛アドバイザー(2013/11/28 22:41)

明日は満月☆ 川上 美佐 - 恋愛アドバイザー(2013/11/17 11:02)