Pマーク取得に挑んでよかったと言われること - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

岡本 興一
ウィジット株式会社 代表取締役
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Pマーク取得に挑んでよかったと言われること

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
リスクマネージメント
プライバシーマーク(Pマーク)を取得するためには、個人情報保護マネージメントシステムを構築し、実際に運用する必要があります。

社内業務を洗い出し、様々なことを標準化(マニュアル化)しなくてはいけません。
実際問題として、これはかなり大変な作業です。

ところが、Pマーク取得に取り組まれた企業の多くが、個人情報保護体制を構築されたこと以上に、最も良かったとおっしゃるのが、このマニュアル化なのです。

マニュアル化なので、社内の様々な無駄が見えます。

会社は、事業継続年数を経ていくほど、その業務を行うことになった理由を忘れ、過去にやっていたからという理由だけで継続的に行われていることがたくさん出てくるものです。

個人情報保護マネージメントシステムを構築する過程では、さまざまな疑問が出てきます。

なぜ、こんな帳票を出しているのだろう?無駄じゃないか
なぜ、おなじ様な資料を、異なる複数の部署で別々に作っているのだろうか?
なぜ、こんな作業をしているのだろう?

こうしたことがどんどん明るみに出てきて、是正されていくことになります。
大変な作業ではありますが、効率化が進むのです。

個人情報保護体制が構築することで、業務改善が進むのです。
これが、Pマーク取得の最大の効果なのです。


集客につながるホームページ
ネットとセキュリティ〜ウィジット株式会社
岡本興一