笹子トンネル事故は対岸の火事ではありません - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

笹子トンネル事故は対岸の火事ではありません

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●建物の安全性を求めて

不意の大事故に誰もが何故?と感じられたと思いますが、打診点検が行われていなかったため、天井の崩落につながったと云うのが結論めいた結果となっています。nexco西日本も東日本も打診検査を行っていたのに中日本だけが、義務が無いとの理由で打診点検をしていなかったそうです。

今後打診が義務化されるでしょう。この工学に関する事後は、マニュアルに記載されているか、いないかが常に争点となります。今回の事故も打診が義務では無かったので、法的責任は問われないのではと感じています。最大の問題は打診点検するかしないかではなく、義務化されていなければしなくても良いと考える姿勢にあるのではないでしょうか。

木造住宅の場合、建築確認申請をする際、4号特例と云う制度が昭和26年の建築基準法制定以来ずっと残っています。
4号特例と云うのは、大工さんが勘と経験で日本の家を、今まで建てて来た背景があり、その慣習を法律によって制限すると社会的に混乱するから、一定の規模以下(一般住宅は含まれます)の木造建物は構造計算の申請を省略できる。としたものです。法律が制定されてから60年以上経ち社会情勢も法律制定の頃から随分と変化しているにも関わらず、構造計算を申請する義務が無いのです。
法律では構造計算をしなければならないと、一応謳ってはあるのですが、確認申請時に申請義務が無いとすれば、構造計算をしているかいないかは誰がチェックするのでしょうか。

建築確認申請だけしか、取得していない木造住宅は、二階建て以下の住宅であれば、ほぼ間違いなく構造計算はしていません。「構造は判らないからプロにお任せします」と逃げていては間違いなく構造計算によって安全を確かめていない家を建てられてしまいます。
工事契約の前にはっきりと「耐震等級2でお願いします」とか「耐震等級3が必須です」と構造等級のリクエストをしましょう。そのリクエストを満足させようと思えば、構造計算をしなくてはならなくなりますのでより安心です。
当然費用の発生が見込まれますが、今までが義務が無いと云うだけで安全が等閑になっていたのです。
義務が無いから申請しなかったで済まされてしまっては、一生が台無しになってしまいます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●建物の安全性を求めて」のコラム

ALC板の劣化(2013/08/23 08:08)

自邸の耐震改修(2013/01/10 08:01)

このコラムに類似したコラム

建築及び消防検査 松永 隆文 - 建築家(2014/02/14 17:28)

熊本の幼稚園:支持地盤の確認検査 西島 正樹 - 建築家(2013/08/01 19:51)

人生の青写真も軽微変更していこう。 岩間 隆司 - 建築家(2013/05/07 19:12)

3階壁配筋 岩間 隆司 - 建築家(2013/03/06 18:59)

アナログ施工でいこう。 岩間 隆司 - 建築家(2013/02/01 21:06)