かんぽ生命 新学資保険 認可先送りに - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

かんぽ生命 新学資保険 認可先送りに

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般

お客様に有利な保険提案を得意とするファイナンシャルプランナー宮下です。


かんぽ生命が販売を予定した"新学資保険"の認可は先送りとなりました。

先日発覚した100億円にものぼる不払い問題が影響をしているようです。

新商品の認可よりも、まずは社内体制の強化に努めてもらいたいものです。


以下産経新聞より引用================================================================
政府は30日、かんぽ生命保険が認可申請している学資保険の新商品について、最終的な認可を先送りすることを決めた。


かんぽ生命が学資保険の新商品を発売するには、総務省と金融庁が郵政民営化法に基づいて判断する認可と、金融庁が保険業法に基づいて行う認可の2つが必要。


総務省と金融庁は同日、民営化法上は認可したが、かんぽ生命で発覚した過去5年間に約10万件の保険金支払い漏れの事態を重くみた金融庁が保険業法上の認可を見送った。


保険業法上の認可は、リスク管理態勢の整備など、かんぽ生命の不払い問題への対応を条件に判断することになる。

下地幹郎郵政民営化担当相は閣議後の会見で、「条件(のクリアは)は難しくない。来年4月までに認可され、学資保険を販売できる」と強調した。

これに対し、中塚一宏金融担当相は「審査が不十分だから条件が付いた。認可時期は予断を持てない」と、認可に慎重な姿勢を崩しておらず、政府内の足並みは乱れている。

一方、政府の郵政民営化委員会(西室泰三委員長)は30日、東京都内で会合を開き、ゆうちょ銀行が政府に認可申請している住宅ローンなど3事業の新規事業を容認するかどうかを審議した。西室委員長は記者会見で「12月17日の週の会合で3事業とも結論を出したい」と話した。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(保険アドバイザー)

お客様に有利な保険をご提案することが私の使命です。

保険会社によって、得意分野があるのをご存知でしょうか?医療保険が強い会社もあれば、煙草を吸う方にやさしい会社もあります。そんな保険会社の特徴を活かし、保険会社の強みを活かしたプランニングを得意としています。

このコラムに類似したコラム

トラベル・アローン 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/03/18 09:00)

ライフプランにおけるセカンドライフの老後資金[インタビューコラム] 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/01/24 09:00)

ライフプラン作成で考える教育資金[インタビューコラム] 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/01/21 11:00)

大阪の芝生は青く見える 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2015/11/20 09:00)

消費の変遷、ノンアル・しじみ・スカート 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2014/09/19 09:00)