木材の等級区分 - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

荒木 勇
株式会社アラキ工務店 代表取締役
京都府
工務店

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

木材の等級区分

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般
木造住宅の施工
.

 JAS規格による等級区分



新築の工事現場です。

この現場では、柱はすべて辺野古(裏木曽)の4寸角で調達しました。

矢印のところに、使った材料の等級が明示されているシールが張ってあります
(柱は末口を天に立てておくので実際はシールはひっくり返っています)

乙というのは、「圧縮応力を主に必要とする部材に使われる材料」を意味します。
柱は乙種です。

(梁は曲げ応力を必要とするので甲種です)

★は目視による材料の等級をあらわします。
1級から3級まであり、星の数が多いほど等級が高いです。

(でも、大抵2級から3級で、1級と言うのは、アンマリ見たことがないです)

(株)アラキ工務店


 京町家改修  
古材倉庫   
 リフォーム詐欺