ETFを始める - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

税理士法人 洛 代表
京都府
税理士
075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ETFを始める

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
投資信託を活用した資産運用
インデックスファンドで年0.5−1.0%取られる信託報酬もETFでは0.2−0.3%程度。購入手数料は株式の売買と同じ。インデックスファンドに比べれば売買単位の金額がやや高め(10数万円程度)で、多少まとまった資金が必要ですが、リーズナブルな商品といえます。また、株式と同様に全国のどこの証券会社でも売買が可能です。
日経225や東証株価指数(TOPIX)などの株価指数に連動して値動きするので、株式投資の初心者向け商品として位置づけるとわかりやすいかも。株式相場全体が上昇すると思えば、インデックスファンドよりもETFがよいでしょう。立会時間中いつでも取引が可能で、指値注文や成り行き注文、信用取引ができるので使い勝手に優れています。(インデックスファンドは通常、1日に1回発表される基準価格により売買されます。)預金と違って満期がなく、株価の上昇で利益を得ることができますが、下落すれば元本割れの可能性もあります。

日経225やTOPIXなどに連動しているので、価格の変動をニュースで確認することができます。まずは「なぜ上がったり下がったりしているのか」を理解するため、日経平均やTOPIXなどに連動するETFを買ってみて、ファンドの仕組みを理解してから、バランス型などを始めるというのもよいかもしれません。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(京都府 / 税理士)
税理士法人 洛 代表

贈与、遺言・遺産分割・相続税対策なら京都・税理士法人洛まで

円満な遺産分割、生前贈与、事業承継、節税、納税資金の確保など、それぞれの着眼点から家族構成や資産構成ごとに、ベストアドバイスを行います。

075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「投資信託を活用した資産運用」のコラム