フェイスブックは、スマホ用カバー写真で差をつけろ! - WEBデザイン・プログラミング全般 - 専門家プロファイル

アイナパル 代表取締役
東京都
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:WEBデザイン・プログラミング

伊藤 章裕
伊藤 章裕
(システムエンジニア)
伊藤 章裕
伊藤 章裕
(システムエンジニア)
中島 俊治
中島 俊治
(パソコン講師)
伊藤 章裕
(システムエンジニア)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

フェイスブックは、スマホ用カバー写真で差をつけろ!

- good

  1. スキル・資格
  2. WEBデザイン・プログラミング
  3. WEBデザイン・プログラミング全般

フェイスブックのカバー写真に気を遣うユーザーは多いと思います。
プロフィール写真同様に他のユーザーからの印象付けにもなるからです。
一番個性をアピールできるところが「カバー写真」なのではないでしょうか?

当社にも個人様はカッコいいカバー写真の制作依頼や、
企業様のカバー写真の制作から設定まで依頼が多く寄せられます。

今日はその「カバー写真」に関してです。

フェイスブックのカバー写真には適正なサイズ決められています。
その適切なサイズは、「851ピクセル x 315ピクセル」となっています。

しかし、これはあくまでPCでフェイスブックを閲覧した時に最適なサイズであって、
スマホやタブレットでの縦長の画面で見たときはこのサイズは異なってくるのです。

今後もスマホやタブレットユーザーが増え続ける中で、
いつまでも「851ピクセル x 315ピクセル」のカバー写真を利用していないで人と差をつけるのもひとつの個性です。

スマホで表示されるサイズは、最大が「851ピクセル×638ピクセル」になっています。
この高さが、スマホで表示される高さになるのです。
その中の高さ315ピクセルまでがPCで表示される高さになり、
PCでは自由な表示場所に移動できるので真ん中に表示したい部分を持ってこなくても、
上部、下部など表示する箇所を指定することができます。

フェイスブックのカバー写真は「851ピクセル x 315ピクセル」が最適というのは間違いですね。
851ピクセル×638ピクセルの画像を用意すればスマホではきちんと全画像が表示されます。

PCでは見れない箇所がスマホでは見えることになります。

例として添付画像を参照下さい。

ユーザーの中には、PC用でミステリアスなところを見せ、
スマホ用で全貌を明らかにするようなことをしている憎いユーザーもいらっしゃいます。

 

ただしスマホの場合は、
両サイド37pxずつカットされてしまうので文字など入れる場合は、両サイド37pxずつ内側に入れなければいけません。
またこれは、個人のフェイスブックに有効で、企業用のフェイスブックページは、通常「851ピクセル x 315ピクセル」になります。
あしからず。

友人にスマホが多いユーザーはぜひ試していただき、人との差を付けて個性を出してはいかがでしょうか?

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ITコンサルタント)
アイナパル 代表取締役

魅せるホームページ、オンリーワンのWebデザイン

WordPress(ワードプレス)を利用したホームページ制作、WordPress(ワードプレス)のテーマのカスタマイズ、アメブロテンプレートカスタマイズ、Facebookページ制作・運用代行はアイナパルにお任せください。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

その他サービス フェイスブックページ作成します。

企業・団体様のフェイスブックページの初期設定をお手伝いします。

料金
28,572円

フェイスブックページは個人のページと異なります。プロフィール写真(ロゴ)やカバー写真など設定から基本情報入力まで、お客様の「面倒」「手間」を当社が担当させていただきます。

フェイスブックページ作成します。

このコラムに類似したコラム

HTML5は図形を描くことができます 中島 俊治 - パソコン講師(2013/07/26 17:28)

初心者におすすめ!「jQueryでスライドショー」 小菅 太郎 - ITコンサルタント(2012/11/30 21:32)