損益の通算と損失の繰越 - 財務・資金調達全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

損益の通算と損失の繰越

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 財務・資金調達全般
経営 会計・税務

前回からの続き、法人について。

個人に比べると法人の方が発想はシンプルだと紹介しました。

個人の場合、事業の種類によっては一方で得が出て一方で損が

出ている場合でも、得に対して課税され損は切り捨てなんて

事態が起こることも珍しくありません。


また、個人事業の場合には損失の繰越が出来ないこともあります。

繰越というのは、損失を翌年に持ち越すことです。

例えば前年が50のマイナスで今年が80のプラスなら、

今年の課税は30に対してされますよ、ということです。

個人の場合はものの種類によっては繰越が不可能ですが、

法人なら青色申告を条件に可能となります。


色々とやりたいなら法人の方が便利かも、とオススメするのは

こんな理由もあったりします。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

判断をしないことの重要性(2016/11/28 07:11)

このコラムに類似したコラム

最後に宣伝 高橋 昌也 - 税理士(2013/01/17 01:00)

色々とやりたいことがあるなら 高橋 昌也 - 税理士(2012/12/09 01:00)

事業規模があると設定がやりやすい 高橋 昌也 - 税理士(2012/11/07 01:00)

給与への課税 高橋 昌也 - 税理士(2012/11/05 01:00)

法人のこと 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/30 01:00)