豊川信金取り付け騒ぎ事件をご存知ですか? - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

松山 陽子
株式会社 生活設計FPワーク 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

豊川信金取り付け騒ぎ事件をご存知ですか?

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般

豊川信金のもう一つの事件

豊川信用金庫で立てこもり事件が発生。死傷者が出なかったのは幸いですが、人質になった方々のケアを最優先させてほしいものです。

さて、豊川信金は、39年前にも大きな「事件」があったことをご存知でしょうか。

「豊川信金が危ない」…そんな噂を信じた預金者が短時間に窓口に殺到した事件で、26億円ものお金が引き出されたそうです。

取り付け騒ぎの原因

その原因を究明すると、何と女子高生の冗談が発端でした。豊川信金に就職が決まった生徒に友人が「危ないよ(強盗が入るかも知れないという冗談で)」と言った。真に受けた生徒は家族に「危ないの?」と尋ねた。

家族は経営状態が危ないという意味かと判断して、本店近くに住む親戚に「危ないのか?」と尋ね、親戚が美容室で「危ないらしい」と発言。美容室経営者が親戚に「危ない」と話しているところに居合わせたクリーニング店主が妻に「危ない」と報告。以前に隣町の金融機関が倒産した時に被害のあったクリーニング店主夫妻が善意で「危ない」を広め、アマチュア無線家も「参戦」…

瞬く間に町中に広まり、多くの人が出金に殺到したのです。

すでに預金保護制度は施行されていた

仮に豊川信金が倒産しても、当時すでに預金保護制度は施行されていました。当時は300万、現在なら1000万円までの預金は保護されます。

噂がだんだん断定されて人々がパニックになったのはわかりますが、多くの人に預金保護制度という知識があれば、もっと冷静になれたことでしょう。

これからも多くの人にお金に関する知識を伝えていきたいと思います。

このコラムに類似したコラム

ペイオフ制度のおさらい 土面 歩史 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/28 06:57)

復興特別所得税 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2012/04/17 17:59)

便利です『銀行商品コム』 寺野 裕子 - ファイナンシャルプランナー(2011/02/23 15:57)

新型定期預金のしくみ 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2010/06/28 10:00)

50歳、どうする老後資金準備? 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/21 10:49)