街の中の防災 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

街の中の防災

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●建物の安全性を求めて

笹子トンネル事故を思う度に人間は、先を見通す力がなんと無いものか、と感じてしまいます。
後で思えば当然なのに、起ってしまうまで誰も何も言わない。犠牲者が出て初めて対応に乗り出すのは、仕方のない事なのでしょうか。

阪神大震災では建物だけでなく交通網も大きな影響を受けました。写真のように高架は道路や線路部分が一体になって繋がっている訳ではありません。夏と冬の温度差で、橋げたは膨張収縮を繰り返しています。一体となって繋がっていると、歪が生じて返って危険な事になるためです。ですので橋げたは一定寸法で分断して、少しづつ「遊び」の為の隙間を造っています。阪神大震災までは、柱脚の上に橋げたがポンと乗っているだけでした。その為地震で柱脚に損傷が発生すると、簡単に橋げたが落下してしまいました。

それを打開するために、最近は落下防止用のアンカーを設けている橋げたをよく見かけます。アンカーのボルト穴に「遊び」があるのでしょう、膨張収縮による伸び縮みを吸収する機能は維持しながら、それ以上の橋げたの移動は抑え込みます。
皆さんの周りの高架の橋げたは、きちんと落下防止対策がなされていますか?

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●建物の安全性を求めて」のコラム

ALC板の劣化(2013/08/23 08:08)

自邸の耐震改修(2013/01/10 08:01)

このコラムに類似したコラム

中央お防災会議の最終報告が公表されました 福味 健治 - 建築家(2013/05/30 09:06)

制震の定義は建築基準法にはありません 福味 健治 - 建築家(2013/03/23 08:47)

耐震について 細谷 健一 - 建築家(2012/09/01 13:53)

今日は防災の日です。 福味 健治 - 建築家(2012/09/01 08:46)

大きなマンションなら地震に安全か・ 福味 健治 - 建築家(2012/02/10 07:16)