「OECDの経済見通しは!?」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「OECDの経済見通しは!?」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
よもやまブログ

こんにちは!

 

さて、いつもはIMF(国際通貨基金)の世界経済の予測を紹介していますが、この度、OECD(経済協力開発機構)の成長率予測が発表されたので、取り上げてみたいと思います。

 

まず、世界経済全体では、前回5月の発表時は3.4%の成長と見込んでいましたが、今回は-0.5%と大幅な下方修正を行い、“2.9%”と予測しています。

 

その他、主要国の2012年の経済予測は以下のようになっています。

 

今回   前回5月との修正幅

世界    2.9%    -0.5%

米国    2.2%    -0.2%

ユーロ圏 -0.4%    -0.3% 

日本    1.6%    -0.4%

 

前回に比べると、軒並み下方修正となっていることがわかります。

 

ちなみに、10月に発表されたIMF(国際通貨基金)による予測と比較してみましょう。

       今回   前回7月との修正幅

世界    3.3%    -0.2%

米国    2.2%     0.1%

ユーロ圏 -0.4%    -0.1%

日本    2.2%    -0.2%

 

いかがでしょうか!?

 

このように観てみると、今回発表されたOECDの見通しの方が、より厳しい評価となっていることがわかります。

 

そして、OECDによれば、2013年は3.4%の成長と予測していますが、前回発表の4.2%からは、こちらも大幅な下方修正となっています。

一方、日本の経済予測は、2013年が0.7%、2014年は0.8%と、今年より伸び率が、さらに鈍化するとみているようです。

 

さて、苦戦が予測されている日本ですが、「予測はあくまで予測」です。

 

予測を裏切る成長を見せたいものです。

 

まずは、12月の選挙の行方が大きく影響することとなりそうです。

 

どこが政権を取ったとしても、“ウルトラC”のようなことは期待できないので、とにかく“あきらめず”、しっかり向き合っていくしかありません。

 

 

明日からは、“師走”です。

 

とことん走って、頑張りましょう!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

2012年の日本株と10年国債利回り(長期金利)の動きを振り返る 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/01 10:00)

「英国の法人税、21%に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/12/08 12:40)

「世界経済、下方修正へ」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/10/12 18:00)

「日本の競争力、さらに低下!?」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/09/14 16:02)

あの頃と値段を比べてみよう!! 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/03 09:18)