「屋根貸します」という新ビジネス - 太陽光発電・太陽熱温水器 - 専門家プロファイル

和上住電株式会社 代表取締役
大阪府
住宅設備コーディネーター
06-4808-8941
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設備

大谷 正浩
(住宅設備コーディネーター)
松本 秀守
(住宅設備コーディネーター)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「屋根貸します」という新ビジネス

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設備
  3. 太陽光発電・太陽熱温水器

産業用太陽光発電についての状況が、めまぐるしく動いています。

固定買取価格制度が始まったことによって、「太陽光発電はビジネスになる」というのが当たり前の認識になったので、現在は中規模から大規模な発電施設が各地でどんどん設置されています。


そうなってくると、不足してくるのが太陽光パネルを敷き詰めるためのスペースです。

太陽光発電の大規模な発電所を見ると、それはもう広大な敷地にズラリと太陽光パネルが並んでいる壮観な光景です。

当初はこうした土地は候補地がたくさんあったのであまり問題にならなかったのですが、ここに来てだんだん敷地不足が指摘されるようになってきました。


太陽光発電が本格的に普及するのは喜ばしいことなのですが、人気が高くなってくると色々な問題が起きてくるものです。


そこで、岩手県の紫波町が面白い取り組みを始めました。

町内にある公共施設の屋根を貸し出して、そこで太陽光発電事業をする会社を募集したのです。

その名も、「紫波町市民参加型おひさま発電事業」。

http://office.town.shiwa.iwate.jp/kakuka/kankyo/junkanseisaku/ohisama.asp


紫波町内にはたくさんの町立公共施設があって、それぞれの建物には広い屋上があります。

そこを貸し出すので、産業用太陽光発電をやりませんか、というわけです。


このおひさま発電事業で対象となっているのは、町内の39施設。

この紫波町というところに行ったことはないのですが、地図を見た感じだと山あいののどかな田園地帯です。

かなり面積が広いので、たくさんの公共施設があることは容易に想像がつきます。


また、田園地帯なので高い建物もほとんどなく、さぞや屋上にはたっぷりの太陽光線が降り注ぐことでしょう。


紫波町としては、これまで全く利用されることがなかった屋根の上を、賃貸料という利益を生み出す生産的なスペースにしようという思惑があります。

そして、そこを格安で借りて産業用太陽光発電事業を行い、利益を上げる企業が登場すれば、WIN-WINの関係が成立します。


一度は借り手が決まっていたのですが、施設面の折り合いがあわずキャンセルになってしまったそうで、今はその再募集が始まっています。


スペースさえあれば太陽光発電事業で利益を上げたいと考えている会社にとっては、とても面白い試みだと思います。

これが全国的に広がれば、もっともっと太陽光発電が普及していくことでしょう。



 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 住宅設備コーディネーター)
和上住電株式会社 代表取締役

太陽光発電とオール電化を追及するプロフェッショナル

私たちはオール電化・太陽光発電のご相談、お問合せを全国から頂いており、その数は年間1000件以上にもなります。業界の動向や評判、お悩みのひとつひとつにお答えできる情報を発信し、全てのご家庭、そして地球環境に貢献したいと考えています。

06-4808-8941
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

保育園の屋上に太陽光パネルを取り付けて熱中症対策 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2015/11/30 12:26)

日本の気象状況の変化と、太陽光発電への影響 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2014/10/14 11:01)

災害に強い携帯電話が、もっと災害に強くなる 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2013/05/24 10:20)

ESCO事業会社が大分県で遊休地活用のメガソーラー事業に着手 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2013/04/26 10:15)

良いことばかりじゃない?太陽光発電の真実 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2013/03/21 13:16)